2020/07/16 カテゴリ: つれづれ : 

2回の裏、コロナの攻撃中!

北海道大学の西浦先生は新型コロナ対策をさまざま考えて政府にアドバイスをする役柄をしておられるその道の第一人者です。

その西浦先生が先日面白いたとえをしておられました。

現在の日本での感染の状況は野球でたとえれば「2回の裏」、しかもコロナウイルスの攻撃中だというのです。

これはなかなかよくわかる表現だなと感心し、私なりに解釈してみると次のようなことかと思います。

「1回の表裏」ではなんとか人間チームが競り勝った状態だったけれども、2回の表では無得点、そして今2回の裏でコロナ側が徐々に塁を溜め、ここ数日間は逆転気味におかれている、というニュアンスだと思います。

ただ、こんなことに感心している場合でないのはもちろんのこと。

なぜなら9回を戦ってゲームセットになるにはまだ相当時間がかかりそうだという暗示もそこには含まれているからです。

気になることは押され気味となる人間の方のチームワークが悪くなるということです。

たとえばPCR検査の数をなかなか増やせない医療体制vs.もっと他国のように検査をしろ、という論陣が対立。

東京都は日本政府との間で対立。

また「地方対東京」もぶつかりあっています。

いわゆる「夜の街」は敵がい視され、孤立しそうになっています。

Go Toという旅行に補助金を出す施策に対しては「感染者が増加傾向にある中で何を言っているんだ!?」という意見が衝突。

経済を再開しなければ社会が持たないという考えに対し、緊急事態宣言を急げ、という要望があります。

医療現場で危険と戦いながら、ふだんよりも報酬が少ないというとんでもない事情があるかと思えば、とくに不自由なく通常の収入を得られる人も少なくありません。

2回の裏でこの状況ですからこれが3回、4回となっていき、うんと点差が開いてくれば対立の図式はさらに細分化され、複雑化してきます。

海外には、1回の裏ですでにコールドゲームになりそうな国もあることは周知のとおりです。

人間そう簡単に仕事や立場を変えるというわけには行きません。

ですので、結局のところ「助け合いの精神」のようなことを発揮して行くことが基本的に重要ではないか。

たとえば、テレコンで済む仕事をしている人は「必ずテレコンにする」といったことを徹底する。

経済的に余裕のある人は寄付やクラウドファンディングのようなシステムを積極的に検討する。

そして何より、自分から発して身の回りの人に感染させないようなふるまいを徹底する、といった「基本中の基本」がますます大事になってくると思います。

ここへきて、大洪水あるいは地震の予兆なども重なりつつあります。

対立軸が増えてくる状況の中ではそれぞれの軸に自分自身も考えをさしはさみ、「どちらが正しいのか?」ということを考え続けることが冷静でい続けることの秘訣になってくるのではないでしょうか。

だれにも正解はわからないという認識も重要なことで、そうすれば無用の対立をクールに避けることにもつながるように思います。

次回の更新は7/23(木)です。