執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


2006/08/29 (11:10 am)

情報を受け取る側の基礎知識の大切さ

例えば食や栄養、サプリメントや運動、生活習慣病などについて考えるとき、情報を伝える側にも、それを受け取る側にもさまざまなレベルがあるにもかかわらず、それらを統合するしくみがほとんどないらしいことに、私はかなり問題を感じています。

ここでいう「さまざまなレベル」というのは、各人の健康状況にはいろいろあるといったことではありません。情報を発信する側にもその情報を受け取る消費者の側にも健康に関する基礎知識のレベルにはさまざまなものがあるにちがいない、そのような意味です。

それは、個人個人において、経済的に安定するために必要な知識レベルがさまざまである、といったこととほぼ同じニュアンスであり、それぞれ(健康と経済)の重要な基礎知識は、基礎的な学校教育ではほとんど与えられないといった点において共通点があります。



けれども、そんなこと学校では教わらなかった、と開き直って得をするケースはほとんどありません。

(つづく)次回の更新は9/1(金)です。

  |  トラックバック数 (192)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/54

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.