2013/11/14 カテゴリ: つれづれ : 

寒い中のほっこり

先月の今頃はどういうわけか30度を超す日が数日続きました。

ところが今朝ラジオを聞いていたら新潟などで豪雪があり、早朝から高速道路も渋滞しているとのことです。

東京でもコートなしでは通勤できなくなっています。

昨日会った京都の人が、今年はまだ紅葉がなく青々していると言っていました。

夏から突然冬になったわけですが、これでは体調を整えるのもなかなか大変です。

さて、先日日用品量販店で小さな湯たんぽを数百円で売っていたので買ってみました。

プラスチック製の厚手のポットを手触りのよいふわふわした白い巾着袋に入れるようになっています。

大昔子供の頃に湯たんぽを使って以来ですがこれがなかなか調子よく、デスクワークをしているとき足の下に置いておくと身体全体が温まってきます。

新しく沸かした熱湯を仕込んで寝床の中に入れておくと朝までやんわりとした温かさが持続します。

この持続力は実に驚くべきものです。

この湯たんぽを使っていると何となく省エネというかエコというか合理的な感じがしてなかなか気分が良いです。

今朝たまたまふだん聞かないラジオを流していましたら、ラジオ体操の音楽が流れてきました。

ラジオ体操というものは他国にもあるのかどうか知りませんが、日本人は小学校の頃からさんざん練習しているのでたいていの人がからだで覚えており、誰でもあの音楽を聞くと(聴かなくても頭の中で歌いながら?)ひととおりの運動がやれるようになっています。

専門家によればあのラジオ体操は身体の末端から心臓に向かって徐々に動かせるようになっているそうで、とてもよく考えられているということです。

ふとそういう「身についた記憶」を持ち腐れにするのももったいないように思いました。

ついでながらラジオ体操はなぜかテレビでもYouTube、スマホでもなく「ラジオ」の体操だということを思い、少々不思議な気もしたのですが。

スマホを使うようになってバス停で待っているときも電車を待っているときもついついそれを覗き込むような「今風」の生活に流されがちです。

湯たんぽやラジオというライフスタイルも悪くないな、と改めてほっこりした今朝方でした。

どうぞ風邪などお召しになりませんように、今日もよい日を。


次回の更新は11/21(木)です。