フードファディズムについて 記事一覧

2008/10/23 カテゴリ: フードファディズムについて

納豆3パックvs. バナナ2本

世界広しといえども「納豆3パックvs.バナナ2本」と聞いて、ピンとくるのは日本人だけだと思います。また、こういう話題について何か言おうという人があれば、その内容によってその人の思考回路、ライフスタイルまでが想像できると思われます。例えば、たく...
続きを読む >
2007/04/06 カテゴリ: フードファディズムについて

今はまだ混乱の中

さらにリバウンド現象というものを考えてみると、「無くなってしまった方がよいようなサプリメントが実在する」ということもまた、事態を複雑にしています。つまり、きちんとものをみて判断しなければ、どの論理がどの現実を批判しているのか、まったくわ...
続きを読む >
2007/04/03 カテゴリ: フードファディズムについて

残念なリバウンド現象

また逆に、一部の健康番組のあり方が徹底的に批判されることによって、同時に「本当はすぐれた番組」が自粛されてしまうような風潮(ある種のリバウンド現象)が出てくるのも、困ったことだと思われます。特に、フードファディズムのリスクを単純に強調す...
続きを読む >
2007/03/30 カテゴリ: フードファディズムについて

本当に重要なこと

そんなことは許されない、と世論が動き、番組が放送中止となったことは周知の通りですが、本当を言えば、そのような情報に踊らされてはいけない、というメッセージを視聴者に投げかけることが、もっと重要ではないかと思いたくなります。私は、元来、性悪...
続きを読む >
2007/03/27 カテゴリ: フードファディズムについて

信じ込ませる常套テクニック

なぜ、そう簡単に「何かが身体によい」と信じてしまうのでしょうか?そこには、「信じ込ませるテクニック」というものがあるはずです。言ってしまえば「科学の装いをもたせること」、「権威のある人が語っているように見せかけること」、そのようなテクニ...
続きを読む >
2007/03/20 カテゴリ: フードファディズムについて

妄信者への扇動

「マニア」とはある意味では「違いがわかる人」だと考えれば、「ファディスト」は「妄信する人」という感じがします。つまり、それを信じている人自身、ものが見えていないという状態です。フードファディズムの場合、そこに何らかの商業主義とか悪意が差...
続きを読む >
2007/03/16 カテゴリ: フードファディズムについて

フードマニア、フードオタク、と違う“フードファディズム”

また、仮にフードマニアやフードオタクという言葉である種の人を呼んでみても、それはむしろ「食通」とか「美食家」とかむしろポジティブな意味合いも帯びてきます。逆に、フードファディズムという言葉からは、「その人たちの勝手」として放っておけない...
続きを読む >
2007/03/13 カテゴリ: フードファディズムについて

Fadということば

辞書を引くと、“fad”は「流行かぶれ、気まぐれな物好き」と出ていますから、別に食品に限らず、あらゆる流行を追う風潮は、「○○ファディズム」といっていいのだろうと思います。たとえば、「外国かぶれ=外国ファディズム」とか「ブランドかぶれ=ブラ...
続きを読む >