2016/10/27 カテゴリ: つれづれ : 

おいしくない、お米考

先週はあまりおいしくないチョコレートが実は健康によいというお話をしました。

似たようなことは他にもあります。

たとえば日本人の主食であるお米ですが、もみ殻を取ったいわゆる玄米の状態では炊き上がりにくく、色も褐色で見栄えがよくありません。

また口あたりもしかりで、イマイチという感じがするものです。

逆に完全にふすま(米ぬか)の部分を取り去った通常の白米になるとおいしさがぐっとあがります。

そこに梅干しだとか佃煮、お漬物のようなものがあればいくらでもご飯が進みますが、こういう食欲の快感を思う時、ああ日本人でよかった!と思います。

ところが米という穀物にはそうやって取り去って使われない部分に非常にさまざまな栄養素が含まれています。

ビタミンB1をはじめ、タンパク質や食物繊維、不飽和脂肪酸もありますし、フェルラ酸のようなユニークな栄養素もそろっています。

すべて挙げてゆけばまるでサプリメントの宝庫ではないかと思うほどです。

けれども古代から食べつけてきた米という作物を最も美味しい食品形態に工夫してゆくと、皮肉なことに「サプリメント部分」がほとんど捨てられてしまうことになるわけです。

前回のチョコレートもそうで、おいしい味に仕上げる為にカカオを減らしミルクや砂糖を増やして行くに従って栄養素が抜けて行きます。

寿命が60年そこそこだった頃(そんなに昔のことでもないのですが)には食品はだいたいそういう「たべやすさ」「おいしさ」を追及して行っても全く矛盾がなかったと思います。

国民のほぼ全員が栄養失調だった戦争直後にはどんどん栄養を摂取して健康な身体になろう、ということが国家的目標でもありました。

白米を食べ過ぎて太ってもメタボ(どころか生活習慣病や成人病)という概念がそもそもありませんでした。

一方口あたりのよくない玄米であれば食べ過ぎることもありません(苦すぎるチョコレートのように)。

このように考えてみると、これまで「ひたすらおいしくするための工夫」をこらされた食品のあり方を再検討してみることで日常食の新しい側面がいろいろ見えてくるのではないでしょうか。

一見とっつきにくい風味や食感の中に「おとなの味」を見出すことができればコーヒー通やワイン通のような「わかる人にはわかる境地」に至れる可能性もあることと思います。


次回の更新は11/3(木)です。