執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : 食の安全 : 
2012/05/17 (11:00 am)
何らかの新しい成分を食品として使用してよいかどうかということについては、かなり詳しい当局(厚生労働省)による検討を経て行われます。L−カルニチンは2002年の年末に食品としての使用認可判断が得られましたので、今年末で10年になりま...
カテゴリ : 食の安全 : 
2008/09/25 (6:43 pm)
中国製冷凍餃子事件、賞味期限偽装、産地偽装、事故米の次は中国製乳製品のメラミン混入問題が発生しました。切りがないような状況ですが、これらをすべて「食の安全の問題」としてくくってしまうと、ことの本質があいまいになる可能性があり...
カテゴリ : 食の安全 : 
2008/09/18 (6:32 pm)
食の偽装問題は結局後を絶たず、何月に何があったかを覚えていられない感じになってきました。今回の事故米・汚染米問題はうなぎのようにそれ単独で消費者に届くという単純なものではなく、主食類、菓子類からアルコール飲料に至るまで非常に...
カテゴリ : 食の安全 : 
2008/03/06 (11:01 am)
フードマイレージは一方で炭酸ガス排出の問題をも提起しています。1トン(t)・km、つまり1kgの食物を1000 km離れたところから運んでくるために(あるいは1tの食糧を1km運んでくるために)飛行機を使えば1500g、トラックでは180gの炭酸ガスが...
カテゴリ : 食の安全 : 
2008/02/28 (3:42 pm)
食料の調達と環境に関して最近有名になってきている考え方に「フードマイレージ」というものがあります。これはもともと2001年に発表された農林水産省政策研究所の中田哲也さんのアイデアだということです。
カテゴリ : 食の安全 : 
2008/02/21 (5:35 pm)
日本の食糧自給率が低いことが近ごろ中国餃子事件との関連もあって話題になっています。もちろん今度の安全性の問題が即座に全体的な自給率問題と直結するわけではありませんが、少なくともそこに思いを馳せるくらいのことが、普段こういうこ...
カテゴリ : 食の安全 : 
2008/02/07 (12:31 pm)
テレビの健康番組事件から一連の偽装や賞味期限問題が矢継ぎ早に勃発した2007年が明けたと思ったとたん今年は早々から餃子の事件です。
カテゴリ : 食の安全 : 
2007/11/29 (10:22 am)
−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題ぁ檗            ゝ掴世...
カテゴリ : 食の安全 : 
2007/11/22 (10:19 am)
−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題−        大量の食品が今日...
カテゴリ : 食の安全 : 
2007/11/15 (12:22 pm)
−今後 日本社会が切実に取り組むべき難しい課題◆檗              ゝ...

(1) 2 3 »

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.