2020/11/26 カテゴリ: L-カルニチンについて : 

「すぐに体重が増えてしまう」のは先ず喜ぶべきこと

ダイエットしたい!と切望する人にとってみれば体脂肪はまさに撲滅の対象になります。

体脂肪は体内の組織のひとつですが、これほど目に見えて増減を観察できる臓器はほかにありません(強いて挙げれば髪の毛くらいでしょうか)。

筋肉のボリウムも増減しますが、その変化は脂肪組織に比べればはるかにスローです。

一日単位で変動する単純な体重は脂肪の変化によるものではなく、主に糖質とともに移動している水分の影響によるものです。

ただし1〜2か月程度の期間に体重が漸増か漸減していれば、それはほぼ体脂肪の変化とみてよいと思われます。

また、体脂肪の増減は運動によるよりも食事の影響を大きく受けます。

少し意識して食生活を変えてみると、体重が目に見えて増減し始めます。

これから年末年始を迎え、少し食生活もリッチになる機会が多くなりますが、そんなとき体重はやはり増えがちです。

あーあ!とがっかりする人もあるかもしれません。

けれども少しハメを外した時にすぐ体重が増えるというのはその人がともかくも「健康である」ということの証(あかし)です。

わけもなく体重が減ってきたとしたら!・・・、その時こそ大いに気をつけなければなりません。

やや風変わりな方法ですが、数日間好きなものをうんと食べてみたときに体重が増えるかどうか?で総合的な健康診断ができるでしょう。

そしてひとときの美食と飽食の後、「体重増」が確認された時点で心置きなく今度は必要に応じて健康体重をめざすモードに入っていけばよいと思います。

お腹周りが85センチというメタボリックシンドロームの診断基準がありますが、それはあまり気にせずとも、いかにも「ボテッ」とお腹がせり出している場合にはやや勇んでダイエットに挑戦して頂きたいものです。

ズボンがゆるゆるになってきた、膝が楽になってきた、という感覚はなかなかすがすがしいものです。

体調良くそういう方向に進んできた段階でL-カルニチンを摂取することで、よりスムースにチューンアップできることが期待されます。

L-カルニチンには「自ら助くる者を助く」という特徴のあるサプリメントです。


次回は12/3(木)に更新の予定です。