執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : つれづれ : 
2017/07/13 (9:00 am)
佐藤一成さんはAI将棋ソフトの『ポナンザ』を開発した人です。

最近佐藤さんのプログラム開発について書かれた本を読みました。

いろいろ疑問に思っていたこと、不思議に思っていたことがたいへんわかりやすく説明されていて、読みながら思わず興奮し、何度もうなってしまいました。

ここ10年くらいの間に読んだ本の中で最も衝撃的だったかもしれません。

囲碁やチェス、将棋というのは勝ち負けがはっきりしている上、「現在の人類最強者」が厳格に定義づけられています。

ですから、最高レベルの将棋や囲碁を理解できない人、AIなんてまったくわからないという人(いわば一般市民のほぼ全員がそれに属するといってよいわけですが)にもそのすごさが理解できます。

ただ、重要なことはこのゲームの世界の話はそこにとどまらないというところです。

つまりそれくらい高い精度で人間の最高度の知的作業をできるのであればこんなこともできるのでは?あんなこともできるのでは?という想像が私のような素人にも働かせられます。

実際それはそのとおりであるらしく、たとえば自動車がほんとうに「自ら動く車」になれる(すなわち完全自動運転)というのはそう遠くない将来のことだといいます。

従来のコンピュータは一秒間に何回計算できるか、といったところに論点がありましたが、昨今のAIはそういう腕力的な性能も(「京」に代表されるように)さることながら、自分でデータを学習しながら人間が考えつかなかったようなこともやってのける可能性があるという点でまったく存在感がちがいます。

ポナンザを開発した佐藤さん自身がすでに「彼」の考えていることをもはや説明も想像もできない、とコメントしています。

また、AIの特徴はその進歩の速度が直線的ではなく指数関数的だというところにもあります。

AIの学習速度ははじめのうちはのろいようでも、状況が整ってきたらあっという間にとんでもないレベルに行ってしまうのです。

コンピュータ将棋そのものはだいぶ以前からありますが、ポナンザは誕生してからわずかに10年。

14歳の藤井四段もすごいですが、ポナンザは10歳で名人(というか全人類)の力量を追い越してしまったということです。

昨今では本当に強い棋士はコンピュータの手筋を取り入れることによって競争を勝ち抜いているといいます。

いまのところまだ「昨今」などと言っていますが、そのうちそんなことはあたりまえになるでしょう。

もちろん私のような素人がポナンザの手筋を見ても何もわかりませんが、最高レベルの棋士にはそれがわかるということで、こうなるともう何だか雲の上の神の対話の様相を呈してきます。

さて、そんな有能な機械に私は何をしてほしいかというと、われわれが健康でいるためにはどうすればよいか、ということについて名人将棋ばりのレベルで指南してくれるような仕事です。

ただし、そんなに健康で長生きして何がうれしいのか?そこのところは永遠に「自分で考える」しかないように思います。

そんなことないでしょうか?


次回の更新は7/20(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/665

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.