2006/09/22 カテゴリ: 知っておきたい健康知識

有名なタンパク質

タンパク質は、20種類のアミノ酸がつながってできています。20種類のアミノ酸は、アルファベットあるいはひらがなの50音にあたるもので、その文字の配列によって無数の言葉や文章が作られるように、アミノ酸の配列によって、実にさまざまなタンパク質が作...
続きを読む >
2006/09/19 カテゴリ: 知っておきたい健康知識

あきらめたくない理解のレベル

先のブログ投稿(9月1日付け)で、私は、生化学と生理学の2つが、健康知識を読み解くための基礎知識の中心であると述べて、それに続けて「芋づる式の知識」の例を、アミノ酸やタンパク質のケースで説明してみました。実際、これらの分野における「芋づる式...
続きを読む >
2006/09/15 カテゴリ: 知っておきたい健康知識

なじみのあるコトバが知識としてつながることの妙味

前回、DNAに書き込まれた情報に基づいて、「20種類のアミノ酸」が「ペプチド結合」でつながって「タンパク質」ができる、ということを書きました。芋づる式の知識について、この例からはじめたのは、恐らく「アミノ酸」や「ペプチド」「タンパク質」といっ...
続きを読む >
2006/09/12 カテゴリ: 知っておきたい健康知識

芋づる式の知識

たとえば、L-カルニチンとは何かを説明するとき、「遊離長鎖脂肪酸をミトコンドリア内に運搬するために必要な分子」などということを私も普段言っていますが、「ミトコンドリアって何だ?」ということについての説明は省いてしまっています。細かく追求す...
続きを読む >
2006/09/08 カテゴリ: 知っておきたい健康知識

中心となる基礎知識と応用

ものごとの理解には、基本となる事実や定義のようなものが真ん中にあって、それを元にして新しい知識や説、実用的な方法論が作られてゆきます。人体や食、健康に関して理解することもその典型的なもので、まずは中心的な知識をきっちりとおさえることが重...
続きを読む >
2006/09/05 カテゴリ: 知っておきたい健康知識

復習して損をしない学校知識

先日、当ブログで、健康や金融に関する基礎知識は学校では与えられない、と書きましたが、実際にはそうではありません。金融システムについてはともかく、生化学や生理学については小学校、中学校での理科、高校での生物や化学の時間に、実はかなりのとこ...
続きを読む >
2006/09/01 カテゴリ: 知っておきたい健康知識

情報洪水を乗り切るための「航海術」としての生化学、生理学の基礎知識

現代日本に氾濫する健康情報に流されず、自分にとって有用で科学的に正しい情報を取捨選択するために必要な基礎知識とは何であるか。それは、生化学と生理学の二つの分野だろう、と私は考えています。この二つの分野の知識体系を中心に、あらゆる生命科学...
続きを読む >
2006/08/25 カテゴリ: 知っておきたい健康知識

健康問題でも何が正しく、何が必要なのかがわかりにくい世の中

平均寿命が80歳代となってきた現代において、経済的に自立し心身ともに元気ですごすためには、従来にもまして、自己責任で補わなければいけない事柄が多くなっています。特に、健康問題というのは自分の体のことなので、「自分の体のことは自分がいちばん...
続きを読む >