2006/09/12 カテゴリ: 知っておきたい健康知識 : 

芋づる式の知識

たとえば、L-カルニチンとは何かを説明するとき、「遊離長鎖脂肪酸をミトコンドリア内に運搬するために必要な分子」などということを私も普段言っていますが、「ミトコンドリアって何だ?」ということについての説明は省いてしまっています。

細かく追求すればきりがないのも事実ですが、それでも「ミトコンドリア」というものには「細胞内小器官(オルガネラ)」という上位の概念があり、「核」「小胞体」「リボソーム」といった並列の概念があります。

この中で、小胞体やリボソームはあまりこだわらなくてもよいのですが、「核」の中にはDNAが入っており、それイコール遺伝子であり、遺伝子には20種類のアミノ酸の配列順序が記されています。



また、そこに記された配列順序に従って、アミノ酸が「ペプチド結合」という特徴的な結合で決まった個数だけつながり、何千種類といった多様な分子が出来上がること、その多様な分子こそがタンパク質である・・・・

と、まあこういったことを健康問題やサプリメントに興味のある人々は、「芋づる式に暗記」しておいて損はないと思います。

(つづく)次の更新は9/15(金)です。