2007/06/08 カテゴリ: 私自身とメタボリックシンドローム : 

饅頭とゆで卵のちがい

リバウンドのことにふれたついでに。

ある人が空腹を感じたとき、ゆで卵一つを食べることと同じくらいの大きさの饅頭を食べるという選択に違いはあるでしょうか。






胃袋が満たされる容積に差はないとしても饅頭は灯油やガソリンと同じく身体が生きてゆくために必要なエネルギーの源として働きますが、ゆで卵は私たちの身体そのものをつくる木やセメントのような役割をもっています。

(つづく)次回の更新は6/12(火)です。