2007/05/25 カテゴリ: 私自身とメタボリックシンドローム : 

時折の飲み会では遠慮なく

ただ、私が自分自身のダイエットで留意したことの一つは、摂取制限するのはカロリーについてであって、その他の必要な栄養素の摂取までを減らすわけではない、ということです。

むしろたんぱく質やミネラル、ビタミンなどは意識的に十分摂るように努めました。

そのために、私は何かの夕食会の折りやパーティーなどで食事をするときにはかえって禁欲的にならず、その機会をむしろ積極的に楽しむようにしました。






そうすることによって、「昼食抜き」によって不足しがちな栄養素を補うようにしました。

また好きなものを食べる機会を時折設けることによってストレスが溜まることもさけられ、結局また翌日の昼食を抜いてもひもじい思いを感じずにすむようになったわけです。

(つづく) 次の更新は5/29(火)です。