2018/04/05 カテゴリ: つれづれ : 

炎上したクルーザー

ユング心理学の河合隼雄さんの『心の処方箋』という本の中に「ふたつ良いことさてないものよ」という表題のエッセイがあります。

これはどういうことかというと、何かよいことが起これば一方で何かよからぬこと、愉快でないことが起こる、それが人生というものですよ、という意味です。

言い換えれば、ずーっと良いことずくめで日常が過ぎてゆくとは思わない方がいいですよ、ということです。

これを人生の知恵として踏まえるならば「あらかじめそんな心構えでいれば、多くの日常のトラブルにも落ち着いて対処できるはずだ」という生き方のコツにもつながるでしょう。

河合さんは人生というものは良いこととそうでないことに量的なバランスが保たれていると思う、と述べています。

一方河合さんは「逆にいえば、何か悪いことが起こったとしてもそういう状況がずっと続くということもない、そうもいえるだろう」とも説きます。

そういえば昔から「怪我の功名」、「瓢箪から駒」、「人生万事塞翁が馬」「禍福は糾える縄の如し」といった言葉も知られていますが、これらも似たような教訓や経験に基づいているのだと思います。

また同じ本の中に何かイライラするようなときというのは、状況が十分見通せていないときだ、ということも書かれています。

イライラしているときに、しばしばその原因が何かよくわからないこともあるものですが、そういわれてみれば確かにその通りで、難しい状況にあるピンチのときでもその原因や対策に見通しのあるときは案外平常心で居られるものです。

イライラが収まらないときにこそ、頭を冷やしてその原因はなにか?と考えてみるべきなのです。

イライラしたときに何かに当たり散らすなどということは周囲にも迷惑ですし、原因が探れないところが最悪です。

先日加山雄三さんのクルーザーが炎上したということで、さしもの加山さんもすっかり憔悴した面持ちでインタビューに応じていらっしゃいました。

本当に沈痛この上ないことと思います。

これを「順風満帆だったこれまでの人生」に対するバランス取りだと考えてしまうとよけい落ち込んでしまいます。

でも逆に「きっとこんなにつらいことがあったのだから、それにつりあうような非常にすばらしいことがこれから起こるに違いない」ととらえることができればマインドセットは180度ひっくり返ります。

加山さんにはそのうち是非またすばらしいことを待ち受けて頂きたいものだと思います。


次回の更新は4/12(木)です。