2017/09/07 カテゴリ: 栄養素の常識・非常識・「脱」常識 : 

「ばい菌」の哲学問答

前回このブログで、私たちのからだの中では大腸だけでなく、これまで無菌だと思われていた臓器にも微生物がたくさん棲んでいることが最近次々に明らかになってきた、そんなことをお話ししました。

つぎにこの話を少し哲学的な問答につなげてみましょう。

いまある臓器(たとえばAとします)について考えたとき、その臓器Aには

1.微生物がいる
2.微生物はいない

このふたつの可能性しかありません。

ここで2.のケースは少し脇に置いておき、1.微生物がいるという場合について考えてみます。

臓器Aに微生物が棲んでいる、という場合、

(ア)その種類や数に何らかの秩序がある
(イ)種類にも数にも特に秩序はない

のふた通りになります。

実際に調べられた結果が出ているわけではありませんが、この答えはわかっています。

(ア)以外にありえない、そうではないでしょうか。

存在の仕方に秩序がないとしたら、そもそも秩序の塊である私たちのからだに問題なく棲んでいられるわけがないからです。

健康な人の便をある患者さんの大腸の中に移し替えたらあっという間に元気になった、というおどろくべき「便置換療法」も、こう考えてくると特に不思議なことでもなくなってきます。

病気というのはもしかしたら体内にいる微生物相の秩序の喪失、と定義されるのかもしれません。

宿主の体調が乱れるから間借り人の秩序が乱れるのか、あるいはその逆なのかよくわかりません。

けれども健康な人には口腔内にも、大腸内、子宮内にもきちんとした微生物社会の秩序が存在しているはずだと考えてみることにさほどの無理はないでしょう。

だとすれば、ちょっとカゼをひいた、ちょっとお腹をこわしたといっては抗生物質を大量投与しようという手法(これこそ近代西洋医学の金字塔のひとつだったはずですが!)はたいへん無謀なやり方に思えてきます。

生物学には寄生、共生ということばがありますが、私たちのからだが健康である以上、同居している彼らはことごとく「共生者」であるにちがいありません。

命を終えた身体からはすみやかにその共生の秩序が失われて腐敗し、ほどなく宿主は骨だけになって風化してゆきます。

けれどもさらに大きな視野からこれをみると、バクテリアやカビに分解された肉体は炭酸ガス、水、アンモニアなどになって土や大気にもどってゆくことにも思い至ります。

これも立派な地球レベルのスーパー秩序にほかなりません。

「ばい菌」の哲学問答、いかがでしたでしょうか?


次回の更新は9/14(木)です。