執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


2017/07/27 (9:00 am)
元祖スポコンもの『巨人の星』は少年マガジンに連載されていました。

読んでいた私は小学生でしたからなんともう半世紀前(!)にもなります。

星飛雄馬は根性の塊、それを描くのに最適だったのはモーレツなウサギ跳びでした。

中学に入ってから運動クラブに混じった私もこのウサギ跳びはずいぶんやらされました。

効果はかなり絶大で、あっという間に足腰強靭、ぽっかり腹筋が割れました。

大汗をかいても水を飲むな、が一種の美学でした。

補水なしのウサギ跳びは昨今さすがにすたれていますが、当時はデメリットなど知る由もありませんでした。

夏休みにはプールサイドで甲羅干し、真っ黒になるのを競いました。

海水パンツのあとがくっきりツートーンになるのが二学期に向かう勲章のよう、のみならず夏場に焼いておくと冬に風邪をひきにくくなるともいわれていました。

ある日、こういった健康常識はまっさかさまの評価を受けるようになります。

研究云々というまでもなく、今の夏の猛暑、日照りのきつさは異常に思われ、眼や肌がヒリヒリしてくるのはまぎれもない実感です。

先ごろ亡くなられた日野原先生はプロの医師でもありますが、医者の不養生と言われるようにほんとうの養生の達人は知識や理論を超えた観察を絶やしません。

養生訓を残した貝原益軒はあの当時で83歳まで生きていますから説得力がちがいます。

遺伝子も腸内細菌もエネルギー代謝も何もしらなかった昔の達人は、ただただ己のからだとの対話だけをたよりにいろいろな気付きを重ねていったのです。

知識によらず観察による強み、この夏もなにか自分なりに気の利いた養生訓をみつけてみたいものだと思います。


次回の更新は8/3(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/667

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.