執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : つれづれ : 
2008/10/09 (6:52 pm)
一昨日3人の日本人のノーベル物理学賞受賞に関するニュースが流れ、そしてまた昨日は下村博士の化学賞が付け加わりました。

このところ政治も経済も愉快な話題が極端に少なかったので、久々に明るい気分になれました。

マスコミからのインタビューに対してどの先生の語り口からも驚きと喜びが表現される一方、その高揚を理性で抑制しながらの淡々朴とつとした語り口も共通していてとても印象的でした。

物理学賞の受賞理由となった素粒子に関する研究内容については極めて難解ですので、私などには到底理解不能です。

ただ今回、私は小学生の頃伝記で読んだ湯川博士あるいはその盟友であった朝永博士などのことを思い出しました。

下村博士のクラゲの発光タンパク質は幾分目で見て親しみやすいものに映りますが、理論物理学は特に門外漢には近寄り難いものです。








ただ今回受賞の対象となった研究は1960-70年代に行われたということですので、1949年受賞の湯川博士や1965年受賞の朝永博士らの時代に近い感じが素人の私にも伝わってきたのかもしれません。

それはともかく、今回報道番組の中でも科学コメンテーターと言われる人たちが登場し、その研究のエッセンスについて一般視聴者にもわかるような表現で解説をしていました。

もちろんだからといって素粒子の非対称性だとか6つのクォークだとかいうものが何であるのかはほとんどわからないのですが、それでもそれが、原子核のある種の構造や状態を理論的に予言したものであること、それがつい数年前に実験的に証明されたことなど、その分野の学問の進展ステップのような事情については理解できたように感じました。

こういうことはメディアの進化による一種の専門知識の民主化のようなものですが、「中間子理論(湯川博士)」や「くりこみ理論(朝永博士)」の時代にはなかなか行われなかったことだったように思われます。

突然ノーベル賞から話が飛んでしまいますが、今般私たちは一般の方向けのL-カルニチン情報サイト「カルニピュアランド」をリニューアルしました。
http://www.l-carnitine.jp/carnipure_land/index.html

クォークほどではないにしても、L-カルニチンの関与する細胞やミトコンドリアといった身体の中の場所も、分子としての脂肪やL-カルニチンそのものも人が目で確認することの難しい極微の世界で起こっている現象であることに変わりはありません。

「脂肪が燃焼する」という場合の「燃焼する」という言葉はむしろ専門用語の類ですが、これを日常生活で目にする「燃える」という現象から直接イメージすることは困難です。

そこで、その本来目に見えないものを説明するためには「例え話」を用いることになります。

例え話やイラストは現象を大まかにしか伝えられませんが、それでも科学的な正確さを損なうことなくその姿をある程度描き出すことはできると思います。

新しいカルニピュアランドもそういう科学的事実のエッセンスを保ち続けることにこだわりながら、少しでも閲覧頂いた皆さんに親しんで頂けることをめざしてリニューアルしてみました。

ご意見、ご質問などをお寄せ頂ければ幸いです。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

次回の更新は10/16(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2008/06/05 (5:12 pm)
一昨日(6月3日)のこと「食糧サミット」という世界会議がローマで開会し、ここで福田首相が、日本政府によって備蓄されている輸入米30万トン以上を拠出すること、途上国の食糧増産にむけて52億円の緊急支援を行うことなどを表明したと伝えられています。

また、食糧作物であるトウモロコシと農耕地を競合することになるバイオ燃料用作物(これは米国が推進しているものですが)に対して懸念を示し、かわりに廃棄物などを利用するバイオ燃料開発の必要性を訴えたそうです。








これについて、いくつかすぐに思ったことがあります。

まず、こういう話は具体的でわかりやすく見えるということです。

食糧自給率の非常に低い日本から食糧を輸出するという決断はかなりのものと思われますが、ともかく現在飢餓に瀕している地域の人たちに対して行えば即効性のある貢献として、ごく単純に評価できるのではないかと思います。

また、52億円という数字がどこから出てくるのかはわかりませんが、これも有効に使用されるならば私たちの税金の使い道として悪くないと思われます。

またバイオ作物が急速に拡大している大きな原因の一つは米国によるバイオ燃料の推進であるという観点からは、日本がその動きに対してはっきりと一線を画した表現をとったということも珍しいことで、これもよいのではないでしょうか。

このような福田首相の言動をさして、政治ショー的なスタンドプレーであると批判することもできるでしょうし、洞爺湖サミットの伏線を張っているだけだとみる見解もあるでしょう。

しかし、たとえそれがその通りであったとしても良い方向の提案を世界の人たちに目に見える形で発言するということは是非必要なことと思います。

と、ここまでを前半の議論とすれば、後半にはもっと私たちが知らねばならない事実がたくさんあるのではないかということを言ってみたくなります。

ここでいう、30万トンだとか、52億円だとかの拠出の議論が日本国内でどれほどなされたのか、少なくとも私の印象には残っていません。

代わりに、日銀総裁がなかなか決まらなかったことや、ガソリン価格の乱高下が起こった話、ねじれ国会を乗り切るために憲法59条の発動という珍しい(由々しき)手段を使ったことなどが記憶に残っています。

第一、食糧サミットというようなものの存在すら私は知りませんでした。

外遊演説はある変化に対する迅速な対応の結果であるかもしれず、その点では外国に渡っての緊急アピールも意義は大きいのでしょう。

しかし、何と言うか、私たち国民は昨今の政局がどちらにどんな速度で展開しようとしているのかがますます読みにくくなっている時代にいつのまにか突入してしまったような、かつて経験したことのない空気の中に放り込まれたような気がして仕方がありません。

それにしても、昨年食糧問題が目についてしばらくブログを通じて考えてみたのですが、この件は特に我々の想像力が追いつかないくらい急速に難しい方向に進んでしまっているように感じます。

あの頃、食品偽装で問題の発覚した船場吉兆はすでに廃業してしまっています。

つい1年前まで誰がそんなことを想像できたでしょうか。

ところで、そんな世相の中、内臓脂肪持ちすぎというメタボ対策の記事が飢餓を伝える記事の隣に出たりするアンバランスな現実を見ると、鈍化した私の感性もその矛盾に戸惑います。

日本人の貯蓄は世界に冠たるもの、と言われてつい先ごろまでは1400兆円などと報じられていました。

こういう資産の多くを使うことなくたくさんの人が他界してしまうようです。

墓場にお金を持ってゆくことはできないので、これは滑稽なことですが、その気持ちは同じ日本人として私にもよくわかります。

一方、内臓脂肪について言えば、これを燃やしてエネルギーにすることなく、持ち続けたまま生涯を終える人は多いということが言えるでしょう。

これはなんとも皮肉なアナロジーです。

しかし、一方今や日本人の個人資産は半分くらいに目減りしており、700兆円そこそこだ、という見解を聞いたこともあります。

これまた本当だとすれば、あっという間のことで、個人や国家の経済の状況もまたかつて経験したことのないような猛烈な変化の波にさらされていることは間違いなさそうです。

それに対して、内臓脂肪はそう簡単にはなくならない、と言いたいところですが、恐らく何らかの状況で食糧難に陥ればあっけないくらい簡単に内臓脂肪は使い尽くされ、それこそメタボは問題ではなくなるでしょう。(そしてもっと深刻な変調があちこちに現われます)

・・・最後に。

アンバランスな現実といえば、未曾有の人々がその惨事の状況も把握できないほどの危機に瀕している地域をもつ国家が、同時にオリンピックといういまや国威向上のツールともなってしまったイベントを開催するということも極めて複雑な状況に違いありません。

その天災の直前にあったチベットにおける騒乱について、その驚きや憤り、矛盾の記憶がすでに彼方に消え入るのを感じます。

これもまたスピードが速すぎる話です。

次回の更新は6/12(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2008/05/22 (7:29 pm)
75歳以上の人は後期高齢者と呼ばれるわけですが、この世代の人たちは大正から昭和一桁の生まれです。

これら年代層の人たちに共通することの一つは「物のない時代に育った」ということです。

特に第二次大戦後の食糧難の時代を経験していることは最も大きな特徴です。

その年代の人と話しているとしばしば「自分たちは物のない時代に育ったから」という枕詞をつけながら、「食べ残しはもったいない」だとか「タマゴやバターは贅沢品にみえる」とかいうような感想を聞くことがあります。

またそういったことを何度も聞かされてきたのは私のような中高年の世代が子供だった頃のことだったと思います。

正直なところその頃は、それを聞かされることは「贅沢な近ごろの若い者」に対する一種のお説教であり、私には煩わしいことでした。

昨今、新聞の一面に食糧難の記事が出ることは珍しくありません。

今のところ日本ではパニックになるような深刻な事態にはなっていませんが、途上国の状況は相当深刻であり、今度の洞爺湖サミットでも重要な懸案事項となるはずです。







しかし、ついこの前のゴールデンウイーク中のこと、いつも食べていたチーズの厚みがはっきり薄くなっていることに気付いて、これはかなり驚きました。

一袋あたりのソーセージの数が減るだとか、細くなるだとかいったことは話に聞いていましたが、実際何の前ぶれもなく食べ慣れた食品に目立った変化が現れていることを改めて知ると、何だかそら恐ろしい状況がもう私たちの背後に忍び寄っているのかもしれない、という嫌な感覚におそわれました。

戦後の食糧難といっても、昭和30年代生まれの私にはもうほとんど何の実感もありません。

もちろん私が子供だった頃には今のようにコンビニやスーパーで調理済みの食品が安値で並んでいるというような状況ではありませんでした。

しかしそれでも商店街には年々食材は豊富になる一方であり、不安を感じるようなことはありませんでした。ただ一度の例外は1973年に起こったトイレットペーパーパニックの時くらいでしょう。

しかし私の親の世代(大正から昭和一桁生まれの世代)は実際に途方もなく厳しい食糧難を体験しているのです。

つい一世代前にそういう経験があるということからして、もしかしたら私たちの次かあるいはその次の世代(平成20年代生まれあるいは平成30年代生まれ)が社会の中核になる頃の日本にはまたふたたび食糧難がやってくるのかもしれないと不愉快な予感が頭をよぎります。

第二次大戦後に起こった食糧難は戦争という極めて特殊な状況の下、敗戦国において局所的一時的に起こったことですが、現在のそれは特に何かの社会的事件が引き金になっているのではなく、地球人口が終戦後の3倍以上に増えていることに基づき、世界的に起こり始めている現象です。これに異常気象やバイオ燃料といった環境問題が複雑に絡み合っています。

ところで、後期高齢者の人たちの典型的メンタリティー「自分たちは物のない時代に育ったから・・・」という言葉は今の私には非常にたくましく、あるいはカッコよく響く気さえします。

あって欲しくないことではありますが、仮に今よりも食糧や物資が潤沢でない状況に陥った場合、今度は後期高齢者となった私たちが何を枕詞にするかといえば「自分たちは物の豊富な時代に育ったのだから、そんな厳しい状況は我慢できない」ということにならざるを得ません。

これは何とも脆弱でたよりないコメントに響きます。

新聞の一面に報道されている世界食糧危機のニュースの隣にメタボリックシンドロームの記事が出ているのを見たとき、私はとても奇妙な感覚を覚えました。

もしかしたら、国を挙げて「メタボ撲滅」などとやっていた日々は遠からずお気楽なナンセンスな時代として語られるのではないかと思います。

船場吉兆という超一流料理店での食べ残しの使い回し事件が起こりました。

それはそれで論外ですが、一方で私たちは部分的にしか利用しない食材のことも真剣に考え始めるべきだという気がしています。

次回の更新は5/29(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2008/05/01 (6:13 pm)
私が高校生だった1970年代の半ば頃までは理科系学部の中では石油化学や電子工学が花形でした。

一方農学部といえば少々流行遅れのニュアンスを帯びていて、あまり元気がない学部のように見えました。

ところが、1980年代に入って遺伝子組み換え技術が盛んになると、農学部の中心課題は急速にバイオテクノロジーに移って行き、以降長らく特に農学、とくに農芸化学の分野では分子生物学、生化学、発酵工学などと見分けのつかないような研究が多く行われました。

それから20年を経た現在、農学の役割は元来のミッションであった食糧生産という問題とまた急速に向き合うことになってきているのではないかと思います。

どういう作物がどういう土壌で作れるか、どういう品種を開発することによってどれだけ作付けが広がるのか。

こういう課題は、本当に農学の農学らしい側面であるように見えます。

けれども、これはいくつかの理由により、昔の農学に回帰するといった単純なことではないと思われます。

一つは、過去20年以上に渡って発達してきたバイオテクノロジーの技術が現在かなり実用に移せるレベルになってきているということがあります。

その典型的なものはバイオ作物、特にある種の農薬に耐性をもつ作物の開発が挙げられます。

こういう遺伝子組み換え的なアプローチは昔の農学には不可能なものでした。






二つめは、植物資源を積極的にエネルギー源として活用するいわゆるバイオ燃料の開発です。

この、燃料としてのエタノール製造を行う発酵技術そのものは特に新しいものではないかもしれませんが、バイオ燃料が化石燃料に変わる新しい燃料として劇的に需要を伸ばしているため、食物用の作物と競合するようになってきました。

これが非常に大きな問題になっています。そのため食用作物との競合性のない植物資源の利用をはかるための研究はきわめて重要になってきます。

また、必ずしも肥沃とはいえない土地に耕地を拡大するための品種の開発なども必要なはずです。これらはすべて過去に農学という分野が直面しなかった新しい局面といえます。

この局面の底のほうには中国やインドを筆頭とするアジア諸国の人口爆発、あるいは経済基盤の変化といったことが現実に横たわっています。

つまり気候変動、食糧問題、エネルギー問題、人口問題、これらがクモの巣のように複雑に関連しあう構図の中で、地球の「表面」に棲む人類が急速な変化対応を強いられているのです。

こういうマクロな問題を扱うのは農業経済という分野になるはずですが、この分野もまた旧来の枠を大きく拡大させながら早期の解決策を生み出す責務を負い続けています。

このような意味で、私はこれから農学という分野が総合科学分野のひとつの核として、かつてないミッションを帯びてくるに違いないと思っています。

この思いは、昨今新聞の一面に食糧難がもとで世界中の各地に暴動が起こっているというニュースを見るたびに強まってきます。

中でも驚きを禁じえないのは、今日もはや当然の状況として耳目になじんできたこういう問題がほんの半年前、1年前には大して目立ったものとして私たちの目に映じてこなかったという、その事実です。

中国やインドの人口問題などは特にここ1年で大きな変化があったというようなことではありません。

1年後にはどういうことになっているのか、これは人間の想像力の限界といったことに関係しているはずだと思われます。

次回の更新は5/8(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2008/04/17 (7:05 pm)
医薬品の開発に臨床試験というステップがあります。

その目的は候補となる医薬品を実際の患者さんに試して効き目を確かめることにあります。

そこで重要なことは「患者さん」が確かにその試験目的の疾患をもつ患者さんであることを保証することです。

つまり、ある薬がAという病気を治す目的で開発されたなら確かにそのAという病気にかかっている人を対象に選ばなければならないということです。











例えば、II型糖尿病の医薬品の臨床試験を行う場合、その被験者は確実にII型糖尿病にかかっている人でなければなりません。

それで、たくさんの候補の中からII型糖尿病の患者さんを探すことになります。

その過程をスクリーニングといいますが糖尿病の場合、「真の患者さん」を選び出す初期の段階で一定期間運動やカロリーコントロールの指導を行います。

そのような運動療法や食事療法を経ても改善しない人を集めることによってはじめて目的とする薬の効き目を評価できるようになるわけです。

ところが、実際そういうことを始めてみると、被験者候補の人に運動とカロリーの管理を施した段階で半分以上の人が治ってしまった、ということがよくあるのです。

治ってしまった候補の方にしてみれば被験者スクリーニングに参加して健康を取り戻せたのですから、こんなに結構なことはありません。

しかし薬を開発する側はその分被験者集めに苦労することになります。

とくに糖尿病や高脂血症などのように栄養過多や運動不足が原因となって起こる病気の場合、そのような節制によって「自然治癒」が見られやすいという傾向があります。

逆に言えば、もはや運動や食事の状況を改善しても治らない場合にこそ医薬品は本来の使命を発揮するということでもあります。

医薬品開発で行われるこのような生活改善指導は「介入」と呼ばれます。

介入されることによってこれまでの食習慣や運動習慣が変わります。

このような生活習慣の変化のことを「行動変容」といいます。

「なくて七癖」とか「習慣は第二の天性」とかと言われるとおり、人はだれでも普段の生活の中で個々人のスタイルを持っています。

その生活スタイルが栄養過多と運動不足である場合、何年か経てばメタボリックシンドロームに近づく可能性が高くなります。

一般の人は通常誰にも介入されずに暮らしていますから、なかなか容易に行動変容することができません。

やるとなれば自分自身でやらなければなりません。

そのためのあの手この手がいわば世の中にあふれかえっている、昨今の健康世相をそんな風に考えることができるかもしれません。

新しく買った乗馬マシーンに乗りながらテレビを見ること、ビリーズブートキャンプでかなり過激な運動をはじめること、などなど。

これらはすべて行動変容のきっかけが販売されているようなものです。

サプリメントを試すこともその一つかもしれません。

せっかく買ったサプリメントが無駄にならないように、そう考えてカロリーコントロールやちょっとした運動を始めるとすれば、それは理にかなった成果につながる可能性大だと思われます。

一方逆に「このサプリさえ飲めばもう不摂生しても大丈夫だ」などと考える人もあるかもしれませんが、これはもちろん要注意です。

次回の更新は4/24(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2008/04/03 (11:20 am)
最近グリシンという製品が品薄になって価格が高騰している、という話を聞きました。

グリシンというのは私たちの身体に必要なアミノ酸の一種です。

この価格がなぜ高騰しているのか?ということについて少し調べてみました。








グリシンはある農薬(除草剤)を製造する際の原料として使用されています。

これは除草剤なので、ふりかければどんな植物も死滅します。

しかし、一方この農薬をふりかけられても平気で生きてゆける作物が作られており、いわばこの除草剤と作物をセットで用いれば不要な雑草だけが駆除され、必要な作物を難なく得られることになります。

このような作物はいわゆる遺伝子組み換え作物の代表例です。

遺伝子組み換え農作物については、国によってこれを認めるところと認めないところがあり、目下のところ食糧作物としての普及は限られています。

しかし、地球温暖化対策としてエタノールなどのバイオ燃料を生産する目的であればこういう作物は世論の反対なく受け入れられることになります。

というわけで、昨今バイオ燃料の原料としての遺伝子組み換え作物の作付けが世界的に活性化しており、そこで使われる除草剤の需要が格段に高まります。

それがグリシンというアミノ酸の供給が世界的に逼迫している理由だというわけです。

(除草剤に耐えられる性質<除草剤耐性>をもった遺伝子組み換え作物については、その安全性に問題ありとする見解がある一方、十分に安全であるとする科学的なデータもあります。これは多分に、人間のもつ感性にも絡んだ問題なので、必ずしも科学で割り切れるとは限らない大きな課題ですが、ここではその議論には触れないこととします。ただ、除草剤耐性をもった作物を作ること自体は、それが便利であるという以外に、使用する農薬量が通常の作物よりかなり少量で済むという「環境にやさしい面」もあることは言っておきたいと思います。)

ともあれ、「風が吹けば桶屋が儲かる」という小話さながらに、このグリシンという一般には聞きなれない物質の供給が逼迫している状況は意外なところで私たちの生活に密着した問題なのだということを象徴的に示しているように思われます。

考えてみれば、原油、食品、動物飼料の高騰といった昨今リアリティー高く取り上げられるようになった切実な状況はすべてこの「風が吹けば・・・」式の複雑な連環において理解することができ、またそのようにしなければ理解できない問題だといえます。

次回の更新は4/10(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2008/03/27 (3:14 pm)
今年に入ってから中国餃子事件(1月29日)が起こったときには、これは確実に今年の10大ニュースの一つになるだろうと思いました。

ところが2月になるとイージス艦「あたご」による漁船沈没事件(2月19日)、そして3月には新銀行東京の巨額損失事件(3月12日頃)、揮発油(ガソリン)税の暫定税率維持(3月17日頃)、急激な円高株安問題および米国経済の不安本格化(3月18日頃)、チベットの動乱事件(3月19日)、日銀総裁の後任が決まらない話(3月20日)などの出来事が続けざまに起こりました。






そしてこのどれもが10大ニュースの候補になり得るような、ただならぬインパクトを持っているように感じられます。

これらの問題の特徴を考えてみると、例えば以下のようなことが挙げられます。

(1)どれも問題が大きすぎて、どこから着手すればよいのかがわかりにくい

(2)すべての事件において、その根本に政治的な深い思惑が絡んでいる

(3)思惑の深さや複雑さからみて一朝一夕に解決できそうにない

(4)事実、解決のアクションは入り口付近で頓挫し、停滞を余儀なくされている

(5)すべて政治的問題であるのに、政府や国会の対応に期待を持てない

さらにこれらを包括する雰囲気をいってみれば「無力感」でしょう。

そういえばこのブログでも昨年食品の安全食糧自給率に関して考えてみましたが、どこから考えはじめてもその規模の大きさに翻弄されそうな感じにとらわれました。

今年に入ってなお、その問題は強調されてきています。

先に挙げたような特徴は特徴として指摘できるものの、より深刻なことは、どれひとつとして解決を見ないまま新聞もテレビもどんどん新しい衝撃的なニュースに更新され、まるで電車から見る窓外の風景のように「大事件」が流れていって人々の記憶から葬り去られてしまう、そのことではないでしょうか。

餃子事件についていえば、科学的な究明の困難さというよりは「国家の思惑の壁」にぶちあたってしまい、まさに立ち往生しているというのが一市民として私の目に映るところです。

それともどこかでは着々と解明の作業が進んでいるのでしょうか。ともかくも餃子事件はその後に来た数枚のニュース記事の向こうに隠れてしまい、ことの真相はさらに遠のいてしまっています。

次回の更新は4/3(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2008/02/14 (3:46 pm)
先般イチロー選手があるトーク番組で面白いことを話しているのを聞きました。

イチロー選手のトークにはいつも頭脳を急速に回転させて言葉を選んでいるような雰囲気があり、それでいて飛び出すフレーズがいくぶん禅問答に近い不思議な感じ、あるいははっと驚くようなキツネにつままれたような感じのするものも多いように思います。







今回は引退についての話でした。

「最高の引退」は「50歳で4割を打って身を引く」というケースだろう、と。

これは自分でも笑いながらの言葉でしたが、逆に言うとそれくらい引退の決断をするということは難しいことだということが言いたかったようです。

でもイチロー選手でなければ言えないことだなあと感心しました。

もうひとつ、どうなったら引退するかに関して「ハラが出てきたら引退します」という全く別の面白い表現もしていました。

イチロー選手によれば、野球はお腹が出っ張っていてもプレイヤーでいられる数少ないスポーツの一つだけれど、自分はそうなったらもう引退するんだ、というようなことを言っていました。

これはある種の美意識のようなものなのでしょう。

「お腹が出っ張る」というと、昨今はメタボリックシンドロームのことが頭に浮かびますが、そういった美意識と医学的なメリットが一致しているということは都合がよいものだと思います。

そういえば、最近私たちが少し調査してみたところ、いわゆるダイエットという言葉が20−40代の女性の「専売特許」ではなくなっていて、30代の男性、あるいは40−50代の男性にも意識が高まっているという傾向が出てきています。

40−50代の男性の場合は健康ということに結びつきが強いものと想像されますが、美しくありたいという気持ちの張りのようなものは中高齢期のQOL(人生の質)を高める上においてとてもよい効果がある、そういうことも科学的に裏づけようとする試みも活発になってきています。

それにしてもイチロー選手の「50歳で(ハラが出ず)4割を打って引退!」という目標は何ともすがすがしく響き、私もずいぶん元気をもらったような気になりました。

次回の更新は2/21(木)です。

« 1 ... 12 13 14 (15)

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.