2008/04/17 カテゴリ: つれづれ : 

行動変容にまさるサプリメントなし

医薬品の開発に臨床試験というステップがあります。

その目的は候補となる医薬品を実際の患者さんに試して効き目を確かめることにあります。

そこで重要なことは「患者さん」が確かにその試験目的の疾患をもつ患者さんであることを保証することです。

つまり、ある薬がAという病気を治す目的で開発されたなら確かにそのAという病気にかかっている人を対象に選ばなければならないということです。











例えば、II型糖尿病の医薬品の臨床試験を行う場合、その被験者は確実にII型糖尿病にかかっている人でなければなりません。

それで、たくさんの候補の中からII型糖尿病の患者さんを探すことになります。

その過程をスクリーニングといいますが糖尿病の場合、「真の患者さん」を選び出す初期の段階で一定期間運動やカロリーコントロールの指導を行います。

そのような運動療法や食事療法を経ても改善しない人を集めることによってはじめて目的とする薬の効き目を評価できるようになるわけです。

ところが、実際そういうことを始めてみると、被験者候補の人に運動とカロリーの管理を施した段階で半分以上の人が治ってしまった、ということがよくあるのです。

治ってしまった候補の方にしてみれば被験者スクリーニングに参加して健康を取り戻せたのですから、こんなに結構なことはありません。

しかし薬を開発する側はその分被験者集めに苦労することになります。

とくに糖尿病や高脂血症などのように栄養過多や運動不足が原因となって起こる病気の場合、そのような節制によって「自然治癒」が見られやすいという傾向があります。

逆に言えば、もはや運動や食事の状況を改善しても治らない場合にこそ医薬品は本来の使命を発揮するということでもあります。

医薬品開発で行われるこのような生活改善指導は「介入」と呼ばれます。

介入されることによってこれまでの食習慣や運動習慣が変わります。

このような生活習慣の変化のことを「行動変容」といいます。

「なくて七癖」とか「習慣は第二の天性」とかと言われるとおり、人はだれでも普段の生活の中で個々人のスタイルを持っています。

その生活スタイルが栄養過多と運動不足である場合、何年か経てばメタボリックシンドロームに近づく可能性が高くなります。

一般の人は通常誰にも介入されずに暮らしていますから、なかなか容易に行動変容することができません。

やるとなれば自分自身でやらなければなりません。

そのためのあの手この手がいわば世の中にあふれかえっている、昨今の健康世相をそんな風に考えることができるかもしれません。

新しく買った乗馬マシーンに乗りながらテレビを見ること、ビリーズブートキャンプでかなり過激な運動をはじめること、などなど。

これらはすべて行動変容のきっかけが販売されているようなものです。

サプリメントを試すこともその一つかもしれません。

せっかく買ったサプリメントが無駄にならないように、そう考えてカロリーコントロールやちょっとした運動を始めるとすれば、それは理にかなった成果につながる可能性大だと思われます。

一方逆に「このサプリさえ飲めばもう不摂生しても大丈夫だ」などと考える人もあるかもしれませんが、これはもちろん要注意です。

次回の更新は4/24(木)です。