2017/04/06 カテゴリ: つれづれ : 

麻生さんの国会不意打ち辻説法

先月の国会でのこと、ある野党議員が麻生大臣に対して「人間が生きる上でいちばん必要なものは“空気”、では2番目に必要なものは何か?」という謎かけ的な質問をしました。

これを受けて麻生さんは「人間が生きていく上で大事なことは朝は希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝と共に眠る、この気持ちだと思っています」と切り返しました。

はっきりいって質問者が誘導したかった趣旨とはちがう回答だったわけですが、グンと高い次元から降ってきた一連の言葉に当の野党議員も思わず脱帽、感服の意を表明していました。

国会の場でこういう形而上的なフレーズが交わされることはあまりないことですので私もちょっと驚きましたが、あとでお風呂にゆっくりつかりながらふとこれを思い出し、ほんとうにそうだなあ、そうできればいいなあ、と妙に納得しました。

とくに私が感じたことはふたつあります。

一つ目はこの朝、昼、夜の気構えというのは「心身の健康」と表裏一体になっているだろうということでした。

先の稀勢の里優勝の日など、彼はまさに(逆転優勝への)希望をもって目覚め、懸命に相撲を取り、夜は感謝をもって眠りに就いたのではないでしょうか。

横綱は負傷していましたから身体の方は決して健康とはいえない状況でした。

けれども「心の健康力」がそれをみごとに補ったのではないかと思います。

「どうせケガをしてるんだから本当なら休場なんだ。土俵に上がるだけでもいいんだ、勝てるわけなんかないんだ」と思っていたらあのような結果を生むことは200%できなかったにちがいありません。

もうひとつ思ったことは、希望→懸命→感謝というパターンは一過性のものではなくて希望→懸命→感謝→希望→懸命→感謝・・・という連続性でなりたっているようだということです。

すると一日づつの単発ではなく、一日が二日になり、一週間になり、ひと月になり・・・とだんだん拡大して行けることになります。

また今月は希望を宿し、来月は一生懸命に働き、再来月は感謝をささげる、というようなふうにはなりません。

やはりお日さまが出て、日中天上を照らし、日が落ちてゆく、というこのサイクルに人間の生命リズムの基本があるということでしょう。

実際には、希望をもって目覚められない時、仕事に打ち込めない時、感謝より不安で眠れない時、こういう日も少なくありません。

それでも「麻生さんのサイクル」を念頭に置いてリセットや調整をしながら日々を送ることはいろんな意味でよい影響をもたらすのではないかと思いました。

「働き方改革」などもいたずらにデジタル的な数値の多寡を議論するよりも、こういうどっしりした目標を基幹に据えて職場や個人が対応して行けばよいように思うのですが、いかがでしょうか。


次回の更新は4/13(木)です。