執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : つれづれ : 
2018/03/22 (9:00 am)

「なごり雪」もつらいよ

暑さ寒さも彼岸までといいますが、今年のお彼岸、東京はなんと雪でした。

これこそ「なごり雪」です。

ここのところ一時は初夏の陽気になっていましたのでこの寒さはいっそうこたえました。

一日外出していたのですが、風も強く冷たい雪雨の中でずぶ濡れに近くなり散々でした。

こういう時はほんとうに仕方がないのですが、いわば「命を削りながら過ごした一日」だったなあと思います。

もちろん日によっては睡眠も十分、精神ストレスも低め、美味しい食事を摂れることもあります。

こういう日に寝床に着くときには「寿命を伸ばせたな」と思います。

厳しい日、つまり睡眠不足、低温、低体温、食事もタイムリーに摂れずという時には覚悟していかにしてリカバーするかを真剣に考えないといけません。

消化の良いものを食べてゆっくりお風呂につかって早めに眠りについて・・・。

まさに今日はその厳しい日でしたが、最も注意しなければならないのはおそらく免疫力の低下でしょう。

冬にインフルエンザが流行するのはインフルエンザウイルスが低温を好むからではなくヒトの免疫系が低下するからにほかなりません。

一日を終えて眠りにつくとき「今日は寿命が伸びた日か縮んだ日か?」を自問してみるのも無駄ではないかもしれません。

カレンダーに〇×でもつけて一か月半年、一年、と振り返ってみると「今年一年」は勝ち越せたか負け越せたかも簡単にカウントできます。

季節の変わり目というのは「負け越し」が多くなりがちです。

一日の終わりにざっとした感覚で「今日の健康勝負」を振り返ってみるとき、負けそうになった時にはやはりそれに見合う「癒し」をあれこれ身体にフィードバックし、翌日に持ち越すことなくできればその夜にうちに原点にまで戻しておきたいものです。

明日はまた突然気温が上がるのだとか。

外出時の服装ひとつにもちょっと気をつければ負け試合も逆転に持ち込めるでしょう。

本格的な春が来るまでくれぐれもお大事にお過ごしください。


次回の更新は3/29(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/698

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.