執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : 健康のための運動 : 
2016/11/10 (9:00 am)

トレーニングジムでプチ疲労症候群を退治できた話

トレーニングジムの便利なところは、ランニングマシーンなどでデジタルに速度を入力しておけば天候や季節、体調に関係なく機械が自動的に全く同じ条件で身体を引っ張ってくれるところです。

いつもと同じ速度や傾斜で設定しているのに非常に軽やかにメニューを終えられるときもあればその逆のこともあります。

長期的に持久力のアップやダウンを知ることもできます。

私は身体がなまらないように、体脂肪がたまりすぎないように、また少しでも筋肉を維持するためにジムに通っているつもりですが、それ以外に自分の体調の良し悪しのチェックをしに行くという目的もあります。

一昨日のことですが、ちょっとおもしろい体験をしました。

私の場合、毎日同じ調子で走っていると3日目、4日目となるに従って疲れが溜まってくる傾向がみえてきます。

それで1−2日ブランクを空けるのですが、そうすれば次の日には疲労は回復して比較的快調に2時間弱のプログラムをこなすことができます。

この前は3日のブランクがあり、いわば休養は十分でした。

ところが何となく気分が乗らず、このままもう一日休んでしまおうかなどと思っていたのです。

しかしそれが疎遠のはじまりのような気もしましたので、少し多めにカロリーを仕込んでから何とかジムに出向きました。

走りはじめると案の定いわゆる「絶不調」というやつで、いつもの半分以下の(歩くほどの)ペースに落としてようやく1本目、最低ノルマの距離を終えました。

体調が本当におかしいのかも、と少し不安になりながら途中で脈拍を測ってみましたが意外なくらい数字が上がっていません。

つまり心臓循環器系は「疲れてないよ」と知らせてくれたわけです。

吐き気なんかもありませんし、筋肉、関節系にも全く違和感はありません。

念のため血圧も測りましたがこれも問題なし。

結局「肉体」は全く正常、という結論になりました。

ではこのしんどさの正体は何か?と考えたとき、ふと鬱病、慢性疲労症候群という病名が浮かびました。

肉体にこれといって問題がないのに全身的な疲労感が漂っている感じですから、これはもしかしたら「プチ鬱状態」「プチ慢性疲労状態」かもしれないと思いました。

特に慢性疲労症候群の場合は血中のアセチルカルニチンの量が減ることが知られています。

ジムの前にL−カルニチンをいつも摂取していますが、この状態で少しきつめに走ると血中のアセチルカルニチンを増やすことができるはずです。

それで2本目は全力疾走に近いような速度で200メートルほど走り、また緩める、というような濃淡のあるペースをくり返し試してみました。

その結果、2本目の終盤(ということは1本目を走り始めてから40分目あたり)で疲労感がスーッと消えて行き、ウソのように身体が軽くなってゆくのがわかりました。

その調子が持続しそうでしたので、5分ほど休憩して3本目に挑みました(通常私は2本までしか走らないのですが)。

意外なくらいあっけなく4キロ強を終えることができました。

疲労感があるときに、肉体の状態にこれといって問題がないならむしろ「プチ異常」の原因は脳にある、そしてその不具合は身体を動かすことによって「治療」することができる(のかもしれない)。

ふつう「疲れたら休む」「おっくうに感じたら身体を休める」としか考えませんから、これはちょっとうれしい発見でした。


次回の更新は11/17(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/632

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.