2012/05/17 カテゴリ: 食の安全 : 

お酒の不思議

何らかの新しい成分を食品として使用してよいかどうかということについては、かなり詳しい当局(厚生労働省)による検討を経て行われます。

L−カルニチンは2002年の年末に食品としての使用認可判断が得られましたので、今年末で10年になります。

この10年間にたいへん多くの方にご利用頂きましたが、幸いにもL−カルニチンを原因とする健康障害問題ということは起きていません。

どんなものであっても新しい成分に許可が与えられるためには事前にさまざまな安全性試験が厳重に行われるわけですが、そのとき何といってもモノを言うのは「ヒトにおいて長年の食経験がある」という実績です。

ところで、アルコールの安全性について改めて考えてみると面白いことに気付きます。

もしアルコールという成分が新しいものであって、それを食品として用いてよいかどうかということを国が判断しようとしたとします。

アルコールはそれを摂取すれば明らかにある種の「体感」が得られます。












血行が良くなる、陽気になる、といった好ましい面だけではなく気分が悪くなる、寒気がする、鼓動が速くなる、飲みすぎるとやめられなくなる等々かなり危険な側面も挙げることができます。

これらはすべてアルコールの薬理作用ですし、飲んで出てくる反応に相当な個人差があることも私たちはよく知っています。

もしこれが新しい食品成分だとすれば「そんな危ないものは絶対に認めない」という結論になること必定だと思われます。

実際、アルコールには中枢神経作用、末梢神経作用、消化管作用など用量に応じてかなり明確な薬理効果があります。

とくに脳に対する作用は特徴的で、それに対する人体のレスポンスは過激といってもよいくらいです。

そういうものが毎日あたりまえのように販売され、使用されているわけです。

「食の安全」というイメージから行けば言語道断の食品成分だということになるでしょう。

それなのに、私たちはお酒の存在を完全に認めていますし、むしろ生活にはなくてはならないものの一つだとみなしています。

それはひとえに全世界で古代から使用されてきたという「食経験」が重視されている結果だと言えます。

弱い人は呑んではいけないとか、飲みすぎは危ないとか、そういうリスクは基本的にはすべてそれを摂取する人個人の責任にほぼ完全に任されています。

食経験がある、ということは食の安全という観点からそれほどまでにも信頼されているという証だということになるでしょう。

次回の更新は5/24 (木)です。