2019/08/29 カテゴリ: L-カルニチンについて

元気なお年寄りほどL-カルニチンが「濃い」という話

和洋女子大学が中心となって、日本人の高齢者の方々の血液中のL-カルニチン濃度が調べられました。70歳から80代前半の方が対象です。ただし、同じような年代の方でも「元気さ」はさまざまです。それで、3つのグループすなわち「完全な自立生活をしておられ...
続きを読む >
2019/08/15 カテゴリ: L-カルニチンについて

L−カルニチンの摂取タイミング

L−カルニチンについてこれまでずいぶん情報を調べ、知識を自分なりに整理してきたつもりではありますが、それでだいぶ見通しがよくなったと思える部分と、逆に実験してみてまだまだわからないことがこの先にあるぞ、と気付きドキリとする部分があります。...
続きを読む >
2019/08/01 カテゴリ: L-カルニチンについて

水+脂+カルニチン ⇒ 快適

猛暑の候、お見舞い申し上げます。冷夏や日照不足が記録的だった7月も終わり、予想通りというかすさまじい猛暑の8月がやってきました(汗をぬぐいながら、来年のオリンピックのことを思うと冷や汗がでますが)。屋外で灼熱にあおられながら大きなビルに入...
続きを読む >
2019/07/11 カテゴリ: L-カルニチンについて

骨格筋の献身とL−カルニチン

食べるものがなくなったら、身体中が一致団結!タコは食べるものがなくなると自分の足を食べてしまう、という話を聞いたことがあります。実際にそういうことがあるのかどうかはともかく、「いざというときに削れる身」があるのかどうかは家計や国家の予算...
続きを読む >
2019/07/04 カテゴリ: L-カルニチンについて

骨格筋だってけなげです

沈黙の臓器といわれる肝臓が実は全く沈黙などしておらず、片時もなく働いていて、なおかつ苦労してつくったさまざまなものを自分では使うことなくほかの臓器に進呈するといった独特のけなげさについて前回お話ししました。今回は骨格筋(いわゆる筋肉)の...
続きを読む >
2019/06/27 カテゴリ: L-カルニチンについて

けなげな肝臓くんを大切に・・・!

肝臓は「沈黙の臓器」などと言われますが、実際にはとんでもないことで(たしかに音こそしませんが)猛烈な働き者なのです。毒性のある物質が入ってきたらこれを解毒したり、エネルギーを産生したりもしますし、ブドウ糖やケトン体、脂肪などの「燃料」を...
続きを読む >