執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : つれづれ : 
2017/06/22 (9:00 am)
近頃は対向車線から自動車が飛んできたとか登校中の児童の隊列に車が突っ込んだとかそんなニュースを耳目にすることが多いですね。

いったん事故が起こってしまうと当事者はもとより交通妨害がおこり、警察官の人たちもたいへんな事後処理が必要になってしまいます。

昨日の朝、街中で車を運転していたらたくさんの警察の人が出てあちこちで通勤通学の人たちの誘導をしていました。

交通安全週間なのかどうか、運転をしている方にしてみれば白バイやパトカーなどが視界に入ると少なからずハッとします。

それまで飛ばしていたクルマの流れもぐっとゆっくりになったりもします。

何も違反をしているつもりはなくとも一瞬の緊張が走る、これは正直なところちょっと「イヤな感じ」なのです。

けれども、ほんとうにいやな感じがするのはやはり事故現場と出くわしたときです。

大勢のパトロール隊による朝の交通整理を見ていてふと、これはまさに身体でいえば予防にあたるな、と思いました。

事故の後処理は一時的な生活活動の停滞を伴い、車や乗っていた人、巻き込まれた通行人、ガードレールや電柱などのインフラの修理などにとても大きな負荷がかかってしまいますが、この点まさに傷病の治療と同じです。

お酒をのみすぎるな、寝る前にものを食べるな、体重を管理せよ、きちんと睡眠をとれ・・・こういうことはちょっと羽目を外して楽しんでいたい身にしてみれば余計なお世話、「イヤな感じ」がよぎりますが、街中でパトカーが見えた時とよく似ています。

だからというわけではありませんが今日はほんとうに久しぶりに歯医者さんに言ってケアをしてもらいました。

虫歯などは特になく、歯そのものはしっかりしていますねと褒められて少し気をよくしたのですが、同時に痛い思いをして削ったり抜いたりせずに済んだことにほっとしました。

忙しさの最中に紛れてしまうのも交通安全や健康管理の共通点かと思います。

人生の終盤、忙しさから解放されたとたんに放置していた健康の治療にとりかかる、というのはどうもマズいと思います。

まず手始めに近所の歯医者さんに予約を入れてみられてはいかがでしょうか?


次回の更新は6/29(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/06/15 (9:00 am)
先日片岡鶴太郎さんが全日本ヨガ連盟からヨガ親善大使に任命されたというニュースをみました。

なんでも、インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定に合格しレベル1からレベル4まであるうちのレベル1のライセンスを取得したのだそうです。

鶴太郎さんといえば、物まね芸人から出発して、ボクサー、俳優業そしてプロの画家としても大活躍していることで有名です。

鋭敏な好奇心を駆使して面白いと思ったことにはグッとくらいついてものにしてしまう、その発想や執念、努力には感服します。

そんな鶴太郎さんのことですから、ヨガへの取り組みも生半可でなく外出の7時間前に起きて4時間のトレーニングに励み、その後2時間かけて食事そして身支度。

しかも一日一食なのだそうです。

朝6時に出かける場合には午後11時に「起きる」というわけで、なんだか混乱してきそうです。

そんな生活で体重は65 kgから43 kgになり、カゼひとつひかず体調はすこぶる良好、125歳まで生きるのだとか。

鶴太郎流にいえばこれでまたあたらしいジャンルをひとつものにした、ということですね。

ものすごく充実してその成果を楽しんでおられる様子が伝わってきます。

ただ、座禅の足組みをしながらお腹をボコッと引っ込めてポーズをとっている写真をみていると、あばら骨がくっきり浮き出ていて目はくぼんでぎらぎらしており何だか鬼気迫るものがあり、ちょっと引いてしまいそうです。

この鶴太郎さんの姿とそっくりな、骨と皮だけになった荒行後の仏陀の像をみたことがあります。

ほんとうにそっくりです。

こうなると鶴太郎さんが肉体的なことだけではなくて、何かあたらしい精神的な境地に到達したのではないかと、そんなところにも興味が湧いてきます。

体調が良くて充実感もあって、ということなのでいうことはないのですが、それにしてもここまで身体をそぎ落としてしまってほんとうに大丈夫なのか心配になってきます。

この状態、トラブルがおこっていない段階ではまったく問題がない、というかむしろ非常に健康なのだと思うのですが、ひとたび何らかの不調が起きてきた場合にそれに対応できるのか懸念をおぼえます。

肥満体だった人が大きな手術をして退院後に別人のようにスリムになっていた、というような事例をよくみかけますが、これは病巣の除去、修復という非常に大きな身体ストレスに対して持ち前の体脂肪や筋肉を消費した結果にちがいありません。

まさに身を削りながらの闘病・回復ということになります。

こういう観点からかんがえると「無駄なものはなにももたない」ふうに見える鶴太郎さんのすさまじいまでのアプローチについても少し検討が要るような気がしますが。

そもそも、手術が必要になるような病気にならないよ、ということでしょうか。

ともあれ、どんなジャンルにも挑戦してプロフェッショナルなレベルまで到達してしまう鶴太郎さんにしてみれば、活き活きと新天地に突っ込んで行くということが重要なんですね。

ええ、大いに元気を頂ける思いがします。

これからも世間をあっ!と言わせ続けてほしいものです。


次回の更新は6/22(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/05/25 (9:00 am)
わたしの最近の得意技のひとつはいいレストランや飲み屋さん、喫茶店などを直感でさがしあてることです。

ウェブサイトの口コミ情報などに頼るのではなくてあくまでもお店のたたずまいだけをたよりに探します。

というよりたまたま歩いていたり車に乗って通りがかったりするときに「あれっ?」と気になったら入ってみるわけです。

ここのところ特に運がついているようで、何軒かたて続けに「すごい!」とびっくりするようなレストランやカフェを見つけることができています。

数えたわけではないので正確なところはわかりませんが、どうも最近その「打率」がぐんぐんと上がってきているような自覚があるのです。

ところで脳の奥まったところに大脳基底核という部分があります。

さらにそこには尾状核なる部位がありますが、この領域はいわゆる「直感」がはたらくときに作動していることが最近の研究でわかってきています。

将棋の棋士などはここが非常に発達しているということです。

興味深いのは脳のこの部分というのは年齢が高くなってきてからも訓練次第で鍛えられるのだそうです。

直感とは何か、というとたぶん「言語を介さないである結論に到達すること」といったところでしょう。

あれこれ考えるのではなく、一瞬に結論がわかるということは驚くべき能力だと思います。

言葉を介さないので、自分でもなぜそれがわかったのか、それを他人に説明することができないということです。
齢をとれば脳なんて衰える一方、と思われるのが一般的ですが大脳基底核に関しては加齢とともに発達するのだそうです。

レストランやカフェをウェブにたよらずにみつける、というようなことももしかしたら私の脳の奥が「熟成」してきたせいかもしれないな、などと考えながらちょっと愉快になっている今日この頃です。


次回の更新は6/1(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/05/18 (9:00 am)
かつて上方で林家小染という噺家がいました。

この人は好角家(相撲好き)でも有名で、懇意にしていた力士も少なくなかったようです。

力士と言えばもちろん大食漢も多いわけですが、小染さんによれば中でも飛び抜けていたのは福の花という人だったそうです。

小染「関取、焼き肉やったらどのくらい食べられますか?」

福の花関「焼肉か、どのくらいやと思う?

小染「さあ、私も噺家の中ではよう食べる方で、7−8人前くらいやったら食べられますさかい、関取やったら20人前ぐらいですか」

福の花関「いやいや53人前や」

小染「53人前!?」

いくら巨漢の力士とはいえこの食欲は超弩級ですが、これに対する小染さんのコメントがおもしろかった「こらすごい。なんせ、ひとクラス分の給食を一人で食べるようなもんでっさかいなぁ!」(爆笑)

なるほど、途方もない胃袋です。

ところでこの前テレビで女性の大食いの人が競い合う番組をみました。

こういう人たちはフードファイターと呼ばれるのだそうですね。

数人の札付きの実力者がハワイで何日かにわたって次々にいろんなメニューを平らげてゆくのですが、1キロのT-ボーンステーキあり一羽丸ごとのチキンあり丼ものありラーメンあり、と、それはそれはこれでもかというくらいのたべものがあっという間に女性たちの胃袋に流し込まれて行きました。

最後の決勝戦となったラーメンでは皆15杯前後も平らげていたと思います。

これを見ていて不思議に思ったのは、こういう女性フードファイターの人たちというのは決して太ってもいないし大柄でもないことです。

見た目はふつう、というよりむしろ小柄な人が多いようにみえます。

以前ギャル曽根という女性フードファイターがどんどん食べているところをレントゲンで撮影しながら調べて行くのを見たことがあります。

論評していた消化器内科のお医者さんも「こんなに大きくなった胃袋はみたことがない!」と仰天していました。

なんでも通常の15倍だかの大きさまで膨張しているんだそうです。

まあそうでもなければ数キロ以上におよぶ食材を食べ続けることはできないでしょう。

ともかくレントゲンでは胴体のほとんどが胃に占拠されているように見えていました。

この人たちの身体がどうなっているのか、想像するしかありませんが、食べた物が吸収されないか、ものすごい速度で燃焼しているか、そんなところでしょう。

しかしもし吸収されないのだとしたら、普通の食事ではもたないはず、なのでそんなことはないと思います。

食べた端からどんどん燃焼しているのだとしたら・・・そのエネルギーは特に運動もしていないのであれば熱になるはずです。

けれども体温は平熱のまま・・・ガンガン燃えている、のでもなさそうです・・・。

仮に非常な速度で燃焼しているのだとしたら、普通の食事をしているときにはたちまちエネルギー不足になってしまうにちがいありません。

力士であれば大きな身体に吸収され、はげしい稽古が求めるエネルギー需要に対応してそれなりにバランスするのだと思いますが、小柄な女性の場合には本当に不思議なことです。

幽門という、胃から十二指腸につながる出口が閉塞したような状態になると「胃拡張」という病気になりますが、この場合にはたちまちにして嘔吐が起こったりして身体が受け付けなくなります。

いずれにしても私はその番組をみている間ずっと不思議だ不思議だと繰り返し思っていたばかりで、感心もしなければとくに面白くもありませんでした。

危険極まりない行為なのでこういう番組は如何なものかと思いますが、そもそもそういう特殊な体質の人は「やってみようかな?」という気持ちになるのでしょうね。

人間どんなことであっても「やってみようかな」という気になることについては適性があるということなのかもしれないな、などとあらぬ方向にまで思いが及びました。

それにしても・・・いやはや・・・!


次回の更新は5/25(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/05/04 (9:00 am)
日本人が他国の人とちがうところはさまざまありますが、お風呂をたのしむ習慣もそのひとつでしょう。

東日本大震災の時に自衛隊の人たちが設営した大きなビニルプールのような設備にお湯をはって入っておられる被災地の方たちの様子をテレビでみたことがあります。

何日かぶりで肩までつかる温かいお湯に心底から「生き返った!」という表情がなんとも印象的でした。

今ではお風呂のお湯もスイッチひとつで難なくたてることができますが、ずっと以前には銭湯に行くか薪割で一回づつわかさなければならなかったわけです。

古い映画などでは板を下に敷いて五右衛門風呂につかっている主(あるじ)が「もっと熱く」と窓越しに怒鳴ると外にいる書生さんや女中さんが一生懸命薪をくべるようなシーンがときどきみられます。

このお風呂ですが、43℃くらいであれば「熱っ!」となりますし40℃ならどうも物足りなく感じるような微妙なしろものです。

40〜43℃というとほんとうにわずかな差ですが、私たちにはその微妙な範囲においてのみ心地よさを感じることができます。

これはもちろん体温が36℃台という細かいところで微調整されていることとも関係があります。

体温計が37℃になると微熱ですし35℃ならこれもかなり具合が悪いのです。

たとえば40℃に設定された150リットルのお湯で満たされたお風呂があり、そこにザブンと飛び込んだとします。

ヒトの身体の水分量は体重のおよそ60%ですから60キロの人なら36キロ、だいたい36リットルになります。

36リットルというとストーブの灯油タンク2つ分と同じです。

つまり大人ひとりが40℃のお湯に入るときには36℃の灯油ポリタンク2本分の水を注ぐのと同じ温度変化が生じることになります。

湯船につかった直後はけっこう気持ち良くてもお湯そのものの温度は時々刻々下がって行きます。

そこで主は「もっと熱く!」と怒鳴ることになったのです。

逆もまたしかりで42℃を超えるあたりからヒートショックプロテインという熱に反応するタンパク質やその関連遺伝子が応答しはじめますので今度は熱くて飛び出したくなります。

しかし大きな温泉や温度の自動調節ができる最近の家庭のお風呂ではこのあたりの調節が絶妙にできますので私たちはごくあたりまえにそれを享受しています。

冬場の寒い時期など熱いお湯にさっとつかって上がるよりややぬるめのお湯にゆっくり入った方が良いという有名な教えは、結局36リットル36℃の身体の水分に対して湯船のお湯の熱量が十分に交換されないと風呂上りの温かさが確保されない、そこのところを指しているのでしょう。

私たち日本人はそんなお風呂に慣れ親しんでいますが海外ではシャワーだけで済ませてしまうところも少なくありません。

身体を清潔にするということだけであればシャワーで十分なはずですが体温を微妙に調節しながら他にすることもなくゆったり湯船につかるという習慣は脳や自律神経などにも大いに影響してきます。

「温度調節が自在のお風呂」は生物の体温調節能力に対応した精密機械とも言えそうです。

もしかしたら日本人の寿命を伸ばすことにも一役買っているのではないかと思います。

GW中はどこかに行楽にでかけるのもすてきですが、少し早めの時間からゆったりとお風呂を楽しむというのもなかなかオツな過ごし方ではないでしょうか。


次回の更新は5/11(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/04/06 (9:00 am)
先月の国会でのこと、ある野党議員が麻生大臣に対して「人間が生きる上でいちばん必要なものは“空気”、では2番目に必要なものは何か?」という謎かけ的な質問をしました。

これを受けて麻生さんは「人間が生きていく上で大事なことは朝は希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝と共に眠る、この気持ちだと思っています」と切り返しました。

はっきりいって質問者が誘導したかった趣旨とはちがう回答だったわけですが、グンと高い次元から降ってきた一連の言葉に当の野党議員も思わず脱帽、感服の意を表明していました。

国会の場でこういう形而上的なフレーズが交わされることはあまりないことですので私もちょっと驚きましたが、あとでお風呂にゆっくりつかりながらふとこれを思い出し、ほんとうにそうだなあ、そうできればいいなあ、と妙に納得しました。

とくに私が感じたことはふたつあります。

一つ目はこの朝、昼、夜の気構えというのは「心身の健康」と表裏一体になっているだろうということでした。

先の稀勢の里優勝の日など、彼はまさに(逆転優勝への)希望をもって目覚め、懸命に相撲を取り、夜は感謝をもって眠りに就いたのではないでしょうか。

横綱は負傷していましたから身体の方は決して健康とはいえない状況でした。

けれども「心の健康力」がそれをみごとに補ったのではないかと思います。

「どうせケガをしてるんだから本当なら休場なんだ。土俵に上がるだけでもいいんだ、勝てるわけなんかないんだ」と思っていたらあのような結果を生むことは200%できなかったにちがいありません。

もうひとつ思ったことは、希望→懸命→感謝というパターンは一過性のものではなくて希望→懸命→感謝→希望→懸命→感謝・・・という連続性でなりたっているようだということです。

すると一日づつの単発ではなく、一日が二日になり、一週間になり、ひと月になり・・・とだんだん拡大して行けることになります。

また今月は希望を宿し、来月は一生懸命に働き、再来月は感謝をささげる、というようなふうにはなりません。

やはりお日さまが出て、日中天上を照らし、日が落ちてゆく、というこのサイクルに人間の生命リズムの基本があるということでしょう。

実際には、希望をもって目覚められない時、仕事に打ち込めない時、感謝より不安で眠れない時、こういう日も少なくありません。

それでも「麻生さんのサイクル」を念頭に置いてリセットや調整をしながら日々を送ることはいろんな意味でよい影響をもたらすのではないかと思いました。

「働き方改革」などもいたずらにデジタル的な数値の多寡を議論するよりも、こういうどっしりした目標を基幹に据えて職場や個人が対応して行けばよいように思うのですが、いかがでしょうか。


次回の更新は4/13(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/03/30 (9:00 am)
先週横綱稀勢の里が10連勝中で破竹の勢いというときに実に楽しい気持ちでブログを書きました。

きっとこのままあっけらかんと全勝優勝でもしてしまうのだろう、と思っていたらなんと13日目に土俵下に落下して自重で肩を打撲するという大アクシデントに見舞われました。

このとき12日目の木曜日、私は相撲のニュースをチェックする時間がなくすっかり安心しきって乗り物で移動していたのですが13日目金曜日の夜にウェブニュースで「稀勢の里14日目も強行出場」と出ているのをみて驚きました。

14日目の取り組みではあっけなく敗退、というより休場せずに土俵に上がるだけでもたいへんだったに違いありません。

興味深かったのは14日目の夜(土曜日)のニュース番組です。

こと相撲に関してはお通夜のようになってしまいヘッドラインでタイトルは出ているものの報道はなし、もしかしたら悲劇の横綱に配慮して報道規制でも出ているのかと思われるほどでした。

致命的な傷を負いながら無理を押して土俵に上がる、そしてあっさり負けてしまう、というようなことはニュース報道としてもたしかにバリューに乏しいというか、とにかくまったく元気が出ない話ではあります。

そして迎えた15日目千秋楽、この日も観客は出場し続ける稀勢の里の悲壮感漂う雰囲気にとっぷりと浸されアナウンサーもテレビ解説者(元横綱北の富士さん)も始終全く意気消沈した語り口調でした。

優勝がかかっている照ノ富士、彼は彼で手負いの名横綱を相手にさぞかしやりにくいことだったでしょう。

しかしもはや横綱の優勝など確率はほぼゼロ、何とも後味のわるい幕切れだけがイメージされる状況でした。

ところがあろうことか終わってみれば稀勢がビックリ仰天の勝利を収めるや世の中の雰囲気がガラッとかわってしまいました。

そして優勝決定戦での連勝、と、現実は小説よりも奇なることをまざまざと感じさせられた一瞬でした。

これはすごい!!

大阪場所は一瞬にして我を忘れた狂喜乱舞のるつぼに豹変しました。

私自身、一週間前に悠然と十連勝を続ける稀勢の里の様子にもらっていた元気のオーラとは比べ物にならないくらいのオーラシャワーを浴びたように感じました。

大関照ノ富士も満身創痍、こちらの敢闘ぶりにも万雷の惜しみない拍手が贈られました。

いや、実にいいシーンでした。

稀勢の里はずいぶん大きい力士ですが調べてみたら身長は187センチで体重175キロ、対する照ノ富士はさらに大きく192センチ、185キロとのこと。

名勝負の後で笑ってしまったのは両者のBMI値です。

なんと横綱が50.04、大関が50.18だと。

25以上が肥満体型などと言われますが、その倍、こんなBMIは見たことがありません。

もちろんこの人たちの肥満度は通常の指標で計り知れるものではなく、筋肉の塊のような存在ですが、そこに何といってもあきらめない意志の強さ、闘志、といったものがガシッと貫かれているのが目に見えるようでした。

人間の肉体と意志の力が組み合わさったときには奇跡が起こることを目の当たりにしました。

これはものすごい健康の権化だと思いました。

また思い出して元気が湧いてきそうな気がしています、スバラシイ!


次回の更新は4/6(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/03/23 (9:00 am)
今年は何度も寒のもどりがあり、春がいっそう待ち遠しく思われます。

北国の春の到来は、これからまだ5月初旬まで少し間があります。

けれどもなんとか各地でサクラの開花宣言がはじまり「暑さ寒さも彼岸まで」ということばに説得力を感じます。

さてここへきて野球では侍ジャパンの爽やかな大躍進、相撲では新横綱稀勢の里の大人気に同部屋の関脇高安が史上初のアベック十連勝を果たし花を添えていて日本全体に元気が満ちている感じがします。

稀勢の里は先だっての初場所後に大関から横綱に推挙されたわけですが、その時点ではこの昇進、まだ時期尚早ではないかという声もかなりありました。

しかし実際その地位についてみると文字どおり心身ともに大きく安定感がぐっと増したようで、なんだか大阪の格技場全体がこの人の呼吸でゆったり覆われているような、そんな巨大なオーラが眼に見えるようです。

相撲の極意は心技体の充実にありと言われますが、稀勢の里の威容は人間たるものまず「心」の部分がすべてに先立つことを示してくれているように思われます。

彼は場所前の稽古で左目の額の脇に傷を負い10針以上を縫うような処置を受けていますが、そんなものは彼の現在の気力の前ではまったく影響のかけらもないようです。

生体防御といいますか、免疫力は気力の影響も大いに受けるものですが、横綱の身体の充実ぶりはそのあたりも十二分にカバーしているのでしょう。

そういう「気」の充実はきっとそれを観戦している側にも色濃く伝搬してくるにちがいありません。

一方をみれば難しそうな政治的課題が国内外の方々で頻発していますが、ここはひとつスポーツの世界に意識的に首を向けて元気をたくさんもらいながらしっかり仕事、そしてゴールデンウィークに突入!と行きたいものです。


次回の更新は3/30(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/03/16 (9:00 am)
「なごり雪 (名残雪)」を辞書で引きますと、春になってもとけないで残っている雪、春が来てから降る雪、などと出ていました。

春は新生活が始まる次期でもあります。

新生活のはじまりはある人にとってはこれまでのくらしとの別れの時期であるかもしれません。

伊勢正三さんの名曲「なごり雪」はそんなせつない季節のドラマをあざやかに表出させた名曲です。

私はティーンエイジャーのころかぐや姫の『三階建ての詩』というLPアルバムでまだ有名でもなかったこの曲をはじめて聴いたときの強い印象をはっきり憶えています。

一方社会人になってしまいますと、そんなロマンチックな季節の変わり目に心を動かされる節目感も薄くなり、ついこのまえ年末年始のあいさつを交わしたと思ったらもうさくら前線の予報、そしてあっというまにまた一年が過ぎてゆくような気がします。

ところで、そういうメリハリ感が希薄な昨今ではあってもこのシーズンは「三寒四温」「暑さ寒さも彼岸まで」などという古くからの言葉であらわされているようにとかく体調の管理の難しい時期であることは確かです。

花粉のケアもして行かねばなりません。

こんなことばかり書いているとメランコリックになって「春のウツ」を誘導してしまいそうになりますが、春の本領はやっぱり明るさ、たのしさ、美しさ、という前向きなイメージにあるにちがいありません。

いま春が来て君はきれいになった
 
去年よりずっと、きれいになった

・・・名フレーズは何年経っても色あせないものだなあ・・・と思います。

おだいじに、そしてよい春をお迎えください。


次回の更新は3/23(木)です。
カテゴリ : つれづれ : 
2017/03/02 (9:00 am)
作家の佐藤愛子さんは『九十歳。何がめでたい』という本を最近上梓されました。

とても評判がよいそうです。

この佐藤さんにはご自身91歳のとき(2014年)人生の集大成のつもりで書かれた『晩鐘』という小説があります。

この作品を書き終えたあとには特に「毎日しなければならないこと」がなくなってしまったのだそうです。

佐藤さんほどの方であれば経済的にも安定しておられるでしょうし(数十年前に20億円もの借金を背負われたときもあったそうですが、みごとに完済されたとか!)、そこへ集大成も世に出せたとなれば、あとは絵にかいたような悠々自適ではないかと想像します。

ところが実際にそうなってみると朝起きる必要もないのでずっと寝床から立ち上がれないという状況になって元気が出ず、ついには鬱状態のようになってしまったというのです。

まあ、そこに『九十歳。何がめでたい』の企画の話が来てまた復帰に成功、と、これまた素晴らしい逸話です。

私がとても興味深いと思ったのは功成り名を遂げ、集大成の仕事をやってしまったあとでも目標を失ってしまえば人は鬱状態になってしまうというところです。

もしそうだとすれば、人間いつまでも何らかの「まだ達成していない目標」を持ち続けたほうがよろしいということになります。

ですからこの世を去る時にはやり残しの仕事がある、という状態がかえって最高なのかもしれません。

そういえば、作家の三島由紀夫さんのような才気煥発の人でも「書き尽くしてしまった感」を強く持っていたそうで、そのこととあのような壮絶な最期を遂げたこととは関係があると考える説もあります。

凡人とはいえ、90歳からまだほど遠い私などにしてもきっと10も20もひとりよがりな目標を持っていてちょうどよいくらいなのだろうと思います。

もし悩んいることがあれば、それを解決するということも目標のひとつといえそうで、そんならいくつでも数えあげられるな、とちょっとへそ曲がりなことも考えてみたりしたのです。


次回の更新は3/9(木)です。

(1) 2 3 4 ... 14 »

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.