執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


2017/11/16 (9:00 am)
「風邪をひいたときには思い切り汗をかくと熱が下がる」という話があります。

これは経験された方も多いのではないでしょうか。

汗は熱を下げるために皮膚から出てくるものです。

だから汗をかくと熱が下がる、と思われますが、これが今回の体温の実験をやってみて「ほんとかな?」に変わってきました。

今の私の考えはこうです。

体温が上がる ⇒ ウイルスが弱体化する ⇒ 風邪が回復する ⇒ 熱が下がる

細胞培養という実験をするときに培地をシャーレに注ぎ込みますがこの操作をする前にガラス瓶に入った培地を56度のお湯に30分くらい浸けておきます。

こうすることによってウイルスを滅菌することができるからです。

これは非働化という一種の低温殺菌法です。

体温を上げるということはこういった低温殺菌をしているのと同じ効果があるのかもしれません。

もちろん体温が上がりすぎることは防がねばなりません。

それで発汗がおこるというわけでしょう。

ですから「汗が出ることで風邪が退散する」ということではなさそうです。

熱いお風呂に使って体温を上げる人体実験をしてみて発見したことは、体温が38℃を超えると猛烈な発汗がはじまるということです。

運動をして汗だくになっているときの体内温度も38℃を超えているということなのかもしれません。

今度一度体温を測ってみたいと思います。


次回の更新は11/23(木)です。
2017/11/09 (9:00 am)
体温が38度を超えても特にだるさもしんどさも感じない、ということを前回お話ししました。

一方カゼひきの時などに38度の熱が出るととんでもないと思います。

また37度5分くらいの微熱でもけっこうしんどさを感じることはあるものです。

これらの「疲労感」の正体が熱ではないとするといったい何が原因でしょう。

仮に、感染してきているカゼのウイルスが原因なのではないか?と考えてみましょう。

カゼのウイルスが感染きたときに、宿主(カゼをひいたヒト)が全く疲労を感じずに出歩いてしまったとしたら、そのウイルスはヒトの集団に蔓延することになります。

この状況はウイルスには有利、ヒトには不利です。

つまりカゼウイルスを感染させないために脳の中枢が疲労を呼び起こして宿主をぶっ倒し、寝床に伏せる状態にしてしまえば集団を守ることができます。

そのときに発熱させることによってウイルス(一般的に熱に弱いものが多いようです)を抑えこむこと、これが宿主の第二戦略だと考えることはさほど無理がないと思います。

ですからカゼひきになると出歩かず、発熱するにまかせてウイルスを撃退していればそのうち快癒してくる、というのが自然な成り行きだということになってきます。

もしここで、解熱剤を安易に飲んでしまうとどうなるでしょうか。

もちろん感染して来たウイルスはほっとすることになるでしょう。

さらに抗生物質など飲むと(通常の抗生物質は細菌にダメージを与えますがウイルスには無効です)ウイルスにとっては痛くもかゆくもない、逆に腸内細菌がいためつけられてしまいます。
このように考えてくると、カゼひきで熱が出たというときに抗生物質と解熱剤を服用するということはせっかくの生体防御のしくみを相当だいなしにしてしまうことがわかってきます。

熱いお風呂に入って体温を上げる実験をしてみたことから意外にも重要なことに気づいた、というのが今回のブログでご報告したかったことなのです。


次回の更新は11/16(木)です。
2017/11/02 (9:00 am)
お風呂に入るときに水銀温度計タイプの体温計を持って入ります。

湯船につかってから、その体温計を口にくわえます(できれば水銀溜めの部分が全体的に口腔内の皮膚に密着する舌下などに固定するようにします)。

温度をやや熱めの設定にしてしばらく経つと、さてどうなるでしょうか?

ヒトの身体の60%は水とみなせます。

体重60キロの人であれば36キロ(つまり36リットル)の水のはいったタンクと同じです。

これは灯油缶2つ分と同じ分量です。

お風呂の湯船にあるお湯の熱が、他に放熱しないですべて身体に移行するとした場合、160リットルのお湯の温度が0.45℃下がるだけで体温は2℃上昇する計算になります。

ともあれ、はじめ36℃だった体温が2℃上昇するということは38℃になるということです。

実際にやってみればわかることですが、十数分で体温計は38℃になります。

私の場合平熱が36.5℃くらいですから、体温はあっというまに38.5℃以上にもなってしまうわけです。

頭部はお湯の外に出ていますから口腔内の温度が38.5℃になっているのであれば、水没している体内のすべて(血液も内臓も、おそらく骨も)それと同等か以上の温度になっていると考えられます。

ふつうカゼでもひいて体温が38度5分になったとしたら、これはもうぶっ倒れて床に臥すという状態です。

ところが、この実験をしてみたところ身体はふらふらでも何でもありません。

まったく普通の、むしろよく発汗して気分がよいのです。

これは驚きです。

この驚きの本質がどこにあるのか?

次回はそのことについてお話ししてみたいと思います。

PS:もし、この体温計の実験を早速やってみようという方がおられましたら、ひとつだけ注意点を。入浴の前にぬるめのお湯をコップ一杯飲んでからにしてください。発汗による脱水を防止するためです。


次回の更新は11/9(木)です。
2017/10/12 (9:00 am)
一年に何度か草食動物のことについて考えます。

L-カルニチンについてのプレゼンをするときに必ず「この成分は羊肉に多い」という話をするのですが、あたりまえの事実のようにこういうことを言っているうちに、「ではなぜ?」という疑問を追及したくなってくるのです。

草食動物は朝から晩までほぼ起きているときは草ばかり食べています。

草がなくなると大集団が食って行けないので広漠たる大地を大移動します。

とても疲れるはずですが、アフリカのヌーの大移動などは信じられないようなエネルギーを使いながら行われています。

そして彼らはだいだい「巨大集団」なのです。

巨大でなければ肉食動物によって絶滅させられてしまうからです。

1.巨大集団を維持形成するためには子孫を残す能力が高くないといけない

2.長距離移動するためには体力がないといけない

この条件を充たす草食動物(羊、ヤギ、牛など)の筋肉には例外なくL-カルニチンが多い。

これは偶然なのかどうか、が知りたいことです。

ひとつはっきりしていることは彼らの筋肉の中にはL-カルニチンが多く含まれていて、そうであるからには脂肪を燃やしてどんどんスタミナに転換していることは確実です。

一方、ヒトを含む哺乳類の身体の中でもっとも高濃度にL-カルニチンが蓄えられている臓器というと、これが精子細胞や精液なのです。

実際、男性不妊の人の精子は数が少ない、奇形があってまっすぐに遊泳できないといった問題がありますがそういうケースでは精液中のL-カルニチンの濃度は下がっていることが知られています。

これらの状況証拠を重ねあわせるとこんなふうになります。

 〜霓動物は精液中のL-カルニチン濃度を高めて巨大な繁殖力を保たなければならない。

◆〜霓動物は筋肉にL-カルニチンを蓄えて長距離移動に耐えられなければならない。

 大集団が生きてゆくためのたべものはその大集団よりも大きな生物量をもつ植物でなければならない。

ぁ〜霓動物は ↓△量榲達成のために自分の身体でL-カルニチンを作り続けなければならない。

今回は何の結論も出せませんでしたが、雑食動物であるヒトがサプリメントでL-カルニチンを摂るということは、もしかしたら「草食動物の強み」を身につけるところにあるようにも思われます。

ヒトは雑食動物です。

つまり肉食動物と草食動物の強みを引き出すような工夫が可能という点においてユニークだと思います。


次回の更新は10/19(木)です。
2017/09/07 (9:00 am)
前回このブログで、私たちのからだの中では大腸だけでなく、これまで無菌だと思われていた臓器にも微生物がたくさん棲んでいることが最近次々に明らかになってきた、そんなことをお話ししました。

つぎにこの話を少し哲学的な問答につなげてみましょう。

いまある臓器(たとえばAとします)について考えたとき、その臓器Aには

1.微生物がいる
2.微生物はいない

このふたつの可能性しかありません。

ここで2.のケースは少し脇に置いておき、1.微生物がいるという場合について考えてみます。

臓器Aに微生物が棲んでいる、という場合、

(ア)その種類や数に何らかの秩序がある
(イ)種類にも数にも特に秩序はない

のふた通りになります。

実際に調べられた結果が出ているわけではありませんが、この答えはわかっています。

(ア)以外にありえない、そうではないでしょうか。

存在の仕方に秩序がないとしたら、そもそも秩序の塊である私たちのからだに問題なく棲んでいられるわけがないからです。

健康な人の便をある患者さんの大腸の中に移し替えたらあっという間に元気になった、というおどろくべき「便置換療法」も、こう考えてくると特に不思議なことでもなくなってきます。

病気というのはもしかしたら体内にいる微生物相の秩序の喪失、と定義されるのかもしれません。

宿主の体調が乱れるから間借り人の秩序が乱れるのか、あるいはその逆なのかよくわかりません。

けれども健康な人には口腔内にも、大腸内、子宮内にもきちんとした微生物社会の秩序が存在しているはずだと考えてみることにさほどの無理はないでしょう。

だとすれば、ちょっとカゼをひいた、ちょっとお腹をこわしたといっては抗生物質を大量投与しようという手法(これこそ近代西洋医学の金字塔のひとつだったはずですが!)はたいへん無謀なやり方に思えてきます。

生物学には寄生、共生ということばがありますが、私たちのからだが健康である以上、同居している彼らはことごとく「共生者」であるにちがいありません。

命を終えた身体からはすみやかにその共生の秩序が失われて腐敗し、ほどなく宿主は骨だけになって風化してゆきます。

けれどもさらに大きな視野からこれをみると、バクテリアやカビに分解された肉体は炭酸ガス、水、アンモニアなどになって土や大気にもどってゆくことにも思い至ります。

これも立派な地球レベルのスーパー秩序にほかなりません。

「ばい菌」の哲学問答、いかがでしたでしょうか?


次回の更新は9/14(木)です。
2017/08/31 (9:00 am)
この前あるセミナーで体内微生物に関する話を聞いてきました。

昨今急速に研究の進んでいるのは腸内細菌の世界です。

セミナーではもちろん腸内細菌の話も盛りだくさんでしたが、「体内微生物」になると大腸に限りません。

たとえば口の中にも微生物はいます。

歯周病菌は有名です。

それから胃の中にはピロリ菌が棲んでいます。

あまり知られていませんが小腸にも相当な数のバクテリアがいます。

驚いたのは無菌だと思われていた子宮の中にも微生物、とくにラクトバチルス菌がたくさん存在しているという話です。

けれども改めて考えてみると、口腔が外界と接していることからわかるように、あらゆる消化管は体内ではなくて「体外」です。

空気中にたくさんの微生物がいる以上、口腔、鼻腔、肺、皮膚などにもそれらが存在したとしても不思議はありません。

さらに胃から小腸、大腸に至る消化管もひとつながりのトンネルですからこれらのことごとくに微生物がいることも納得できます。

子宮は一応「体内」に分類されていますが、トポロジカルな構造からいえば「体外」の一種とも考えられます。

ところが最近の研究では卵巣などにも微生物が暮らしている、ということがわかってきているそうです。
卵巣といえば、これは完全な体内ですから、こんなところにも「部外者」が棲んでいるというのはびっくり仰天です。

こうなれば心臓や脳なども(今はまだ知られていませんが)例外ではないのかもしれません。

大腸の細菌叢は腸内フローラと名付けられテレビなどでもよくみかけますが、そもそもこの数は500兆個とも1000兆個ともいわれる凄まじい数です。

ヒトの細胞の数が30-60兆ということからして、そもそもどちらが主役なのかわからないほどです。

これまで無菌と思われていたところにもそうではないのだということがわかってきたのはそういう微生物を培養せずに正確に検出できる技術が発達してきたことによります。

これからもまだあっとおどろく体内微生物が発見されるに違いありません。

また大事なことは、そんな「部外者たち」がそこかしこにはびこっている状態とわたしたち自身の健康状態が密接に関係しているはずだということです。

次回はそのことについて考えてみたいと思います。

本日8月31日はところによっては10月なみの気温になるのだそうです。ご自愛のほど。

ではまた来週!


次回の更新は9/7(木)です。
2017/07/27 (9:00 am)
元祖スポコンもの『巨人の星』は少年マガジンに連載されていました。

読んでいた私は小学生でしたからなんともう半世紀前(!)にもなります。

星飛雄馬は根性の塊、それを描くのに最適だったのはモーレツなウサギ跳びでした。

中学に入ってから運動クラブに混じった私もこのウサギ跳びはずいぶんやらされました。

効果はかなり絶大で、あっという間に足腰強靭、ぽっかり腹筋が割れました。

大汗をかいても水を飲むな、が一種の美学でした。

補水なしのウサギ跳びは昨今さすがにすたれていますが、当時はデメリットなど知る由もありませんでした。

夏休みにはプールサイドで甲羅干し、真っ黒になるのを競いました。

海水パンツのあとがくっきりツートーンになるのが二学期に向かう勲章のよう、のみならず夏場に焼いておくと冬に風邪をひきにくくなるともいわれていました。

ある日、こういった健康常識はまっさかさまの評価を受けるようになります。

研究云々というまでもなく、今の夏の猛暑、日照りのきつさは異常に思われ、眼や肌がヒリヒリしてくるのはまぎれもない実感です。

先ごろ亡くなられた日野原先生はプロの医師でもありますが、医者の不養生と言われるようにほんとうの養生の達人は知識や理論を超えた観察を絶やしません。

養生訓を残した貝原益軒はあの当時で83歳まで生きていますから説得力がちがいます。

遺伝子も腸内細菌もエネルギー代謝も何もしらなかった昔の達人は、ただただ己のからだとの対話だけをたよりにいろいろな気付きを重ねていったのです。

知識によらず観察による強み、この夏もなにか自分なりに気の利いた養生訓をみつけてみたいものだと思います。


次回の更新は8/3(木)です。
2017/04/20 (9:00 am)
化学記号で(CH2O)nと書かれてもピンと来ないかもしれません。

これを漢字に直すと(炭・水)nですが、これでもまだよくわかりません。

炭と水がくっついて「化けた物」とすれば、「炭水化物」となり、これでだんだん通じてきます。

文字どおり炭水化物は炭と水がくっついてできたものですので、たとえば炭水化物の一種である木材や紙、お米などを燃やすと水が抜けてあとに炭が残ります。

ここまでは化学の話ですが、炭水化物はさらに細かく「法律によって」分類されています。

炭水化物の中でもブドウ糖やショ糖(グラニュー糖)のように食べればほぼそのままエネルギーに変わるものは「糖類」です。

この糖類にデンプン(ブドウ糖が多数つながったもの)や人工甘味料などを加えたもの、それが「糖質」と定義されています。

つまり「糖類」は「糖質」の一部です。

炭水化物から「糖質」を差し引いたら何が残るか、というと「食物繊維」が残ります。

というわけで「炭水化物」は「糖質」と「食物繊維」からできていて、さらに「糖質」の一部に「糖類」があるというわけです。

食物繊維はさらに水に溶けるものと溶けないものに分類されますが、法律ではそこまで区別していません。

ところで「糖類」は「糖質」の一部なのですから「糖質ゼロ」の方が「糖類ゼロ」よりも含んでいるものが少ないことになります。

たとえば「糖類ゼロ」という場合にはブドウ糖ははいっていませんがデンプンは入っているかもしれません。

デンプンは酵素(アミラーゼ)によって分解されてブドウ糖「糖類」になり、それはエネルギーになります。

「糖質ゼロ」でも「炭水化物」が含まれているというのなら、「食物繊維」があることになります。

しかし「食物繊維」はエネルギーにはなりませんので、結局「糖質ゼロ」とあれば一応カロリーは非常に少ないものと考えてよいわけです。

こんな分類は何故あるのか?というと、食品製品のラベルにそういう情報を書いておくことによって消費者は「カロリーが低い製品はどれか?」を判断できるからです。

ただしこれはあくまでも法律の世界での理屈であり、科学的な分類ではありません。

消費者に与えられる情報が科学的なものか法律的なルールに基づくものか、といったことはそれこそ「消費者には関係のないこと」ですが、理解できるものでなければ困ります。

大学の専門学部で生化学など教えている先生でも「糖質」と「糖類」のちがい、といってもまともに答えられる人は少ないと思います。

それはこの分類が法律によるものだからですが、いずれにしてもここで私が思うことは「こんなにわかりにくくていいのかな?」ということです。

食品のラベル表示にはかなり厳密な取り決めがありますが、狭い面積に細かい字で書かれたことも読まれて理解されなければ意味がありません。

とはいえ、「糖質」と「糖類」、「食物繊維」そして「炭水化物」の関係あたりを理解されれば自分の欲しいものを選びやすくなるかもしれません。

糖尿病傾向の人や風邪や食欲不振で元気が出ない人、それぞれが何を選べばよいか?

お役人の方々にはどうかもっとわかりやすいものをめざして頂きたいと思います。


次回の更新は4/27(木)です。
2016/10/13 (12:10 pm)
活性酸素は私たちのからだの中で不要な細胞を分解したり、外敵として侵入してきたバクテリアなどを撃退したり、女性の毎月の排卵を助けたり・・・とさまざまに重要な役割を演じています。

その一方で活性酸素は健康な細胞を傷つけたり、遺伝子の情報を狂わせたりといった「わるさ」も相当しています。

これを使いこなして呼吸をしながら何食わぬ顔をして私たちは生きているのですが、酸素はもともと身体にとってはたいへん扱いにくい過激な成分です。

「使いこなし」には様々な工夫があります。

たとえばSODという酵素は活性酸素をたちどころに消去して無害化することができますが、ヒトはこの酵素を豊富に持ち合わせていて、それが他の動物に比べて飛び抜けて長寿である理由のひとつと考えられています。

しかしながら、活性酸素を退治する能力は加齢とともに失われて行きますので、抗酸化サプリメントなどが効力を発揮する場面が多くなってくるわけです。

ところで、鉄イオンは私たちの身体の中には血液中の赤血球を中心にかなりの量が含まれていますが、これもまたなくてはならない成分であるとともに活性酸素の発生源ともなっています。

鉄と聞けば「鉄欠乏性貧血」などが連想されるかもしれません。

もちろんそういった疾病状態に陥ることはあり得ますので、その場合には医師の指示に従って治療を行って頂きたいのですが、ひとつ興味深いことをご紹介します。

米国で試みられた一種の健康法なのですが、半年に一度くらいの割合で500ミリリットルの血液を抜くと体調がよくなる、という研究があるのです。

鉄はいったん身体に入るとゆっくりとした新陳代謝以外に抜けてゆく出口がありません。

そのためどちらかというと、少しづつ身体に蓄積してくる性質があります。

結果として活性酸素の発生源が増加することになり、加齢が早くなったり、発癌が起こったりという不具合がおこりやすくなるという理屈なのです。

特に加齢してくると身体活動度も減少してきますから、それほど大量の鉄は必要ではなくなってきます。

女性であれば月経が終わったあとにはやはり鉄イオンの排泄は少なくなってきます。

この理論に基づけば半年に一回くらいの献血を行うことは合理的だということになります。

この話は先日行われた「腎とストレス学会」というところで聞いたのですが、講演された医学部の先生は「献血を定期的に行っていると体調がよいという方は確かにおられる」と話されていました。

献血をすることで困っている人を助けることができますが、献血した側にもメリットがあるとすればたいへん興味深い話だと思います。


次回の更新は10/20(木)です。
2016/03/24 (12:00 pm)
「ヒトが現在のように飽食になったのは全人類史の中で非常に最近(たとえば終戦後数十年)の出来事である。一方ヒトの身体は有史以前からほとんど変化していない。だからオーバーカロリーの生活習慣病が蔓延してくる。」

以上のような話を聞かれたことがあるかと思います。

これはたしかにその通りで1〜2万年前の縄文時代人と現代人では本質的にまったく同じ遺伝子を持った生物であるにもかかわらず、狩猟の苦労をしていた縄文時代人に対し現代人はコンビニで数百円も支払えば1000キロカロリーをあっという間に手に入れることができるのです。

一方、最近では「有意以前」と「戦後現代」を対比させるのではなく「縄文時代」と「弥生時代以後」を比べて栄養状態を論じる試みがさかんになっています。

人類が農耕を開始して米や麦の利用を身につけたのが弥生時代だとすると弥生時代は現代に近い、つまり弥生時代と縄文時代の方の距離の方が大きいのではないかという考えです。

精米されたお米というものは、主食として飽きが来ることもなく口あたりもすばらしくどんなおかずにもハーモナイズする非常に卓抜した食材です。

しかも穀物は備蓄ができますので、安定供給という面でも大きなメリットがあります。

さらに興味深いのはその栄養利用率の高さです。

炊いたご飯を食べると唾液や膵液から分泌されるアミラーゼによって速やかにブドウ糖にまで分解され、ものの数分で吸収されて血中に移動してきます。

そこにインスリンが出動して細胞に吸収されてエネルギーとして即時に利用され、余った分はグリコーゲンや脂肪の形で備蓄されます。

無駄はゼロです。

こんなに利用しやすいエネルギー源を主食として早くも弥生時代に利用するようになったわけですから、そこから人口の爆発的増加がはじまったのも不思議ではありません。

昨今有名な「ローカーボダイエット」はいわばこの弥生時代以降エスカレートしてきたデンプン質の摂取を見なおすコロンブスの卵のような食事法だととらえることもできると思います。

極端な「ノーカーボ」は不自然に過ぎて危険ですらありますが、「オーバーカーボ」は人生百年時代に入ってきた現在、改めて見直されてしかるべきだと思います。

というわけで「ちょいローカーボ」が最適な健康選択肢だというのがひとつの結論になると思います。

「ローカーボダイエット」には賛否両論ありますが、「ちょいローカーボ」ならあまりかまびすしい議論をする必要もないといえるでしょう。


次回の更新は3/31 (木)です。

(1) 2 3 4 ... 7 »

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.