2021/08/26 カテゴリ: つれづれ : 

レジリエンス、レジリエンス、レジリエンス!!!

レジリエンス(resilience)という言葉には復元力という和訳があります。

トラブルや困難があっても「なんとかかんとかやってゆく底力」というイメージですね。

コンピューターやウェブネットワークなどでも一部に少々のバグや不具合があっても全体として稼働し続けるしくみがあり、これにもレジリエンスという言葉が使われます。

今回のオリンピックではとりわけ池江璃花子選手の頑張りが感動的でした。

不治の病とも目される白血病に冒された人。ただ生きながらえるというだけでも大変なことです。

なのに、あのような大舞台に戻ってきて立派に戦えるんだという奇跡を目の当たりにして、巨大な勇気をもらいました。

もちろん医学の進歩にも驚くほかないのです。

ただ身体能力の復元以前にどん底から復活するためにまず必要なことは「ぜったい復活するぞ!!!」という心のレジリエンス。強烈なまでの信じ込み。これがなければどんな医療技術をもってしてもあのような奇跡は起こりません。

一昨日からはじまったパラリンピックは、そういう意味ではとてつもなく強靭なレジリエンスの集積がさまざまに交錯し合う場です。

どんな新鮮なショックを与えてもらえるか、楽しみにしながらテレビ観戦したいと思います。

次回の更新は9/2(木)です。