2007年 記事一覧

2007/12/27 カテゴリ: ペットフード

飼い主の意識がペットにのりうつる?

先般面白い調査結果が出ていることを知人から教えてもらいました(アニコムクラブ「ペットと飼い主の「肥満」に関するアンケート結果発表」。2007年10月26日から11月2日に実施)。1,088人のペットを飼う人のうち、自分のペットが「現在肥満だと思う」人が3...
続きを読む >
2007/12/20 カテゴリ: ペットフード

人間の健康とペットの健康

私はペットを飼った経験がないので確かなことは言えませんが、親類や友人の家で見ておぼろげながら覚えているところ、昔の犬や猫の典型的な食餌といえば飼い主の食べているごはんにみそ汁やかつお節をかけたようなものだったのではなかったでしょうか。現...
続きを読む >
2007/12/13 カテゴリ: ペットフード

ペットに対する愛情

先日私の勤務先に、神奈川県で獣医師をしておられるI先生から電話でお問い合わせを頂きました。何でも先生のところでケアされているボクサー犬が心臓を病んでいるため、これを何とか救済できないか、あの手この手を尽くされた中、文献調査を通じてL-カル...
続きを読む >
2007/11/29 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その5

−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題ぁ檗            ゝ掴世垢襪海箸里爐困しさ食を揺るがす問題についてこのブログで考えてきたこの何ヶ月かの間に、NHKテレビなどで食糧問題の特番が組まれ、つい先ごろも米作農家や評論家を交...
続きを読む >
2007/11/22 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その5

−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題−        大量の食品が今日も廃棄されている賞味期限切れ製品や食べ残しなど、食品関連の産業から発生する食品廃棄物は年間1100万トン(2006年度「食料・農業・農村白書」)に及ぶのだそうです...
続きを読む >
2007/11/15 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その5

−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題◆檗              ゝ格外食品の利用食品の原料となるもの、たとえば野菜にせよ魚にせよ、形が悪かったり、傷がついていたり、あるいは定型サイズより大きすぎたり小さすぎたりするものは...
続きを読む >
2007/11/08 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その5

−今後、日本社会が切実に取り組むべき難しい課題 檗      〇駛楴腟舛慮桐がどこまで通用するか 資本主義の競争原理が食の市場に働く場合も他の分野と全く同じこと、つまりより便利なもの、より美味しいものをより安く、という方向が強められて...
続きを読む >
2007/11/01 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その4 

−現代人の欲求の足もとを見た悪徳テクノロジー、詐欺の横行−これまで、「ミルクを1滴も使わないミルク」、「豚骨を全く使わない豚骨スープ」などの話を書きました。これらは、しかし合法的な例であり、そこに特に法律に触れるような問題はありません。た...
続きを読む >
2007/10/23 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがすいろいろな次元の問題(6)その3

−「だまされた!」と感じて納得する消費者はいない−前回は全く合法的な、しかし消費者が十分状況を知らないような食品加工の話を書きました。食品添加物による一種の模倣食品であり、その実際のところを消費者がどれだけ知っているかということを中心に...
続きを読む >