L-カルニチンについて 記事一覧

2020/12/17 カテゴリ: L-カルニチンについて

脳の代替としての「メモ習慣」

レオナルドダヴィンチは何かにつけメモをつけ、身の回りのこと、観察したこと、アイデア、素描などを手帳に記していたことで有名です。素描の類についてはそのすべてがすでに超一級の貴重な芸術品でもあります。ダビンチのメモはまた彼が左利きだったこと...
続きを読む >
2020/12/10 カテゴリ: L-カルニチンについて

新型コロナにむけてエネルギーの「溜め」を確保!

L-カルニチンは全身に分布していてさまざまな働きをしていますが、なかでも「脂肪燃焼」が最も中心的な機能です。メタボリックシンドロームが高じると心臓病や肝臓病、糖尿病、腎臓病などに進んでしまいますが、これらの疾患は根っこのところ(エネルギー...
続きを読む >
2020/11/26 カテゴリ: L-カルニチンについて

「すぐに体重が増えてしまう」のは先ず喜ぶべきこと

ダイエットしたい!と切望する人にとってみれば体脂肪はまさに撲滅の対象になります。体脂肪は体内の組織のひとつですが、これほど目に見えて増減を観察できる臓器はほかにありません(強いて挙げれば髪の毛くらいでしょうか)。筋肉のボリウムも増減しま...
続きを読む >
2020/07/09 カテゴリ: L-カルニチンについて

L-カルニチンを飲んでも運動しないとやせない、でしょうか?

L-カルニチンが脂肪燃焼に必須の成分であることから、それを飲めばやせる、という連想が働きやすいものです。また、運動しないとやせないのか?という質問もよく受けます。実はこのような問いかけについて私もこれまでずいぶんいろいろと考えてきました。...
続きを読む >
2019/11/21 カテゴリ: L-カルニチンについて

L−カルニチンは「足りていないとき」だけに働きます

たとえば医薬品の場合であれば何の症状もない時に服用しても何らかの反応が起こります。もともと何もない場合におこる反応というのはからだにとって好ましいものは少なく、たいていはなんらかの不具合や不快感を伴います。これがいわゆる医薬品の副作用で...
続きを読む >
2019/08/29 カテゴリ: L-カルニチンについて

元気なお年寄りほどL-カルニチンが「濃い」という話

和洋女子大学が中心となって、日本人の高齢者の方々の血液中のL-カルニチン濃度が調べられました。70歳から80代前半の方が対象です。ただし、同じような年代の方でも「元気さ」はさまざまです。それで、3つのグループすなわち「完全な自立生活をしておられ...
続きを読む >