執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : 健康 : 
2018/04/19 (9:00 am)
紀元前400〜200年ころの古代中国には陰陽五行説という養生思想がありました。

この思想では、森羅万象は「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(こん)」「水(すい)」の五つの要素から成ると考えられています。

うち、最も基本となる「土」を真ん中に配し、その周囲をその他の4つの要素が取り囲む形となります。

さらに、これが季節にも関係していて、木⇒春、火⇒夏、金⇒秋、水⇒冬という対応になるのです。

ここで「木」は「草木が芽を出し、万物が生じる季節」ということで春を象徴しています。

そしてこの季節、影響を受けやすい臓器は「肝と胆」であり、のぼせやすく、精神的に不安定になる傾向、女性は月経不順を招きやすい、とあります。

さらに「風」の強い季節で、「筋肉のひきつり」「涙目」「怒りの感情」「爪がもろくなる」などの症状が現れやすい、とも記されています。

前回ここで、夏バテならぬ春バテという「新しい健康ピンチ」が最近の話題になっていることを書きましたが、これはすでに古代中国の医術思想でみごとにとらえられているように思われます。

特にこの春は寒暖の差が激しく、強風の日も多いようですから「本来そういう季節なんだ」というふうに構えて用心していればピンチの日々もいくぶん乗り切りやすいかもしれません。

それにしても日本にはまだ文字もなかった時代に中国ではすでに膨大な健康に関する経験知が蓄積、体系化されていたのですから驚きます。

季節ごとの留意点を記したそのみごとな表は「五行色体表」と呼ばれ、こと細かな臓器や身体症状が「五」によるマトリックスとして整然と配列されています。

ちなみにこの五行色体表では、木(春)の季節にはスモモ(果)、ニラ(菜)、ムギ(穀)、鶏(肉)を食すればよい、という食養生の秘訣が記されています。

先人の知恵は何ともありがたいものです。


次回の更新は4/26(木)です。

  |  トラックバック数 (0)

このエントリのトラックバックURL
http://www.l-carnitine.jp/blog/modules/weblog/weblog-tb.php/702

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.