2016/12/15 カテゴリ: つれづれ : 

往年のラーメン党、ラーメンストリートで回想す

東京駅の地下にラーメンストリート、という一角があります。

ここは以前「ラーメン激戦区」なんていうものものしい名前がついていたと記憶しています。

ともかくこのコーナー、自我ほとばしるラーメン店が文字どおり軒を連ねていますが、興味深いのは行列ができているお店とそうではないところが比較的はっきりしていることです。

SNSでの口コミの結果なのかタウン誌での取り上げ方のちがいなのか、そのあたりはよくわかりませんが、通りがかりの旅人や中国ツーリストの人も多そうですからもしかしたら「行列ができているかどうか」が最も大きな目あてになっているのかもしれません。

こうやって毎週健康ブログなどお読みいただいていますが、かんがえてみればこの私、実のところ元来根っからのラーメン党です。

学生時代の下宿の近くに夜明けまでつつましく開いているいいラーメン屋さんがありまして、試験前の追い込みに疲れた深夜などひとりぼっちで、あるいは散々街中で呑んで騒いで帰ったあとに友人と連れ立って、途方もなく遅くなってから掻きこむフィニッシュの一杯が天の恵みさながらに格別だった、そんなこともなつかしく思い出します。

カップ麺やお湯をかけるだけのいわゆる昭和の即席ラーメンだって何日続いてもOK、もちろん有名店のオーソドックスな醤油ラーメンや由緒正しい中華そば、それから札幌ラーメンもいいですね、コテコテの絶品豚骨ならなお最高です。

いま住んでいる町の最寄りの駅前には「家系ラーメン」のお店があります。

いじましい話で恐縮ですが、私はそこでは決まってトンコツを注文し、ゆで卵のトッピングにすりおろしニンニクをたっぷり入れて食べます。

そうしないと食べた気がしないのです。

ついでに半ライスを一緒に掻きこみ、最後はスープを飲みほして・・・、と、こんなふうに書いているだけでお腹が鳴ってきそうなのです、が、これは本当の話です。

ラーメンストリートについては並み居るメニューの「片っ端制覇計画!」なんかが実行できたらさぞかし痛快だろうな、とも思います。

とはいえ私はくだんのストリートの暖簾をくぐったことはただの一度もありません。

先ほどの家系ラーメンでの品格なきドカ食い、これも二年か三年に一度あるかないか、の話です。

己の食い意地の張るがままに食べたいものを食べていたのは40代の前半ころまででした。

要するにL-カルニチンと出会って「クスリに頼らない健康」をテーマとしてとっぷりつかるようになって以来、たとえばラーメンにとっぷりつかるような無意識な選択がいかにキケンなことかを改めて理解するようになり、自然と「撃ち方やめ」に至ったわけです。

ドクターストップではなく、セルフストップです。

そんなわけで現在の私は駅地下の「大いなる行列」を東京の一風景とみなし、ただただ足早に横目で通り過ぎる存在にすぎません。

ああうらやましい、と思いながら、ではありますが。

でもドクターストップではない、そこがミソです。

何かめでたいことでもあった折、二年に一度、三年に一度、一期一会とばかり昔のような「濃い注文」をしてみるのも悪くないかな?

たかがラーメン一杯に命がけかね?

そんな大袈裟な思いに苦笑しながらも「いざとなったら何でも食べられる」ということのしあわせをふと思う今日この頃です。

ラーメンストリートならぬラーメンストイックもまた愉し、です。


次回の更新は12/22(木)です。