執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : 健康 : 
2017/09/28 (9:00 am)
ローカーボダイエット(炭水化物制限食)やケトン体ダイエットの話をよく耳にします。

炭水化物をカットして健康になろうというわけです。

ローカーボにすると脂肪が燃焼し、ケトン体が生成します。

ケトン体は急激に過激な運動をした時にも増えてきます。

つまりケトン体は糖質が欠乏してきたときに生き伸びるための非常食です。

非常食を毎日たべる・・・これはおかしい・・・ですね。

教科書にもケトン体が増えるのはよろしくない、たまってくると過疲労感や倦怠感、筋肉痛などが起こる、できるだけこれは避けたい、と書かれています。

ケトン体ダイエット提唱者はそれに反抗します。

ですが、糖質はビタミンCやビタミンEなどのリサイクルに必要ですし、何より脳でも筋肉でも最も使い勝手のよいエネルギー源。なので、完全に糖を遮断せよ!などという主張に私はまったく賛同できません。

さて、先日厚労省が発表したところでは2016年の国内糖尿病患者数は1000万人を突破し、予備軍とあわせるとほぼ2000万人になるとのことです。

お隣の中国ではこのスケールはさらに10倍。患者数が日本の人口よりも多いのです。

ホモ・サピエンスが出現してから今まで身体のつくりはほとんど変化していません。

しかし食生活はがらりと変わり、マンモスを狩らなくてもコンビニに行けば24時間どんな食べ物でもお腹いっぱい食べられます。

この穀物(デンプン。カーボ)中心の食事は農耕が発達して以来の劇的な変化です。

飢餓から解放され、平均寿命も格段にのびたのはそのおかげです。

戻りますが、私は炭水化物を目の敵にするケトン体食論者の主張には反対です。

ですがいま、ちょっとズームアウトして地球をグッと遠目から眺め、糖尿病患者数の数、特に中年以降の人口に占める割合を見てみると・・・・やはり人類は炭水化物の食べ過ぎで世界規模の栄養アンバランスの時代を突き進んでいるようにみえるのです。

地球社会の住人はこのあたりで本来のからだの設計思想どおり「カーボひかえめ」の方向を見たほうがよいと思います。

寿命が65歳くらいで尽きていた時代には弊害も目立ちませんでしたが、人生100年時代ではシリアスです。

ただ心配しなくても私たちの食生活から炭水化物を完全に追放することはそう簡単ではありません。

健康を害するということは自分や他人の時間を奪うことにつながります。

「命とはその人が持っている時間のことである」という日野原重明さんの名言がありますが、ひとりひとりが元気でいることは自分のみならず他人の命を延ばしていることにもつながるのですね。

「カーボ控えめ運動」は食糧問題の裏側にある重要な大規模課題だと思います。


次回の更新は10/5(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/676

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.