執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : つれづれ : 
2017/07/20 (9:00 am)
医師の日野原重明さんがこの火曜日に105歳の大往生を遂げられました。

たとえば85歳の方でも私から見れば「かなりのご高齢」だと思いますが、105歳というのはそこからさらに20年もあるということになります。

20年という時間があれば人間相当いろいろなことができます。

私はもうすぐ還暦(!)を迎えるのですがそこから105までの距離となると実に45年、これはもう一度べつの人生を生きるのと同じともいえそうです。

こういうと「そうはいっても15歳から60歳までの45年と60歳から105歳までの45年の生産性は同じではない」といった声が聴こえくるかもしれません。

日野原先生がたしか90歳すぎのときに書かれた本だったと思いますが、自分は激務に追われていて睡眠時間も極めて短く、週のうち2−3日は徹夜することもある、起きている間はずっと仕事をしている、講演や原稿執筆のアポイントメントがもう数年先まではいっている、よくこれで過労死しないものだと思う、こう述べられていてびっくりしたことがあります。

また、95歳になれば少しは自分の時間も取れるだろうからゴルフをはじめるつもりだ、ともありました。

さらに驚いたのは97歳当時の著述の中、なんと、2年前からはじめたゴルフがたのしい、と!

95歳でゴルフ開始というのはシャレでも出まかせでもなかったのだ、と思わずうなりました。

テレビで「私は電車の中でもつねに仕事をしていますよ」とも話しておられるのをきいたこともありました。

おそらく先生が100歳少し前あたりのころだったと思いますが、そのころわたしは偶然京都から新横浜に向かう新幹線の車両で日野原先生の姿をお見かけしたことがあります


夜更けの時間でしたので、同じ車両に乗っていた多くの人たちはほぼほぼ眠り込んでいました。

わたしは下車駅に近づいてきたところで手洗いに席を立ち、その時に先生をお見かけしたのです。

先生はせまいテーブルの上に広げた原稿用紙に向かってマス眼もかまわず大きな字で一心不乱に執筆をなさっておられました。

テレビのコメントのとおり。

先生がご自身の生活について公に語られた信じがたいエピソードはことごとくほんとうのことだったようです。

人間ドックや生活習慣病といった今日一般名詞として語られる医療概念を提唱し、最期までみごとに実践して来られたその後ろ姿は私のような一面識もない人間にさえ健康や人生について大きな影響を与えられました。

60歳からの45年の人生の密度や生産性は、やりようによっては決してその前の45年に劣るものではないのだよ、と説きながら人生の達人は静かに逝かれたように思います。 

改めて新鮮な気持ちで生きていきたいものだと思います。


次回の更新は7/27(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/666

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.