執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/07/18 (9:00 am)
L-カルニチンと一緒に摂取するとよい栄養素にどういうものがあるでしょう。L-カルニチンは脂肪を燃焼させてエネルギーに変える成分です。生み出されるエネルギー(ATP)はあらゆる生命現象を担...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/07/11 (9:07 am)
食べるものがなくなったら、身体中が一致団結!タコは食べるものがなくなると自分の足を食べてしまう、という話を聞いたことがあります。実際にそういうことがあるのかどうかはともかく、「い...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/07/04 (9:00 am)
沈黙の臓器といわれる肝臓が実は全く沈黙などしておらず、片時もなく働いていて、なおかつ苦労してつくったさまざまなものを自分では使うことなくほかの臓器に進呈するといった独特のけなげさについて前回お話ししました...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/06/27 (9:00 am)
肝臓は「沈黙の臓器」などと言われますが、実際にはとんでもないことで(たしかに音こそしませんが)猛烈な働き者なのです。毒性のある物質が入ってきたらこれを解毒したり、エネルギーを産生したりもしま...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/06/20 (9:00 am)
マーフィーの法則だったか(詳細は忘れましたが)ちょっと皮肉な金言があります。「買ったものは保証期間内には故障しない」というものです。当たり前のことのように思いますが、そのとおりで、...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/06/13 (9:00 am)
生物によって心臓の拍動するペースはさまざまです。ハツカネズミなどはとても速いですし、ゾウやゾウガメなどは非常にゆっくりです。どんな動物でも心臓が20億回打ったところでだいたい寿命が尽...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/06/06 (9:00 am)
私たちのからだは、というよりあらゆる生物は自分の体内に「よそ者」が侵入してくることに対して抵抗する手段をもっています。自分と他者を区別するということは無事に生き物が種を保存してゆくための一大原...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/05/30 (9:00 am)
前回、カルニチンをたくさん含む食材として羊肉のことを書きました。それから今週はアメリカからトランプさんが来日して、新たに即位された天皇皇后両陛下との晩餐会が催されたりしました。こう...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/05/23 (9:00 am)
たとえばビタミンCが多い食品といえばレモン、などという連想がはたらきます。でも実際にはビタミンCは意外にもジャガイモに多いとか、レモンはたくさんたべられないからかえってビタミンCの摂取には向いて...
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2019/05/16 (9:00 am)
カルニチンは成人ひとりあたりおよそ15〜20グラム程度存在しています。しかもその存在場所の大半は「筋肉」です。筋中でカルニチンは脂肪をエネルギーに変えたり、血流を良くして運動の後の筋肉...

(1) 2 3 4 »

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.