執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : つれづれ : 
2017/06/22 (9:00 am)
近頃は対向車線から自動車が飛んできたとか登校中の児童の隊列に車が突っ込んだとかそんなニュースを耳目にすることが多いですね。

いったん事故が起こってしまうと当事者はもとより交通妨害がおこり、警察官の人たちもたいへんな事後処理が必要になってしまいます。

昨日の朝、街中で車を運転していたらたくさんの警察の人が出てあちこちで通勤通学の人たちの誘導をしていました。

交通安全週間なのかどうか、運転をしている方にしてみれば白バイやパトカーなどが視界に入ると少なからずハッとします。

それまで飛ばしていたクルマの流れもぐっとゆっくりになったりもします。

何も違反をしているつもりはなくとも一瞬の緊張が走る、これは正直なところちょっと「イヤな感じ」なのです。

けれども、ほんとうにいやな感じがするのはやはり事故現場と出くわしたときです。

大勢のパトロール隊による朝の交通整理を見ていてふと、これはまさに身体でいえば予防にあたるな、と思いました。

事故の後処理は一時的な生活活動の停滞を伴い、車や乗っていた人、巻き込まれた通行人、ガードレールや電柱などのインフラの修理などにとても大きな負荷がかかってしまいますが、この点まさに傷病の治療と同じです。

お酒をのみすぎるな、寝る前にものを食べるな、体重を管理せよ、きちんと睡眠をとれ・・・こういうことはちょっと羽目を外して楽しんでいたい身にしてみれば余計なお世話、「イヤな感じ」がよぎりますが、街中でパトカーが見えた時とよく似ています。

だからというわけではありませんが今日はほんとうに久しぶりに歯医者さんにケアを行ってしてもらいました。

虫歯などは特になく、歯そのものはしっかりしていますねと褒められて少し気をよくしたのですが、同時に痛い思いをして削ったり抜いたりせずに済んだことにほっとしました。

忙しさの最中に紛れてしまうのも交通安全や健康管理の共通点かと思います。

人生の終盤、忙しさから解放されたとたんに放置していた健康の治療にとりかかる、というのはどうもマズいと思います。

まず手始めに近所の歯医者さんに予約を入れてみられてはいかがでしょうか?


次回の更新は6/29(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/662

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.