執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


2008/04/24 (7:50 pm)
私がエネルギー代謝系のサプリメント関係の仕事をしていることから、メタボリックシンドロームに関しては割合早くから意識しました。

最初に腹部のCTスキャンを撮ったのが今から2年半ほど前のこと(2005年10月末)です。

当時の体重は約70 kg、CTスキャンによる内臓脂肪面積は108.8 ㎠、そして腹囲長は86.9 cmで「メタボの入り口を少し入った程度」といったところでした。

実際に見た自分のCTスキャン像は印象的で、それが減ってゆく様子などを想像したりしました。

その後いよいよ私も「行動変容」を起こすことになったわけですが、そのときの様子はこのブログでも書いたことがあります。









ポイントは、カロリー摂取量を一日あたり1500 kcal程度になるようにする、ということでしたが、私の場合いろいろ考え抜いた末「昼食を思い切って軽くする方法」で行きました。

一日に数回体重を計って記録するなどして、自分の体重がいかにめまぐるしく変化するかを改めて知り、これはこれで興味深いものでした。

食事の前後、手洗いに行く前後、就寝前と起床後など、特に休日には頻繁に測定して記録しました。

中でも面白かったのは就寝前と起床後の体重比較です。

特に体重の増減の原因となるもの(摂食や排泄など)がないにもかかわらず、朝起きて測定する体重は必ず就寝前よりもはっきりと軽かったのは不思議な実感です。

理屈からすれば恐らくこの体重減少は私の体内の脂肪や糖質が燃えて炭酸ガスとして出て行ったこと、それから発汗によるものと考えられます(恐らく大半は後者)。

スポーツジムで一生懸命やったつもりでも思ったほど体重が減らないでがっかりしたようなこともあるわけですから、寝ているだけで体重が確かに減っている、ということはちょっと驚きます。

もちろん、その減少分は朝食前の水一杯で元に戻ってしまうようなものではありますが、ともかくよく「ケーキを食べ過ぎて1 kg太った」とか何とかそういうのはちょっと違うということを実感としてつかむことができるようになりました。

また食べた脂肪がどういう風な時間経過とともに燃焼してゆくのかという論文を読んで、食事の後3−7時間が最もよく燃えるということを知ってからは、寝る前の喫食を自然に控えるようになりました。

こういうものもモチベーション、行動変容のきっかけとして効き目があります。

ところで、それ以後 70 kgあった私の体重は 65 kg台で下げ止まりました。

その時点で膝にかかっていた重量感はなくなり、少しくらい長く立ったままでいても疲れなくなりました。

そして臨床検査数値もすべて合格ラインとなりました。

またメタボの基準を律儀に踏襲すれば私の腹回りは80−85 cmのところにあり、ほとんどのスーツは「だぶつき気味」です。

この85 cmという基準には賛否両論ありますが、中肉中背である私の場合は内臓脂肪面積(100 ㎠)と腹囲長(85 cm)はかなりおあつらえ向きに相関していたようです。

それ以上減らすためにはたぶんジムに通ったりフルマラソンを目指したりといったまた別の行動変容を起こす必要があるのだと思いますが、そこはたぶん好き好きで、私自身は65 kgに下げ止まった辺りをベスト体重といって良いように思っています。

アバウトです。

それよりも重要なことは、何とか2年以上脱メタボ状況を継続できているということで、これには満足しています。

特にリバウンドが起こらないのは時々思い切って好きなものを好きなだけ食べることにしているからかもしれません。

しかし3日から4日の区切りごとにどこかで帳尻を合わせるような習慣が比較的自然に身につけてこれたと思います。

その状況で私はL-カルニチンを摂取しています。

ほぼ毎日摂取していますが、私としては「せっかく毎日飲んでいるので、このままのいいペースで節制を続けてゆこう」ということがゆるやかなモチベーションになっている可能性があります。

何にせよ一念発起、あまりに気合を入れすぎるとその熱意のエネルギーが持続しません。

よく言われるように何事もリラックスしてややアバウト気味で行くのがコツではないか、私もそのように思います。

次回の更新は5/1(木)です。
2007/06/15 (10:30 am)
そのようにしても痩せはするでしょうが、それはまったくの本末転倒。

減少させたいのは余分な脂肪であって筋肉をはじめとするたんぱく質ではないことをいつも心している必要があります。




故にカロリーコントロールをおこなう場面ではおなかがすいたときに饅頭ではなく、ゆで卵を1つ食べるという選択肢も用意しておくべきでしょう。

(つづく) 次回の更新は6/19(火)です。
2007/06/12 (9:56 am)




メタボリックシンドローム対策で減量が必要な際に、摂取するエネルギー源が不足したとしても、もともと内臓や皮下に蓄えられている脂肪が使われることによって必要量がまかなわれます。

というより、摂取を抑えて不足した分を体内備蓄分から引き出すということがカロリーコントロールの本来目的とするところです。

それに対し、「食べないこと」によってたんぱく質が不足するような事があれば、身体はそのために備蓄されているわけではないはずの筋肉という「身を削って」生き延びようとします。
2007/06/08 (11:37 am)
リバウンドのことにふれたついでに。

ある人が空腹を感じたとき、ゆで卵一つを食べることと同じくらいの大きさの饅頭を食べるという選択に違いはあるでしょうか。






胃袋が満たされる容積に差はないとしても饅頭は灯油やガソリンと同じく身体が生きてゆくために必要なエネルギーの源として働きますが、ゆで卵は私たちの身体そのものをつくる木やセメントのような役割をもっています。

(つづく)次回の更新は6/12(火)です。
2007/06/05 (10:22 am)
ポテトチップスでさえ一袋80グラム強で500キロカロリー弱ですから、「とんこつラーメン半ライス」などにははるかに及ばぬつつましい存在です(またダイエットに関心のある人がポテチ一袋を毎日一人で食べるというようなことは考えにくいことでもあります)。

また脳の活動にはエネルギー源としてのブドウ糖が必須ですから、これを適宜補給しないことには仕事の効率も下がってしまいます。

以前はちょっとした罪悪感にとりつかれながら間食していた私ですが、昼食を軽くする方策をとってからは、スナックタイムもメリハリをもって有効に生かせるようになったと思っています。






そして何よりダイエット最大の難関とされるリバウンドをクリアすることができるメリットは非常に本質的なことと思われます。

(つづく)次回の更新は6/8(金)です。
2007/06/01 (10:39 am)
最近ではお菓子やスナック類にもカロリーが表示されている場合が多いので、これは大変参考になります。

近頃は特にカロリーに留意した優れたお菓子も簡単に手に入ります。






私の経験でいえば、たとえば1パッケージが150-180キロカロリー程度のものを12時台と15時台あたりにわけて食べれば空腹感は十分おさまります。

この程度のカロリーを昼間に摂取しても1日トータルでみてほとんど問題になりません。

間食というと肥満の元凶のように言われていますが、それは食事でカロリーオーバーになっていながら、なおかつ間食を摂ったりするからそうなるのです。

一方、食べる量を決めてメリハリをつけたスナックは一息入れるにも非常に好ましいツールだと私は思います。

(つづく) 次回の更新は6/5(火)です。
2007/05/29 (10:03 am)
ダイエット中に感じる「ひもじい思い」がリバウンドであり、これが失敗の元凶だと目されています。




しかしここでは空腹感をちょっとした工夫でコントロールすることができるという事実が重要です。

空腹感は生存に必要な生理現象のひとつですが、単におなかがすいたということで無闇な間食をしていたのでは、何のために昼食を抜いたりしているのかわかりません。

空腹感は主として血糖値が下がることが引き金となってもたらされます。

そこで、私は大きな空腹感が押し寄せてくる前に時折クッキーやチョコレートなどをゆっくりしたペースで食べるようにしました。

(つづく)次回の更新は6/1(金)です。
2007/05/25 (10:15 am)
ただ、私が自分自身のダイエットで留意したことの一つは、摂取制限するのはカロリーについてであって、その他の必要な栄養素の摂取までを減らすわけではない、ということです。

むしろたんぱく質やミネラル、ビタミンなどは意識的に十分摂るように努めました。

そのために、私は何かの夕食会の折りやパーティーなどで食事をするときにはかえって禁欲的にならず、その機会をむしろ積極的に楽しむようにしました。






そうすることによって、「昼食抜き」によって不足しがちな栄養素を補うようにしました。

また好きなものを食べる機会を時折設けることによってストレスが溜まることもさけられ、結局また翌日の昼食を抜いてもひもじい思いを感じずにすむようになったわけです。

(つづく) 次の更新は5/29(火)です。
2007/05/22 (10:13 am)
昼食を抜くことによって数百キロカロリーを削減するということは、1日摂取カロリーという観点から見てかなりの変化と考えられます。

体重を1日最低1回、休日には2-3回記録しはじめてみると、さすがにその変化は目に見えるものとなって翌日から表われ始めました。






と同時に体重というものがいつどの程度変化するのかということにも意外な発見がたくさんありました。

例えば家にこもっていたりする週末と、職場で仕事をしている日の違いや、食事の前後、就寝の前後などで体重計の値はめまぐるしく増減することがわかりました。

日々、体重は増減するのですが、それを10日間の平均などで計算してみると、全体的には着実に減少していることがわかりました。

それが面白く、励みにもなったのだと思いますが、私の昼食抜き減量作戦はまず順調な滑り出しを見せました。

(つづく)次の更新は5/25(金)です。
2007/05/18 (2:36 pm)
翌日から、まず昼食抜きを実行するために朝食をしっかり摂らざるを得なくなりました。

なにしろ、朝食べてから今度は夕食までエネルギーを持続させる必要があるからです。






その結果、朝はそこそこに起きることになりました。

朝に700kcalを摂るとなるとけっこう頑張って食べる感じになります。

しかし、ここでは脂っこいものや甘いものも遠慮なく食べてもよいはずで、そうなると朝食は楽しみに変わります。

夜更かし→朝食抜き→ヒルのドカ食い→遅がけの呑み会→フィニッシュラーメンという連環に比べてこれは何とも健康的なパターンだと思えました。

(つづく)次の更新は5/22(火)です。

(1) 2 »

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.