2021/01/07 カテゴリ: このブログのこと : 

さて、今年はどんな発想の転換がはかれるでしょうか?

明けましておめでとうございます。

おかげさまで今年の2月でこのブログも15年目の節目を迎えます。

その間世界的な金融破たんも起こりましたし、10年前にはあの大震災も経験しました。

その都度「百年に一度のピンチ」といったような表現が飛び交いました。

そして今また我々は地球的規模で百年に一度の感染症に手を焼いています。

けれども、どんなにたいへんな動転でも結局は終息して行きます。

さて、かく言う私も昨年はひどい慢性の肩こりに悩まされ続け、あの手この手を試しながらなんとか切り抜けてきたというのが実感です。

年末から年始にかけての数日間意識的にパソコンから遠ざかりました。

すると、何をやっても動じなかった肩こりがはっきり遠ざかりました。

この劇的な変化には驚きました。

でも・・・昨日からまた本格的な仕事を再開すると、またすぐに「嫌な感じ」が少し兆してきました。

それで今回はパソコンのディスプレイを100%から150%に拡大表示することにしました。

いつまで続くかはわかりませんが、明らかに眼が楽になったように思います。

机の高さ、椅子の高さ、クッション、背もたれの角度、とこれまであらゆることを試してみましたが今回の対応がいちばん当たっているかもしれない!とひそかに期待しているところです。

昨年在宅リモートの仕事が増えたせいで、眼精疲労が極に達していた可能性は十分考えられます。

身体状態は時と共に減衰しているのに人生で最も長く、最も多く細かい文字を睨んでいたのかもしれないのです。

コロナ対策にも一般的に推奨されている方法がたくさんありますが、最終的な微調整は結局自分であれこら試しながら進んでゆくしかないと思います。

健康に感謝しようと年の始めに思うのはいつものことですが、今年はコロナを前に、いつもにも増して創意工夫を怠らず自分なりのベストコンディションをめざして行こうと決意を固めているところです。

座り方、姿勢、呼吸、運動、食べ物、飲み物、睡眠、そして人間関係など気を配る対象には事欠きません。

サプリメントについても「新しい悟り」を開けるように今年は突っ込んで考えて行きたいと思っています。

どんな発想の転換がはかれますことやら。

どうかまた一年お付き合いくださいますよう、よろしくお願い致します!

次回の更新は1/14(木)です。