執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


2018/01/18 (9:00 am)
さまざまな食品の中に、さまざまな健康によい成分が含まれています。

例えば青魚には血液をさらさらにするω-3脂肪酸(DHA/EPA)が含まれています。

肉の赤身には脂肪燃焼に不可欠なL‐カルニチンが含まれています。

サケの切り身には活性酸素を消去してくれるアスタキサンチンが含まれています。

鶏の胸肉には疲労に効くヒスチジンペプチドが含まれています・・・・

これらは、どれもその通り、事実です。

この調子で、ナッツ、納豆、温州みかん、赤ワイン、コーヒー、海藻、ニンジン、キノコ、乳酸菌・・・と挙げてゆけば本当にきりがなく、結局のところ「一日30種類以上の食材を採ることを目標にしよう」といったところに落ち着いたりします。

こんな「食材Aには有効成分Bが豊富に含まれている」ということの続きに来る言葉の代表格に「しかし、有効量を摂取しようとするとシイタケを毎日700グラム摂ることが必要だとか、ブロッコリーなら10キロ要る」などというものがあり、最後にはそんなに食べることができないのでサプリメントの形で採りましょう、となります。

また中には手のひらサイズのステーキ、サケの切り身ひと切れ等々、そこそこ常識的な量を食べればよいとされるものもあります。

しかしその場合でも毎日食べ続けるとなるとどれも非現実的です。

もちろん何かに特化したサプリメントを継続摂取して様子を見守ることには十分な意味があるのでしょうが、それにしても10種類も20種類も長期にわたって飲み続けることは経済的にも物理的にも無理があります。

だとすれば、こういった食品情報や成分知識についての蘊蓄(うんちく)には利用価値がないのでしょうか?

それについて私は、次のように思います。

食事は一生涯だいたい一日に3回、なのでたとえば10年であれば約1万回超になります。

これだけの回数になると「何を食べるか」ということについて個人差がそれなりに発生しても不思議ではありません。

例えば私は今年60歳になりますが、ここから先の1万回で何を食べるかはその先の10年間にかなりの影響を与えることは確実でしょう。

食生活というのは本来完全な個人の自由に任されていますから、1万回の食事をするということは1万回の選択(大げさに言えば決断)をしていることになるわけです。

このときに甲、乙、丙という選択肢があれば「最も健康上好ましいとされているもの」と「どちらかといえば問題とされているもの」の中でそれこそ甲乙がつくと思われます。

そう考えると、常にある3択や5択の中で常に「どちらかといえばこれがよい」ということを知っているか無知であるかということの間には大きな差が出てくるに違いありません。

これはサプリメントの選択についてもいえることです。

こういった膨大な数の積み重ねにおいて、健康知識はやはり個々人のQOLに大きな影響を持っているに違いありません。

というわけで「●●には○○が豊富に含まれている」といった情報に対しては一応それらを心得ておいて、選択の場面に際してパッと思い出して有利な方を選ぶという、いわば「ゆるやかなよい選択肢」を積み重ねる習慣が大事だと思うのです。

まだ「一年の計」には間に合う時期ですので是非そんなゆるやかなイメージをもって今年をお始めになってはいかがでしょうか。


次回の更新は1/25(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/689

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.