執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : 健康 : 
2017/02/02 (9:00 am)

今年も変わる、「高齢者」の定義

このほど日本老年学会・日本老年医学会から65歳以上という高齢者の定義には医学的な根拠はなく、高齢者の定義が現状に合わなくなっているという発表がなされました。

最近のデータによれば10〜20年前とくらべてからだの加齢変化のあらわれ方が5〜10年遅れてきていて、文字どおり若返りが進んでいることがわかってきたということです。

とりわけ65歳から74歳では活発な社会活動が可能という認識が示されています。

そこで学会では新たに75〜89歳を高齢者に、90歳以上を超高齢者と定義すべきと結論付けています。

これまで高齢者として区分されていた65〜74歳の人は準高齢者になり「高齢者」という区分からははずれることになります。

私の曽祖母は私が小学校6年生の時(1969年)に亡くなりましたがそのとき明治19年生まれの84歳でした。

今回の定義では単なる「高齢者」にあたりますが、当時の私の感覚では曽祖母は今の104歳くらいのイメージだったと思います。

悠々自適、自分の人生もやがてはそうなりたいものだと漠然と考えることはだれしもあると思いますが、しだいに「一生働き続ける」ということの意味を問い直さなければならなくなってきています。

「働く」「労働」「拘束時間」という語感からその反対を「遊び」「自由時間」と考えてしまうと働くことがたいへんな労苦のような気がしますが「生涯現役」と置き換えるとかなりイメージもかわってきます。

生涯現役というのは必ずしも勤務することばかりではなく、スポーツでもボランティアでも芸術的なことでも何でもよいわけです。

「生涯現役」は社会から何かを提供してもらう側から社会に何かを提供する側で居続けることともいえるでしょう。

のんびりする、ゆっくりする、ということはもちろん人生の大切なシーンであるにはちがいありませんが、それが単純に「悠々自適な晩年」の意味だとしたらすいぶん退屈なことと思えてきます。

90歳以上を「超高齢者」と名付けてみたところで、だから何なんだという反問をしてみたい気がしますし、そもそもそれが何らかの人生の豊かさつながるという感じが湧いてきません。

私の年代はそろそろ還暦間近ですが「武蔵野の逃げ水」のように「高齢者」という定義がどんどん遠のいてくれることにむしろ「得した感」を受け取って行きたいものだと思います。


次回の更新は2/9(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/642

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.