2018/12/13 カテゴリ: つれづれ : 

せっかく買ったものなのに・・・

椅子とか靴とか、毎日使うものなのに昔から私はあまりそういったものを選ぶのに強い興味を持つ方ではありませんでした。

けれども、ここ1−2年ほどはちょっと長く座り仕事をしていると腰や肩などがかなりこわばるような感じになってきましたので、思い切ってちょっと高級な事務椅子を探して買ってみました。

キャスターはついているのですが非常に大きくて重いものです。

やっぱり張り込んだだけのことはあるな、と思いながらしばらく使っていたのですが、どうも背中のフィット感がいまひとつだったり、座っているだけなのに足がしびれるような感じになったりと、どうもしっくりきません。

せっかくみつけて思い切りよく買ったのではありますが仕事が捗らないのではどうしようもありません。

結局ひと月ほども使ったかどうかで、また最初に使っていた古いものに戻ってしまいました。

その椅子は外国製のものだったようで、体形や大きさが日本人サイズではなかった、というところが敗因だったのかもしれません。

靴もそうで、気に入って買ったものもぴったりこなければこれは全身に悪影響が出てしまいます。

若い頃にはたしかに無頓着でよかった、それは身体の側にそれなりに可塑性があったからだと今にして思います。

そんなわけで、可塑性が失われてゆく以上、眼鏡にしてもパソコンのキーボードにしても寝具にしてもともかく毎日使うものについてはお金を惜しまない、また高くついたものでも気に入らなければ三日坊主も辞さない、とこんなふうにポリシーを変えつつある昨今です。

今年も残すところあと2週間余りとなってしまいました。

来年は何を買い替えようか、リストアップなど楽しみたいと思っているところです。


次回の更新は12/20(木)です。