執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : 健康のための運動 : 
2018/02/22 (9:00 am)
前回は野生のゴリラが歯ごたえのある食べ物を食べることを通じて歯の健康を維持していることについてお話ししました。

そう聞けば「さもありなん」と思うわけですが、この話の面白いところは動物園のゴリラの死因トップが歯槽膿漏だというくだりです。

それはともかく、そういった歯ごたえのある食物繊維を食べることは咀嚼(そしゃく)を行うことにも通じます。

歯ごたえのある食物繊維はまた大腸にまで到達して腸内細菌の食糧になったり、便のかさを増やしたりして、非常に重要です。

考えてみれば歯というのは最も入り口に位置して物理的な力を駆使して食物を受け入れる臓器なわけですから食物繊維は文字通り初めからしまいまで消化管フレンドリーな食材だといえます。

最近おそるべき勢いで解明されているように、腸は脳とも密接な関係にあります。

原始回帰しようなどというと、非常に現状とかけ離れた暮らしを思い浮かべがちですが「食」に関して言えば実際にはちょっとした心がけで十分実行可能なことではないでしょうか。

歯ごたえのあるものを食べなくなった現代人が貴重な原始性を喪失しているとすれば、同じことは運動についても言えます。

今から1万2千年ほど前に農業をはじめた人類はだいたい1日9キロから15キロほど歩いていたのだそうです。

一歩の幅を50センチとすると、1万8千歩から3万歩に相当します。

3万歩はなかなか難しいとしても1万歩であれば少し頑張れば現代生活でもできる範囲ではあります。

食物繊維が咀嚼や腸内細菌を通じて脳と関係したように、運動もまた脳に重要な刺激を与えます。

原始回帰その1も2も最終的には脳との関係性をさし示しているようです。

一方、火の使用をはじめた人類は食の進化の中で「殺菌技術」を手に入れました。

次回はこれについて考えてみたいと思います。


次回の更新は3/1(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/694

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.