2016/08/11 カテゴリ: スポーツ : 

オリンピックの妙味は

リオオリンピックが盛り上がってきています。

時差を度外視して見入っていると睡眠不足になってしまいますが、やはりリアルタイムでの勝負の瞬間は何とも人間らしいドラマに満ちていて目が離せません。

競技には時間や精確さを競うもの、勝ち負けを争うもの、演技の完璧度を追及するものなどいくつか種類がありますが共通しているのは「前人未到の境地」をめざすところではないでしょうか。

ふだんの自分の持っている力を出し切れば結果はついてくる、というレベルであればオリンピックでなくても観る機会は多々あると思います。

しかし、オリンピックではこれまでまだ練習でも一度も出したことのないような技や力を出し切ることが目標になっており、実に金メダルはそういう成果に対して与えられるものです。

一度も成功したことのないパフォーマンスを出すわけですから、もう相手はあってないようなもの、まさに自分の知らない自分の境地を発見するための挑戦です。

その境地が人類未踏の境地である場合も続出します。

観戦する側としては、その一世一代のドラマを見られるかどうか、そこが核心なのでやはり録画ではなくたとえテレビであってもリアルタイムで目撃できれば価値もひときわ大きくなります。

アナウンサーや解説者の肉声もいわば本物ですから、よい実況に接すると感動も高まります。

そして、とても重要なシーンがメダル授与式です。

表彰台に上がる人の表情には歓喜、安堵感、充実感、感謝の念など、ポジティブなものが猛烈に凝縮していますから、それを見ていると元気がもらえそうな気がしてきます。

肉体的なベストの瞬間がゴールや勝利の一瞬にあるとすれば、表彰台では精神的なベストの瞬間が見られます。

リアルタイムで行われる最高度の人間ドラマの数々、オリンピック・パラリンピックはやはり人類最大の祭典のひとつだと思います。

まだ半分あります、十分にお楽しみを!


次回の更新は8/18(木)です。