2006/08/11 カテゴリ: メタボリックシンドローム : 

サプリメントはまともな生活の土壌の上にしか存在できない

ついでながら、今回、子供のメタボリックシンドロームについて考える中、コンビニやスーパーの弁当や惣菜、レトルト食品やカップ食品などを問題視するようなトーンで書いてきました。

しかし、当然ながらモノは使いよう、ということに相違なく、美味しく、手軽でバラエティーに富んだ選択肢というのは、現代日本の優れた食文化のありようである、ということも言っておかねばならないと思います。

それにしても、今回この問題について書いてみて、しょせん土台がガタガタの食生活の中に、サプリメントなど全く出番のないことに改めて気付きました。



サプリメントはあくまでも、「健康で文化的な生活」のある土壌にのみ存在できるものである、ということです。

(つづく)次回の更新は8/15(火)です。