2020/11/05 カテゴリ: 健康 : 

新型コロナとは「大政奉還」方式で折り合いをつけたいものです

ウイルスやバクテリアなどは世の中の至るところに溢れています。

息をするたびに、何かに触れるたびに、また何を食べても飲んでも私たちは微生物に暴露されます。

けれどもそれらの大半は身体にはいっていても問題がなくいわば平和裏に折り合いがつけられるため、私たちはその存在にすら気付きません。

つまり何かに感染しているが無症状という状態はまさに「日常茶飯事」というわけです。

カゼひきの原因は複数のウイルスによりますが、カゼを引いてしんどいなどというのは「微生物と身体の交流」が体感されるむしろまれなケースといえます。

かりにもしカゼに罹ったとしても苦しいのは一両日で、数日もすれば免疫の力できれいに治ってしまいます。

新型コロナを通じて免疫という言葉はたしかに身近なものになりました。

ですが、これへの立ち向かい方については人それぞれにもっているイメージが異なるようです。

「マスクをしたり、手洗いをしたりすることによって感染を完璧に避けるのだ」とある人は思っています。

またある人は「感染して免疫を成立させることが大事だ」と考えています。

こういうことは一般の市民の中で「見解」がわかれているだけかといえば、そうではありません。
テレビなどに登場する専門家の間にもこのふたつのイメージの持ち主に分断されているといってもよい状況にあり、これこそが自粛をせよ、その必要はない、というエンドレスの論争の原因になっています。

しかし、結論から言って最も良いのは「感染したが無症状である」という状態になることです。

エアフィルターのついた無菌室に籠っていたら絶対感染することはありませんが、感染しないのなら免疫を成立させることもできず、リスクはずっと高いままです。

日本をはじめとする東アジアの人々が欧米や南米、南アジアなどに比べて極端に重症化率が低い理由は何でしょう。

手洗いやマスクの励行、ロックダウンの実施で説明できないことはもはやはっきりしているはずなのに、日常の報道を見るかぎり「説明」はその範囲に固執してなされているように見えます。

PCR陽性というのは感染とはまた別のことであり、これの累計数を出したり「PCR陽性者」を「新規感染者!」と大仰に報道したりすることは誤解を招くばかりだと思います(重傷者や死者が激増したら話は別ですが、欧米ですらそうはなっていません)。

大事なことは「無症状」で過ごせているかどうかであってPCRの結果がどうだったかではありません。

山中教授のいわれるまさに「ファクターX」がカギになりますが、この「ファクターX」には手洗いやマスクが含まれていないことをもはや私たちはよく理解すべきだと思います。

「集団免疫の成立」がおそらく「ファクターX」そのものだと思われます。

私たちの中でそれ(集団免疫)が「弱いウイルス」に順序良く少しづつ感染して行って成立したものである可能性、あるいはBCGワクチンの接種がさらにそれを強めている可能性、こういう考えをあてはめて行くことでしか現状の理解はむつかしいと私は思います。

もちろん油断は大敵ですが、まずは普通に暮らすことで「無症状の感染者」が広がってゆくイメージをもつことが大事なことでしょう。

無症状の感染というのは「戦争をしたが全くけが人も死者も出ずに決着がついた」というあたかも明治維新の大政奉還のような状態です。

戦争が避けられないのならば、「大政奉還型」がベストの結末であることは言うまでもありません。

つまり無血革命です。


次回は11/12(木)に更新の予定です。