2007年 記事一覧

2007/10/16 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(6)その2

前回合法的な模倣という代表例をうま味や甘味を例に考えてみました。もう少しこの話題を続けます。ペットボトルに入ったレモンジュースを買ったとします。ラベルには果汁1%だとか、3%だとか書いてある。たったそれだけしか入っていないのかね、というち...
続きを読む >
2007/10/09 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(6)その1

その3:現代人の要求にテクノロジーが「やりすぎている」状況Part1合法的模倣味には甘味、辛味、苦味、酸味など万国共通のもののほか、日本に独特のものがあります。それは「うま味」です。代表的には昆布やかつお、シイタケなどでとられるだし汁に含まれ...
続きを読む >
2007/10/02 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(5) その2

前回の続きとして食品添加物についてもうひとつ「安全・安心」という観点から関連することを付け加えたいと思います。私は現代日本の食生活が「手軽で安くて美味しい」という三大価値観を中心に据えて進んできたこと、そしてそれがもはや各家庭での調理の...
続きを読む >
2007/09/25 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(5) その1

Part2日本人の「食」に対する特殊性・脆弱性(1)「忙しく働く人」の増加による手軽な外食、中食の定着これは一見日本が海外との力関係とは関係が薄いように思われるかもしれません。しかし私たちの社会が自らの調理の手間をかけなくてもおいしいものが食べ...
続きを読む >
2007/09/18 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(4)

前週のPart1の続きです。(3)食料自給率が非常に低い(海外依存率が非常に高い)前回考えたのは、食料の需要と供給に関するバランスの問題、即ち中国を中心とした人口爆発国の購買力に対する「買い負け現象」、あるいはこれまで以上に欧米で魚食が好まれ...
続きを読む >
2007/09/11 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(3)

その2:日本にとって海外との力関係が問題となる状況Part1日本が海外との関係で生じる需給アンバランスと経済的劣勢(1)いわゆる「買い負け現象」が出てきたこと経済は生き物ですから、時と共に栄えるところ衰えるところが変化します。私は物心がついた...
続きを読む >
2007/09/04 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(2)

前回書いた4つの問題について具体的に考えてみたいと思います。(1)地球規模の人口の増加による食料需要の絶対量の増加私が中学生だった1970年のはじめ頃、社会科の地理の時間に世界人口は30億人であると習った覚えがあります。それからこちらの30数年を...
続きを読む >
2007/08/28 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(1)

その1:人間が地球上の生物として直面する事実地球規模で急速に進行している人間並びに地球環境そのものの変化(いわゆる「不都合な真実」)現在我々が地球上におかれている様々な環境リスクについて、アメリカ元副大統領のアル・ゴア氏が著した有名な「不...
続きを読む >
2007/08/21 カテゴリ: 食の安全

食を揺るがす色々な次元の問題(5つの論点)       色々な次元の問題が一度に投げ込まれすぎた

私たちの生活の根幹を成す食の問題についていろいろなことが報道され、私たち消費者が知る権利を享受できること自体は重要なことです。それにしても、食に関するあまりにもいろいろな不穏な情報が投げ込まれすぎ、右も左も今も将来も不安だらけであるよう...
続きを読む >