2022/09/22 カテゴリ: 健康

昨夜睡眠呼吸のチェックをしました

赤ちゃんはお母さんの胎内にいる時、音はかなり聞こえているはずですが、視覚の方は働いておらずいわば眠ったような状態にあるでしょう。つまり人生は眠っている状態から始まります。また一生を終えるときにも眠るようにして意識が遠ざかってゆくのだと思...
続きを読む >
2022/09/15 カテゴリ: L-カルニチンについて

天下の台所(肝臓)がおかしくなると全身が悲鳴をあげます

口から入ってくる食物を身体にとっての「食材の仕入れ」であると考えたとき、肝臓は真っ先にその食材を一手に引き受け、その時々の全身の各所に要不要を選り分けて調理する厨房の役割りをしている、こういうことを前回お話しました。今回はその厨房の調子...
続きを読む >
2022/09/08 カテゴリ: 健康

からだの中の「厨房(調理場)」としての肝臓

食べ物が身体に入ってくるときの「最も上流側」に位置する臓器は何かというと「口にきまっている」と思われるでしょう。物理的には確かにその通りなのですが、何を食べたいか、どういう順序で食べたいかということまで含めると最初に判断している臓器は「...
続きを読む >
2022/09/01 カテゴリ: 健康

私がクスリとサプリのちがいに気づくまでの遠い道のりは長かったです

私はまったく薬剤師らしい仕事をした経験のない人間ですが、それでも今から20年少し前くらいまでは専ら医薬品関係の仕事をしていました。世界中のさまざまな製薬メーカーから課題をもらい奮闘する中で、世界中で開発が進められている治験薬の名前や作用な...
続きを読む >
2022/08/25 カテゴリ: つれづれ

人生を野球の試合にたとえれば・・・

生まれてから死ぬまでを野球の試合にたとえて考えたらどうなるでしょうか。最初の命はお母さんの胎内にあるときに始まっていますのでこれを1回の表としましょう。すると産声をあげてからが1回の裏になります。前半戦の3回あたりまでが幼少〜青春時代にあた...
続きを読む >
2022/08/18 カテゴリ: つれづれ

偏見にとらわれない・・・・なんてムリ?

心理学の教えによればヒトの認識には「ステレオタイプ」や「偏見」があるということです。「偏見」がその人やものの属性の故に特別な扱いにつながる場合それがポジティブならば「えこひいき」、ネガティブな扱いに連動するならば「差別」になり、これはい...
続きを読む >
2022/08/11 カテゴリ: 健康

日本人は世界一のサプリメント巧者!

加齢に伴いあちこちの身体のパーツに不具合が生じて来てさまざまな症状が出ます。これを抑えるためにクスリが処方されますが、よく工夫して服用しないと効果と副作用が混線してしまう、このことについて前回考えてみました。今回は似たような観点で食品に...
続きを読む >
2022/08/04 カテゴリ: 健康

漢方薬と室内楽

西洋医学ではヒトの身体を徹底的に細かく分解して考え、A=B、B=C ゆえに A=Cという方式で疾病の治療を試みます。いわゆる分析的、科学的、演繹的な手法です。目下ものすごい勢いで接種されているmRNAワクチンなどはそういった考え方に基づく非常に典...
続きを読む >
2022/07/28 カテゴリ: つれづれ

ロボットとヒトのちがい(3)

現代人の生活に欠かせないスマホですが、これが世に出てきたときに私はこれがケータイではなくパソコンの一種なのだということがわかりませんでした。それまでのいわゆるガラケーでもある程度ニュースが見られたり写真が取れたりしましたから、それが少し...
続きを読む >
2022/07/21 カテゴリ: つれづれ

ロボットとヒトとのちがい(2)

前回ロボットとヒトとが決定的に異なる点として「単純にクローンを残すということではなく恋愛情念に基づく遺伝子の融合による「親に似ているが完全に同じではない存在」を生み出しながら何世代も生き残って行くという能力」を挙げました。これはいわゆる...
続きを読む >