栄養素の常識・非常識・「脱」常識 記事一覧

猛暑の中のウサギ跳び

元祖スポコンもの『巨人の星』は少年マガジンに連載されていました。読んでいた私は小学生でしたからなんともう半世紀前(!)にもなります。星飛雄馬は根性の塊、それを描くのに最適だったのはモーレツなウサギ跳びでした。中学に入ってから運動クラブに...
続きを読む >

献血で健康

活性酸素は私たちのからだの中で不要な細胞を分解したり、外敵として侵入してきたバクテリアなどを撃退したり、女性の毎月の排卵を助けたり・・・とさまざまに重要な役割を演じています。その一方で活性酸素は健康な細胞を傷つけたり、遺伝子の情報を狂わ...
続きを読む >

「ちょいローカーボ」で決まり!では?

「ヒトが現在のように飽食になったのは全人類史の中で非常に最近(たとえば終戦後数十年)の出来事である。一方ヒトの身体は有史以前からほとんど変化していない。だからオーバーカロリーの生活習慣病が蔓延してくる。」以上のような話を聞かれたことがあ...
続きを読む >

悪い習慣が最も心地よい!というキケン

せっかくいろいろなもので勉強し、理屈的にも納得してはじめた「正しい姿勢」がかえって筋肉の疲労を呼ぶという皮肉な状況を私は経験しました。ここで思い至ったことは、背骨が大きく曲がってしまったお年寄りなどのことです。あんなに腰を曲げていては重...
続きを読む >

正しい姿勢を心がけて・・・逆に疲労困憊!

ねこ背になると、ボウリングのボールほどにも重い頭部を支えている首や肩、腰にとってとてもつらい姿勢だということがわかります。私は「机作業者の職業病」として20年以上にもわたってそういう好ましくない姿勢を取り続けていたせいで、慢性の肩こり、時...
続きを読む >

重い頭を支えているけなげな「首から下」

ヒトの頭部の重さがどのくらいあるか、お考えになったことはありますか。首から上の重さは体重のおよそ10%程度になります。例えば体重55キロの人の場合であれば5.5キロに相当します。ところでボウリングのボウルを思い出していただきたいのですが、たとえ...
続きを読む >

職業病!

私のからだの3大トラブルとして偏頭痛、肩こりそして逆流性食道炎があることについて前回お話ししました。ところで、昔ワープロを使うようになった初期のころにはキーボード操作にも慣れず、また文節変換機能など機械の方もとても不器用でした。それで、...
続きを読む >