食の安全 記事一覧

2012/05/17 カテゴリ: 食の安全

お酒の不思議

何らかの新しい成分を食品として使用してよいかどうかということについては、かなり詳しい当局(厚生労働省)による検討を経て行われます。L−カルニチンは2002年の年末に食品としての使用認可判断が得られましたので、今年末で10年になります。この10年...
続きを読む >
2008/09/25 カテゴリ: 食の安全

食品事件の悪質さにもいろいろある

中国製冷凍餃子事件、賞味期限偽装、産地偽装、事故米の次は中国製乳製品のメラミン混入問題が発生しました。切りがないような状況ですが、これらをすべて「食の安全の問題」としてくくってしまうと、ことの本質があいまいになる可能性があります。まず、...
続きを読む >
2008/09/18 カテゴリ: 食の安全

混乱と混沌

食の偽装問題は結局後を絶たず、何月に何があったかを覚えていられない感じになってきました。今回の事故米・汚染米問題はうなぎのようにそれ単独で消費者に届くという単純なものではなく、主食類、菓子類からアルコール飲料に至るまで非常に広い範囲の製...
続きを読む >
2008/03/06 カテゴリ: 食の安全

中国餃子問題とフードマイレージ

フードマイレージは一方で炭酸ガス排出の問題をも提起しています。1トン(t)・km、つまり1kgの食物を1000 km離れたところから運んでくるために(あるいは1tの食糧を1km運んでくるために)飛行機を使えば1500g、トラックでは180gの炭酸ガスが排出されると...
続きを読む >
2008/02/28 カテゴリ: 食の安全

「フードマイレージ」のもつ根深い意味

食料の調達と環境に関して最近有名になってきている考え方に「フードマイレージ」というものがあります。これはもともと2001年に発表された農林水産省政策研究所の中田哲也さんのアイデアだということです。フードマイレージというのは、ある食品が消費者...
続きを読む >
2008/02/07 カテゴリ: 食の安全

中国産餃子の問題

テレビの健康番組事件から一連の偽装や賞味期限問題が矢継ぎ早に勃発した2007年が明けたと思ったとたん今年は早々から餃子の事件です。事の真相はまだほとんど解明されておらず、今は現地の工場や流通ルート、被害地域に点在する状況証拠がひとつずつ挙が...
続きを読む >
2007/11/29 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その5

−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題ぁ檗            ゝ掴世垢襪海箸里爐困しさ食を揺るがす問題についてこのブログで考えてきたこの何ヶ月かの間に、NHKテレビなどで食糧問題の特番が組まれ、つい先ごろも米作農家や評論家を交...
続きを読む >
2007/11/22 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その5

−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題−        大量の食品が今日も廃棄されている賞味期限切れ製品や食べ残しなど、食品関連の産業から発生する食品廃棄物は年間1100万トン(2006年度「食料・農業・農村白書」)に及ぶのだそうです...
続きを読む >
2007/11/15 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その5

−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題◆檗              ゝ格外食品の利用食品の原料となるもの、たとえば野菜にせよ魚にせよ、形が悪かったり、傷がついていたり、あるいは定型サイズより大きすぎたり小さすぎたりするものは...
続きを読む >