2020/04/16 カテゴリ: 健康 : 

抑え込み!

カテゴリー:健康
タイトル:抑え込み!

ピンフォールという勝負判定がレスリングにあります。

両肩をピンで留めるようにリングの床に着けることができれば勝ちです。

ピンフォールの日本語は「抑え込み」です。

抑え込むということは、押さえつける力を緩めればいつでもむくむくと「相手」は起き上がってくるというイメージがあります。

今の新型コロナ対策はまさにそういうピンフォールといったたとえがピッタリです。

ただ、レスリングのピンフォールはあくまでもルール上のことなのですが、新型コロナの場合はルール無用であり、押さえつけは相手が萎えるまでなんとかして継続しなければなりません。

ここで気がかりなのは武漢の封鎖が解除されたことです。

一定期間の封鎖の結果起こっていることは.Εぅ襯紘造殆躊気掘⊇転媛修靴真諭垢亡くなってウイルスとともに火葬なりに付された場合、▲Εぅ襯垢鯤殕しているが感染先の人々の体内で生じた抗体によって中和され消滅してしまった場合、そもそも感染しなかった場合、ご鏡された人が無症状で過ごしている場合、の4つのケースに分かれると考えられます。

中国政府の仮説はおそらく 銑ですべて完結しているというものではないかと思われますが、心配なのはい離院璽垢任后

この人々が封鎖解除とともにまた「処女地」に移動してしまうとそこで新たな感染が生じてしまいます。

武漢のような大都会でい凌佑全くいないとは考えにくいことです。

その影響が現れるのは封鎖解除が行われてから2-3週間から1-2か月後ではないかと考えられます。

海外渡航は今のところ世界中で制限されていますから、封鎖解除による影響はまず中国のどこかのコミュニティーで現れる可能性が高いように思います。

これは日本でも同じことで、現在毎日カウントされている感染者数は2-3週間前の集団的な行動の結果です。

したがって緊急事態宣言の効果がひとまず見られてくるのは4月19日の週からひと月くらいの間だと予想されます。

こんな風にしてでも恐る恐る用心しながらある程度効果のある薬が行き渡るのを待つことになる筈です。

ということはこれはやはり長期戦を免れないということになりますから、ここは何としても工夫に次ぐ工夫で国民の気持ちを合わせることがいちばん重要になってきます。

次回の更新は4/23(木)です。