つれづれ 記事一覧

2019/05/09 カテゴリ: つれづれ

今度はいつかな? 10連休・・・

連休は如何お過ごしでしたでしょうか。たとえばお正月の前後に少し個人的な休暇をつなげれば9連休程度にすることはこれまでにもできたわけで、世間がなぜ10連休10連休と騒ぐのか少し不思議に思っていました。ところが今回実際に10日連続で休んでみるとこれ...
続きを読む >
2019/04/25 カテゴリ: つれづれ

ゲンゴウとケンコウ

たまたま平成天皇は私の父親の世代に近く、次代の令和天皇は私とほぼ同年代です。元号は天皇というひとりの人の人生年限と対応しています。生前退位というのは稀な例ですが、「職責全う」が加齢とともに困難になる、という状況は十分理解できるところです...
続きを読む >
2019/04/11 カテゴリ: つれづれ

〇〇にとって代わられる

今から40年前の1979年、日本のGDPは世界第2位、そして個人の所得は何と世界1位だったそうです。『Japan as No.1』という外国の社会学者が書いた本がベストセラーになったりもしていました。そのころの日本は工業原料を仕入れて製品を輸出するいわゆる加工...
続きを読む >
2019/04/04 カテゴリ: つれづれ

90歳の働き方改革!?

「現代は時間との闘い」「タイム・イズ・マネー」などと言われ出してからもう数十年になるでしょうか。べつに時間と戦っているつもりはありませんが、それにしても今年ももう4月。あいも変わらず光陰矢の如し、に唖然としています。たとえば私が高校生だっ...
続きを読む >
2019/01/10 カテゴリ: つれづれ

今年は歩こうか、と

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。新年早々街の中を歩いていてふと、二足歩行というのはたしか言語の使用、火の使用とならんでヒトが他の動物と異なる三大特徴のひとつではなかったかと思い出しました。ヒトのほかに...
続きを読む >
2018/12/27 カテゴリ: つれづれ

レジリエンス(resilience)

レジリエンス、というのはあまり聞きなれない言葉かもしれません。弾力、復元力、回復力などの訳語があるようです。辞書によってはコンピュータ用語と書かれていて「障害許容力、フォールトトレランス(システムが構成要素の誤作動にもかかわらず正しく動...
続きを読む >
2018/12/20 カテゴリ: つれづれ

貫禄とアンチエイジング

先日断捨離を兼ねて実家の棚を整理していたところ昔の卒業アルバムが出てきたので思わずしばらく見入ってしまいました。今回改めてはっとしたのは、自分や級友のあどけない姿ではなく、そこに写っている校長先生や学年主任の先生などが何とも貫禄と威厳に...
続きを読む >
2018/12/13 カテゴリ: つれづれ

せっかく買ったものなのに・・・

椅子とか靴とか、毎日使うものなのに昔から私はあまりそういったものを選ぶのに強い興味を持つ方ではありませんでした。けれども、ここ1−2年ほどはちょっと長く座り仕事をしていると腰や肩などがかなりこわばるような感じになってきましたので、思い切っ...
続きを読む >
2018/10/11 カテゴリ: つれづれ

私たちはまだだいぶ賢くなるのか?

私たちがスマホやテレビ、パソコンなどを使って毎日触れている情報量はたいへん大きなものです。たとえば縄文時代、平安時代の人と比較した場合、その差は10倍や100倍ではすまないと思います。ですが、私たちの身体そのものは(脳も含め)縄文時代人とほと...
続きを読む >
2018/10/04 カテゴリ: つれづれ

発想が「やさしい」ガン治療

今年のノーベル医学生理学賞を京都大学の本庶佑先生が受賞されました。免疫チェックポイント阻害剤という方法論をもとに新しいがん治療に道を開いた功績が讃えられた、何ともうれしいニュースでした。ガン細胞は多くのヒトの体内で一日にとてもたくさん発...
続きを読む >