執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


2017/04/27 (9:00 am)
先日ある週刊誌に、トクホとして販売されている難消化性デキストリンなどを含む健康食品について「実は効かない」とする記事が二週にわたって掲載されずいぶん話題になりました。

私も読んでみましたが、どうもトクホの根拠になっている論文を有識者(大学の名誉教授の人など)が調べたところ、脂肪の排出促進などに関する件の論文の有効性データが不十分だということのようでした。

そのトクホのコーラの「脂肪排出力」を信用して毎日飲み続け計算してみるとなんと36万5000円もの資金をつぎ込んでいた人がいるそうです。

その人は毎日1.5リットルのペットボトルを飲み続ける日々を送ってきたそうですが、「効かない」とする週刊誌の記事を読んで愕然とし、はげしい怒りが込み上げてきたということです。

私はこの記事を読んで特に驚きはしませんでしたが、随所に問題はあるなという気はしました。

まず、そういうトクホの認定を得るような商品の根拠になっている論文をどういうスタンスで理解するのかということがあります。

もちろん専門家の審査を経た論文ですから虚偽が書かれているとは思われませんが、医薬品にしても食品にしても「100 %効果があること」が示されることはありません。

また誰が、いつ、どんな条件で飲むのかということは予想できませんが、論文ではある一定の条件を設定せざるを得ません。

効き目を客観的に評価するために有意差検定という統計処理を行い、効いたのが偶然ではないということを示すルールになっています。

たとえば野球4割打者といえば間違いなく強打者ですがそれでも6割は凡退しているわけです。

トクホに裏切られたと逆上する人は、もしかするとその商品が10割の打率であると思っているのではないかと思います。

だからこそ毎日それを飲み続け、途方もない出費額になったということでしょう。

私はそういう事例に接して、そのメーカーが消費者を欺いているとは思いません。

私たちは朝起きてから寝るまでのあいだに実にたくさんのチョイスをおこなっています。

朝食に何を食べるか、運動不足だから少し早めに家を出て一駅分を歩くかどうか、昼食を中華にするか和定食にするかあるいは野菜サラダだけにするか、午後に飲むコーヒーにはフレッシュミルクと砂糖を入れるかどうか、夕食のときに酎ハイにするかハイボールにするか・・・

たとえば今から30-40年以上も前であれば、そういう選択は気持ちと食欲のおもむくままだったことと思います。

もしお医者さんの忠告などを受けて健康に留意している人があったとしても、そもそもトクホ製品など世の中になかったわけですからのどが渇けば缶ジュースやサイダーを買って飲むしかありませんでした。

現代社会はその点が充実してきており、選択肢に関しては相当なバラエティが生みだされています。

ある日ハンバーガーを食べながらたまにはコーラもいいな、と思ったとします。

そこでコンビニに行きますと「ふつうのコーラ」「ダイエットコーラ」「トクホのコーラ」などの選択肢が眼の前に用意されているわけです。

健康に気をつかっている人ならここで「トクホのコーラ」をやや高い値段を払ってでも選ぶ可能性は高いと思います。

そして実際「ふつうのコーラ」を飲むよりはいくぶんかでも健康留意に役立つ方向に進んで行くことができるでしょう。

こういうところ、つまり「柔らかいチョイス」にトクホというオプションが用意できること、ここにひとつの存在価値があると私は考えています。

36万円も払って飲みつづけた人が「実は効かない」という週刊誌の記事を読んで怒り心頭に達したというのは、そもそも健康ということに対する気構えが「厳しいようで甘い」と思うのです。

「健康はひとつのトクホ製品によって支えられる」などと信じて疑わない人は逆にその他の食習慣や運動習慣をどう心得ているのか問いたくなってきます。

もちろん供給する企業としては真摯に開発と研究を行い、できるだけ確実な効き目をめざすべきだとは思います。

そしてその意味で「考え方の甘い企業」が一部に存在することも事実だと思います。

さらにそういう実態について一面的な結論に向けて記事にしようとする週刊誌にも問題はあるはずです。

最終的には毎日のさまざまなチョイスに際して「どちらかといえば健康に良いのはこちら」という柔らかい選択をしながら生きてゆくこと、これが最も重要なことではないかと思います。


次回の更新は5/4(木)です。
2016/09/29 (9:00 am)
ジムトレーニングをするとかなりの汗が出ます。

すっきりした気分になってストレッチマットに仰向けに寝転がるときにはほんとうに充実感があります。

私はメガネをかけていますので、仰向いていると汗が湯気になってあがってきてレンズがゆらゆらと曇ってちょっと驚くことがあります。

汗はいうまでもなく上がりすぎた体温を下げるために出てくるもので、これが体表で乾くときに気化熱が奪われるというしくみです。

つまり運動をしたときに出てくる汗は運動によって上昇してきた体温を下げるのが目的です。

ではなぜ運動をすると体温が上がるのかというと、それはミトコンドリアで糖や脂肪、あるいはアミノ酸などが燃焼してエネルギーを生み出すからです。

ミトコンドリアは身体の奥から表面まであらゆる細胞に含まれていますので、この熱源はことごとく身体中の細胞の中から湧き上がってくるものといえます。

一方サウナに入ったときには、10分もすれば汗が連続的にしみ出てきます。

これも体表に向けて発汗し、気化熱で対応しようとする点では運動のときと同じメカニズムの働きによります。

けれども違うのは熱の出どころです。

サウナの場合はヒーターで熱せられた岩石などが熱源となっており、それが体表を通じて体内に浸透し、その結果発汗がはじまります。

つまりこのときには細胞(の中のミトコンドリア)では糖や脂肪を燃焼して新たなエネルギーを生み出す必要がない、というよりもむしろ発熱しないように活動は抑えられる可能性もあるでしょう。

同じ発汗でもミトコンドリアに起因するものか外部の熱によるものかは異なります。

ついでながら、気温が非常に高い状態で運動をした場合には体表からの熱への対応と体内のエネルギー産生からの熱への対応で当然発汗はフル稼働になります。

このような状態では水分やミネラルの補給がいかに重要かがわかります。


次回の更新は10/6(木)です。
2016/04/14 (9:00 am)
活性酸素という言葉を聞かれたことがあるかと思います。

「活性」とは化学的に反応しやすいことを意味しますが、体内でこれが存在するといろいろな「わるさ」をすることが知られています。

そもそも空気に20%程度含まれている酸素はすでに活性酸素の一種です。

活性だからこそ、酸素のあるところで油や紙に火をつければボッと燃えるわけです。

私たちのからだの中では炎こそでませんが、細胞の中のミトコンドリアという燃焼炉の中で音もたてずに24時間ちらちらと燃えています。

そのおかげで体温は保たれ、心臓が拍動し、五感(あるいは第六感も!)を働かせることもできます。

けれども一方では活性酸素の挙動によって私たちの細胞の膜が傷つけられたり、遺伝子が分断されたりというような影響を同時に受けています。

恩恵あるものには必ずデメリットもあるものですが私たちヒトをはじめ酸素という便利なものを利用して生きるようになった生物はこの活性酸素と戦うことを宿命づけられています。

体内には活性酸素を消し去るために例えばSODという酵素が作られており、休みなくあちこちで火消しに奔走してくれています。

あるいはビタミンCやEのように食品として食べるものの中に活性酸素を消し去ってくれる成分が含まれていて、それを利用することもできます。

昨今有名なポリフェノール類やコエンザイムQ10、α‐リポ酸、カロテノイド色素などのサプリメント成分も食品に含まれている抗酸化剤の一種です。

ところで宇宙に出ると、地球とはちがって強烈な放射線が飛び交っています。

放射線はそれ自身DNAなどを攻撃する力がありますが、身体内では活性酸素を発生させるもとにもなります。

地球は大きな磁石のようなものなので、いわゆる磁場というバリアに囲まれています。

このバリアのおかげで放射線の影響はかなりやわらげられていますが、その外に出ればとたんに危険な状況になります。

宇宙飛行士は終始過酷な放射線に曝露されることになります。

おまけに呼吸に必要な酸素を絶やさないためにかなり高濃度の酸素が送りこまれる環境に居続けなくてはなりません。

そんなわけで宇宙飛行士は活性酸素と戦い続けなければならないわけです。

いわゆる医薬品でこれに対応することはできません。

そこで食品成分を摂取することでこの対策にしようという研究が進められています。

物理学の法則を使って宇宙ロケットを打ち上げる技術に比べればとても簡単なことのように思われますが、実際その効果を実証することは容易ではありません。

宇宙にいるヒトを被験者とした臨床試験など、そうそうおいそれとは計画することができないからです。

しかし徐々に研究は進められていますので、やがてその成果を地球上の私たちが享受できる日も遠くはないでしょう。


次回の更新は4/21 (木)です。
2015/11/12 (9:00 am)
昨今の生命科学が力を入れて究明しようとしている分野に「品質管理」があります。

工場では設計図やレシピに基づいて製品が作られます。

基本的には正しい設計図に従って適正に製造作業をしていれば万事うまく行くはずなのですが、近ごろ違反建築などでも問題になっているように「本当にきちんとミスなく作れているかどうか?」に目を光らせていなければシステムとして完結したとはいえません。

生命活動は細胞の核に収められている膨大な量の遺伝情報から一糸乱れずつくられる数千種以上にも上るタンパク質がその根幹をなしています。

まず設計図であるDNAは紫外線や環境ストレスなどによってしょっちゅう傷つけられています。

遺伝子の品質管理では設計図の傷を修復する仕組みがはたらきます。

遺伝子(DNA)からはそれを鋳型にしたメッセンジャーRNAというネガフィルムのようなコピーが作られますが、コピー(転写)の過程でもミスが生じやすいため逸早く見つけて修正する必要があります。

次にネガフィルムから最終製品であるさまざまなタンパク質の原型が出来てくるのですが、原型の段階ではまだ折る前の折り紙のようなもの。

きちんと作動する形に折り上げてゆく必要があるのです。

「折り方」についてもミスがないかどうかが常に監視されており、できそこないの製品は廃棄されます。

このようなタンパク質製造工程での品質管理部門にあたるところが細胞の中の小胞体という場所です。

また不要になった細胞を処分するときには細胞の中のミトコンドリアという発電所にあたる部分が「計画的な暴走」をおこすことによって消滅させてしまいます。

細胞消滅(アポトーシス)によって常に新しい細胞を維持することが可能になりますが、この場合は「ミトコンドリアの品質管理」と呼ばれています。

というわけで、工場での各工程には品質管理部門の役割をする見張り役(シャペロンという名前です)が工程ごとに配備されていて、不良品と合格品をえり分けている、そんな驚くべきことが24時間身体の中で働いてくれているのです。

品質管理が甘くなってくると病気がおこることもありますので、そこに着目して新しい治療法を開発して行こうという動きもあります。

ちなみに「遺伝子の傷の修復」が「傷つきの速度」に追いつけなくなる場合、これがガン化や老化という現象だと考えられています。

この遺伝子修復のしくみを解明した3人の英米の研究者に今年度のノーベル化学賞が贈られました。

今後さらに「品質管理」というキーワードをめぐってたくさんのノーベル賞級の研究が出てくることが予想されています。

品質管理という仕事はもの作りそのものにも増して大切なしくみだということですね。


次回の更新は11/19(木)です。
2015/07/30 (9:00 am)
血糖値シリーズの最後は食後血糖値です。

ふつうの食事を摂ったあとは30分以内にぐんぐん血糖値が上がってきます。

この上昇した血糖値に反応して、すい臓の「ランゲルハンス島」という村上春樹さんの小説のタイトルにもなった面白い名前の細胞からホルモンが出てきます。

これがインスリンです。

インスリンは血糖という荷物を筋肉などの細胞に運び入れる仕事をしています。

健康であればいったん濃度が上がった血糖はインスリンによって速やかにある一定値まで下がります。

ところがすい臓のパワーが衰えてくると血糖を運搬する係(インスリン)が乏しくなるため、血糖値の下がりが遅くなります。

インスリンのパワーが非常に強ければ血糖はいくらでも細胞に運び込まれ、脂肪として限りなく備蓄されるようになります。

よく外国の人で体重が200キロにも達するような、日本ではあまりみかけないような巨体を持った人を見かけることがありますが、そういう人たちのインスリンの分泌能力は非常に高いと考えられます。

つまりインスリンのパワーには人種差があり、私たち日本人はどちらかといえばパワーが弱く、極端な肥満者は米国などにくらべればずいぶん少ないといえます。

というわけで、比較的デリケートなすい臓をもつ人は長い人生を健康で全うするために
「すい臓を守る食養生」が必要になります。

すい臓にやさしい食事の方法はいろいろありますが、ひとことでいえば甘いお菓子や精製されたデンプンでできた食べ物(たとえば白米や食パンなど)を一度にドカ食いしないことです。

穀類や海藻、酵母やキノコなどに含まれる水溶性の食物繊維を胃の中に入れておけばそれがネバネバした性質を帯びてきて血糖の吸収をおだやかにするのに役立ちます。

最近私もある大学での実験を通して知ったのですが、健康診断では異常なしと判断される若い人の中にもすでに血糖値の下がるスピードがかなり遅い人が数人にひとりくらいは存在するらしいということです。

若い頃から食後の血糖値をときどき図っておけば自分のすい臓(インスリン)のパワーが強い方か弱い方かがおよそ判断できます。

こういうことをたとえば20代のときに知って早い段階で日常生活に気をつけていれば、すい臓を長持ちさせながら中年以降の糖尿病のリスクをぐっと下げられると思います。

血糖値を測ることによって自分の重要な体質を知ることもできるというわけです。


次回の更新は8/6(木)です。
2015/07/23 (9:00 am)
空腹のときに低いはずの血糖値が下がっていないということは全身の細胞がエネルギー源(糖質)の「宅配便」に対して居留守を使っているような状態だということについて前回お話ししました。

実は必要なものの受け取りを拒否するということが危険であることはわかりますが、ではどうすればそういう状態を脱することができるでしょうか。

これにはふたつの方法があります。

ひとつは体内に食事として摂りいれる炭水化物(ブドウ糖)をできるだけ減らしてあげることです。

荷受人(筋肉などの細胞)の栄養素受け取り拒否をおこすということは「食傷気味」つまり苦労せずにどんどん食物が配達されてくるのでもううんざりした、という状態におかれているとを意味します。

身体がエネルギー源に対して「ありがた味」を感じなくなった状態ではマヒしてしまいます。

これはあたかもお金に不自由しないドラ息子が放蕩を繰り返しているようなものです。

こういうときには思い切って倹約させねばなりません。

これで「あ、お金がこなくなった。これは困った」と、ハングリーな状態になるわけです。

そしてもうひとつの方策は、細胞の中にエネルギー源(ごちそう)が増えすぎて全くへらないという状態をやめさせることです。

そのためには、ごちそうが無くなればいいのです。

どうするか?

それはエネルギーの需要を増やすこと、つまり運動することです。

今回述べた「身体を少しハングリーな状態に追い込むこと」と「エネルギーの需要を増やすこと」はそれぞれ食事療法、運動療法と呼ばれているものです。

実際糖尿病が疑われるような状況になった場合、治療の方針としてまず採用されるものは医薬品の投与ではなく、この食事療法と運動療法です。

ローカーボ(低炭水化物)ダイエットというものがありますが、これは食事療法のひとつの手段です。

あまり極端なローカーボは身体に変調を来しますのでお勧めはできませんが、若干の心がけで糖質の摂取を控えることはたいへん効果的な手段です。


次回の更新は7/30(木)です。
2015/03/26 (7:00 pm)
サプリメントにはカプセルや錠剤の形をしているものがたくさんあります。

カプセルや錠剤はもともと医薬品のために考え出された剤型です。

ですから、サプリメントと医薬品は混同されがちです。

この両者のちがいはたくさんあります。たとえば、

(1)医薬品開発は厳密な臨床試験が行われているが、サプリメントはそうではない。
(2)医薬品の安全性は厚労省が保証するが、サプリメントは民間企業が責任を負う。
(3)医薬品は健康保険の対象となるが、サプリメントはならない。
(4)医薬品の効き目は保証されているが、サプリメントは保証されていない。
(5)医薬品は医師または薬剤師が管理するが、サプリメントは専門家の手を経ない。

まだまだあるでしょうが、ざっとこういったことが挙げられます。

これらはみな本当のことです。

しかしそれなら、サプリメントの存在価値はどこにもなさそうに思われてきます。

せいぜい「効き目の悪いクスリ」といったことになってしまいます。

ここでサプリを擁護する場合に「医薬品だってエビデンスの不十分なものがある」とか「サプリメントには医薬品以上に効くものもある」といってみてもはじまりません。

どれも同じ次元からの押し問答に過ぎず、その限りにおいてサプリの分は悪いのです。

そこでもっと本質的なちがいに目を向けてみます。

すべてがそのタイプであるというわけではありませんが、ある種のサプリには医薬品には決してできないことができるという側面があります。

それは身体に足りないものを補う、もしくはより十分にあれば体調をよりよく整えられるという点です。

たとえばビタミンやミネラルはその典型です。

あるいはL−カルニチンや抗酸化機能をもつ成分などもそうです。

逆に言うと、基本的に医薬品は足りないものを補うという発想にたつものではないといえます。

医薬品は身体の代謝や吸収を一時的に遮断することによって症状を抑えるというのが一般的な設計思想になっています。

その設計思想の故に当然副作用もあり、故にこそ副作用を上回るメリットが見込める場合にのみ医師の監督下で使用されることになります。

症状を堰き止めている間に身体は自然治癒力によって癒えてゆくわけです(その意味では医薬品が病気を治しているのではないといえます。ただし症状(苦痛)の緩和は自然治癒に大いに役立ちます)。

つまり医薬品は異常な生体状況を正常な状態にもどすことにミッションがあるのに対し、サプリは正常な状態を維持したり、もっと積極的な健康の増進をはかったりすることが目的となります。

私の知るかぎり「健康を増進する」ことを目的とした医薬品はないのではないかと思います。

このようにかんがえると、サプリと医薬品とは本質的に役割の異なるものだということになり、どちらがよく効くのかといった議論はあまり意味がないことになります。

また「サプリは効き目の弱いクスリであるからして危なくない。だからわざわざ医師が管理する必要がない」という理屈もおかしいことがわかります。

ただしくは、「医師の役割は「健康の増進」ではなく「異常の正常化」である。ゆえに本来の医師の管理範囲ではない」というべきでしょう。


次回の更新は4/2(木)です。
2014/06/12 (9:00 am)
もちろん、何でもうまくゆくとは限りませんが国や団体が健康について提言したりスローガンを設けたりすることで国民の健康や生命の安全度が高まったりすることは実際にあるものです。

たとえば交通事故死者の数は大阪万博が行われた1970年の1万6765人をピークとして長らく1万人を切ることが悲願とされてきましたが、1990年代の半ばにそれが達成され、現在では4000人台にまで減少してきています。

これはもちろんシートベルト着用の励行、飲酒運転等の罰則強化などの施策をはじめ交通施設の充実、車両技術の向上など様々な努力の結果に相違ありません。

健康分野では、例えば歯の健康で「8020(ハチマルニイマル)運動」というものがあります。

これは厚労省や日本歯科医師会が平成元年以来行ってきた運動で、80歳になっても20本の歯が残る人が全体の20%以上になるようにケアしようというものです。

現在全国平均は30%台まで来ているということですので、この運動の成果は大いに上がっているものと思われます。

自治体別の最優等例は東京都中央区で、昨年20本以上の歯を持っている80歳代以上の割合が50%を超えたとのことです。

平成元年以来平均寿命もぐんぐん伸びてきていますのでこの成績は非常に立派なことです。

また先週の6月4日(虫歯予防デー)に発表されたところでは子どもの虫歯がここのところ激減しているのだそうです。

歯は重要な消化器官臓器のひとつですが、これは他の臓器と違って直接毎日手で触れてケアできるチャンスがあります。

昨今ではオーラルケアのツールや技術もめざましく進歩してきていますので、子供のころからそういう好ましい傾向が出てきているのであれば、これからますます日本人の歯の健康は増進してゆくものと期待されます。

最近では歯周病が糖尿病などの内臓疾患にも悪影響を与えるといったことも次第に明らかになりつつありますので、効果的なケアの方法については誰しもアンテナを高くしておく価値がありそうです。


次回の更新は6/19(木)です。
2013/07/04 (9:30 am)
睡眠をさそう因子は大別して二つあります。

ひとつは太陽が昇るのにあわせて目覚め、陽が沈むのにあわせて眠くなるというリズミカルなしくみです。

これにはメラトニンというホルモンが関係しています。

もう一つは「疲れたら眠くなる」という、これもおなじみのものです。

この日照のリズムと適度の疲労や回復のタイミングが一致すれば理想的です。

野生の動物はおよそこの仕組みに忠実に生きているはずですが、ヒトはそういうわけにはいかない存在です。

その最も大きな原因は日没後に明るいところにいる時間が長くなってしまっているというところにあります。

その点いわば自然の摂理に反したことをしていることになります。

あとは、疲れているはずの時間帯(午後9時以降)にもさまざまな活動をすることが増え、それが自然な眠気を飛ばしてしまう結果にもなっています。

日本人成人の5人に一人が不眠に悩んでいるといわれる状況もうなずけます。

時差のある外国などに出かけた時には疲れと日照時間が全く逆になるケースもあるわけですから、そのリズムの乱れ具合は最も大きくなります。

現代人しか経験したことのない時差ボケが非常につらいのも無理からぬところです。

これら「自然の摂理」に反した現代人の生活から来る睡眠障害は「現代型不眠」と呼ばれています。

一方これ以外に「精神生理性不眠」というものがあります。

これは不安や心配事あるいは何らかの興奮状態が治まらないときに眠れなくなるケースです。

不眠の状態にある場合にはこれらの二大要因が絡み合っていることも少なくないはずですが、その対策はその絡み合った原因を解きほぐして少しでも「自然の摂理」を取り戻せるように工夫してみることが大切だと思います。


次回の更新は7/11(木)です。
2013/04/25 (1:00 pm)
この前、過労が高じて50時間ほどほとんど寝たきりになってしまったことをお話ししました。

その間は、ほとんど食欲がなくなってしまい、かろうじて水だけを飲むという状況が続きました。







食べ物が欲しくない時には無理に食べないほうがよいと思いました。

実際、ヒトの身体は40日間くらいの絶食にも耐えられると言われていますから、まる2日くらい何も食べなくても平気だとは考えていました。

しかしその結果、私の体重は2キロ弱も減ってしまいました。

これはここ2-3年体重を測りはじめてからの最低新記録でした。

たいへん興味深かったことは体脂肪率が逆に非常に高くなっていたことでした。

つまり私が経験した体重の減少は、主に筋肉が減ってしまったことが原因のようでした。

食物が入ってこなくなった時に身体は、文字通り「身を削って」生きようとするのだということが改めてわかりました。

そして、体脂肪の方は最後まで温存するらしいこともわかりました。

身体にしてみれば、にわかに襲ってきた絶食という行為がいったい何日続くのかわかったものではありません。

ということで、「緊急事態モード」に入ったのだと思います。

緊急事態モードではまず、筋肉を消費しはじめ、最終的に体脂肪を分解しながら生きながらえる、ということをするようです。

このことからみて、いたずらに絶食によってダイエットなどしようと企てると最も失いたくない筋肉を失い、最も減らしたい脂肪が減ってくれない、というパラドックスに陥ると言えそうです。

やはり、きちんと食べるものを食べることが結局筋肉を健全に保ち、運動を適当に行うことで脂肪も快調に燃えてくれる、ということだと思います。

はからずも断食状態を経験することによって、実に興味深い身体のしくみを体験することができました。


次回の更新は5/2(木)です。

(1) 2 3 »

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.