執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : つれづれ : 
2017/03/02 (9:00 am)

人生なかば、目標不達、それもまた結構

作家の佐藤愛子さんは『九十歳。何がめでたい』という本を最近上梓されました。

とても評判がよいそうです。

この佐藤さんにはご自身91歳のとき(2014年)人生の集大成のつもりで書かれた『晩鐘』という小説があります。

この作品を書き終えたあとには特に「毎日しなければならないこと」がなくなってしまったのだそうです。

佐藤さんほどの方であれば経済的にも安定しておられるでしょうし(数十年前に20億円もの借金を背負われたときもあったそうですが、みごとに完済されたとか!)、そこへ集大成も世に出せたとなれば、あとは絵にかいたような悠々自適ではないかと想像します。

ところが実際にそうなってみると朝起きる必要もないのでずっと寝床から立ち上がれないという状況になって元気が出ず、ついには鬱状態のようになってしまったというのです。

まあ、そこに『九十歳。何がめでたい』の企画の話が来てまた復帰に成功、と、これまた素晴らしい逸話です。

私がとても興味深いと思ったのは功成り名を遂げ、集大成の仕事をやってしまったあとでも目標を失ってしまえば人は鬱状態になってしまうというところです。

もしそうだとすれば、人間いつまでも何らかの「まだ達成していない目標」を持ち続けたほうがよろしいということになります。

ですからこの世を去る時にはやり残しの仕事がある、という状態がかえって最高なのかもしれません。

そういえば、作家の三島由紀夫さんのような才気煥発の人でも「書き尽くしてしまった感」を強く持っていたそうで、そのこととあのような壮絶な最期を遂げたこととは関係があると考える説もあります。

凡人とはいえ、90歳からまだほど遠い私などにしてもきっと10も20もひとりよがりな目標を持っていてちょうどよいくらいなのだろうと思います。

もし悩んいることがあれば、それを解決するということも目標のひとつといえそうで、そんならいくつでも数えあげられるな、とちょっとへそ曲がりなことも考えてみたりしたのです。


次回の更新は3/9(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/646

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.