執筆者の紹介

王堂 哲
ロンザジャパン社勤務。

L-カルニチンに限らず、すぐれたサプリメントがきめ細かく研究され、正しく用いられながら日本人のQOL向上に役立つことをテーマとして活動している。


下記「お気に入りに追加」ボタンをクリックするとブラウザの「お気に入り」に自動追加されます。(Internet Explorerでのみ有効)


カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2014/08/28 (9:00 am)
昨今はSTAP細胞のことなどで、巷の話題にも学術論文というものに対する関心が高まっています。

あの一件で、一流誌に論文が掲載されるというのは研究者にとってはそれほどにも険しく、重要なことだということが今さらながらよく理解できます。

どんな学術論文にも大なり小なり「新しい発見」が述べられているわけですが、それがより核心に近い発見、発明であればあるほどそれに続く研究に大きな影響が与えられます。

その影響の強さは、その後に書かれた論文に「どれだけ引用されたか」によって評価されます。

ところでL−カルニチンなる物質を発見した、という論文が出たのは1905年です。

調べてみると、この発見はロシアとドイツの研究者によってなされたことがわかるのですが、全く別の国の研究室で同じ年に偶然それが報告されているというのは興味深いことです。

またL−カルニチンの構造が化学的に決定されたのは1927年です。

これについて書かれた論文はドイツの学術雑誌に報告されており、その著者が日本人であるという事実にも私は常々ひそかに感激しています。

それ以降ながらくこの物質がどんなはたらきをしているのかはよくわからなかったのですが、どうやら脂肪燃焼の仕事をしているらしい、という論文は1962年に発表されています。

その事実はやがて生化学の教科書にも常に書かれる事実となり、今日に至っています。

というわけで、L−カルニチンの研究史を語る場合にはこれら1905年、1927年、1962年の論文は特に引用される核心的な存在だといえます。

そういう事実が積み重なって現在日本では「L−カルニチンは脂肪燃焼に関係する」ということをご存知の一般の方が人口の60%以上おられるという状況です(40−50代の女性では80%以上です)。

このように専門家のみならず一般の人にも有名になる事実の発見というのは本当にすごいものだと思います。

ところで2011年以降「L−カルニチンは糖の燃焼にも役立っている」ということを証明した論文が相次いで発表されています。

私たちの生命活動のもとになる二大エネルギー源は糖と脂肪ですが、この両者のどちらを使うのがよいのか?ということを状況に応じて判断し、選択しているのがL−カルニチンのもうひとつの役割であるらしい、そういうことがわかってきているのです。

お金でいえば糖質は手軽に使いやすい現金、脂肪は引きだすのに少し手間のかかる定期預金にもたとえられます。

コンビニでおにぎりを買うのにまさか定期預金を引き出す人はいないでしょうが身体の中で「それに似たこと」が行われる場合が実際にはあり得るのです。

たとえば「糖尿病」というのはそういう状態にあります。

そういう疾病の予備軍が日本だけで2000万人もいると聞けば、ちょっと心穏やかではいられません。


次回の更新は9/4(木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2013/10/03 (9:00 am)
いやになるくらい時のたつのがはやく感じられます。

10月になって、それも3日目になりました。

美しい四季の移り変わりを感じられるのは日本にすんでいることの楽しみのひとつだと思います。

けれどもこのごろは「四季」というより「二季」と呼びたくなるくらい。

ついこの前の猛暑はウソのように東京では涼しさをとおり越して一気に寒くなってきました。

一方、これからはウォーキングにランニングにと戸外に出て身体を動かすチャンスも増えてきます。

ここからは積極的に身体によい刺激を与えて行ける、いわば健康のための「攻め」のシーズンと言えそうです。

一年のうちこういう快適な時期はとても貴重なものに思えます。

外に出たくてもなかなかそうは行かなかった猛暑の日々は逆に「まもり」のシーズンでしたが、満足に「まもり」を全うするためには春や秋に十分「攻めの健康」を蓄積しておくことこそ肝要ではないでしょうか。

私もさきごろ久しぶりにジムトレを再開しました。

やはり筋肉は夏の運動不足のせいで相当ナマッてしまっているのがわかりました。

これが生物学的年齢の宿命ではあります。

けれども全身をあれこれ動かして爽快な汗をかくことで本当に心身ともにすっきりします。

その感覚は何ものにも代えがたいもので、これをしばらく繰り返すことであせらずにまもりから攻めに転じてゆきたいものだと思います。

窓から透き通るような秋晴れが見えます。

すてきな一日を!


次回の更新は10/10(木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2013/04/18 (12:00 pm)
やはり規則正しく生活することが健康の極意であるらしいということを前回考えてみたところですが、実は私は今月の初めあたりからちょっとした偶然が重なって最も肝心な睡眠のリズムを崩してしまうことになりました。











過密気味の予定のところへ突発の締め切りごとが重なってしまって「仕事の玉突き状態」が発生、毎夜就寝が遅くなりおまけに一度は手のかかる資料作りをするために徹夜でパソコンに向かうハメになりました。

そのうちひどい肩こりが慢性化し、集中力も低下してきます。

低下した仕事の効率がさらに新たな停滞を生み・・・と、絵にかいたような悪循環にはいって行きました。

そして最後には外出先で時ならぬ冷風に長時間あおられたりして発熱、ダウンと相成ったのです。

この状態、実感的には正しく触れていた「ふりこ」の周期が乱れ始め、ついには振れ幅が異常に大きくなって糸が振り切れ、おもりが飛んで行ってしまったような感じです。

幸い約2週間で一区切りとなりましたので50時間ほど(!?)ほとんど寝たきりの休養をすることで元に戻りましたが、自分の身体に備わっている「復元力の幅」を改めて実感した体験でした(この「50時間寝たきり」でも驚くことがありました。この話はまた後日に)。

若かったころは、(などと言いたくないのですが)たまにバランスやリズムが大きな変調を来した時があっても、「生命力のしなやかさ」が振れ幅を抑えてくれていたのでしょう。

現在の私ではその限界が半月連続の過密作業(精神的ストレスも含む)だったということのようです。

もちろん先の震災のような状況になると私のケースなど比較にならないほどの心身の疲労状態があったはずで、お年寄りもたくさんおられたことを考えるとまさにケタ違いの過酷な状況だったと察せられます。

残念ながらそういう疲労の中で亡くなられた方も多かったわけですが、それでも今も元気で頑張っておられる方が大勢あります。

人間の身体の限界にはふだん想像もできないような何層もの「耐えられる段階」があって、命はそういうふうに大切に守られているんだなあと思いました。


次回の更新は4/25(木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2012/12/06 (9:30 am)
早いものでもう12月、街角のあちこちでクリスマスムードがあふれてきました。

ただでさえ慌ただしい年の瀬ですが今年は総選挙もあり、いつもよりもいっそうあっという間の師走になりそうです。












ドッグイヤー(Dog year)という言葉があります。

犬にとっての1年は人間にとっての7−8年に相当するということを意味しますが、昨今まさにその言葉の通りに時の移り行きが早く感じます。

これは現代人にとって共通する特徴といえるかもしれません。

そういえばここ10年15年、私自身の感覚としても毎年毎年がほんとうに早く過ぎてゆくことに改めて驚きます。

政治の舞台も登場人物が覚えきれませんし、欧州経済の変調、領土や暴動事件、オスオプレー問題などのかなたに大震災が思い返されるような今日この頃です。

こういうめまぐるしい世界の変化もさることながら、私たちの昨今の時間感覚は私たちの生活そのものの中に流れる情報の圧倒的なスピードや量と無関係ではないと思います。

固定電話かせいぜいFAXしかなかった時代を私たちは知っていますが、今では一日数時間も仕事でメールに対応している人はざらですし、外出していてもあるいは寝床でにいてさえ(!)スマートフォンやタブレットを通じて流れてくるSNSに追いまくられて落ち着きません。

飛び交う情報は神経への刺激となりますが、あまりにそれが多くなるとマヒしてしまい、ついにはきのうと今日、今日と明日をわけへだてるような「大事件」は起こっていないのと同じという錯覚に陥ります。

そんなあくせくした世の中にありながら、私たちの生身の身体は基本的に古代人と同じ生命現象を続けています。

年の瀬が近くなり、ちょっとこのあたりで時間の感覚についてゆっくり考えてみることも無駄ではないのではないでしょうか。


次回の更新は12/13(木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2012/11/08 (1:00 pm)
私は小さな水槽に熱帯魚を飼っています。

カーディナルテトラという体長2センチ内外の淡水魚で、身体には光の反射を受けてきらきら輝く青と赤のすてきなツートーンストライプをもっています。










およそ20匹くらいが泳いでいますが、エサとしては乾燥したカツオブシのような感じのフレーク状になった熱帯魚専用のものを与えています。

エサを入れるときには手のひらの上でフレークを2ミリ四方くらいの大きさになるように細かくしてからパラパラと水面に振りかけるように落として行きます。

水面に向かっては、水流ポンプから小さな滝のように水が落ちるしくみになっていますので、その「滝」の力でエサの小片が水中に雪のように舞い落ちてゆきます。

最初に2−3匹が気付くと、まもなく我も我もと集団のすべてが大わらわになって降ってくるごちそうを追っかけ始めます。

エサは雪のように舞い落ちると書きましたが、一つ一つの断片は実際にはけっこう速い速度で不規則に移動しています。

これを目にもとまらぬ速さで遊撃し、魚たちは片端から食べつくして行くのです。

20匹ほどの小魚が総力を挙げてくらいついてゆくことで、水深30センチほどの水槽の底まで捕獲されずにたどり着けるエサはほとんどないほどになります。

ここにも類まれなる動体視力が働いているはずです。
面白いことに、美しい小魚たちはもっぱら素早く移動するエサにしか興味がないらしく、たまさかフワーっと漂っているようなエサはほとんど無視しています。

これは恐らく自然界において「素早く動きまわる対象」だけを獲物と認識するような視力が発達しているからだと思われます。

これに似たことはハエなどの昆虫にもあるそうで、慣れない手つきでハエを叩こうとしても彼らの目にはそれがスローモーションのように映じて楽々と逃げてしまいます。

けれども超スローモーションで近づいてくる相手に対してはその動きが察知できないのです。

カメレオンが一見蝋人形のような態勢を保っているようでありながら、射程におさめた獲物に向かってあの長い舌を繰り出す速度はめっぽう速い、この事情は昆虫の視覚能力に対応しながら非常に上手に動作を使い分けているということだと思われます。

のっそりしたコマ送りのような動きのカメレオンはハエには認識できないので、結局至近距離に追い込まれてつかまってしまうというわけです。

そういえばヒトにとっても時計の針などは止まっているように見えます。

生き物によってはその緩慢な動きを緩慢と思わずに感じ取れるものもいるのかもしれません。

ひょっとしたら植物にはそのようなセンスがある可能性もあるでしょう。


次回の更新は11/15(木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2012/09/20 (4:00 pm)
刺激をフィードするかしないかで身体は発達もするし退化もするということについて前回書きました。

私は昔ピアノを弾いていたことがあります。

今でも少しは弾きますが頻度という点ではまったく少なくなりました。











刺戟のフィードの話を書いたこともあって、自分の脳への刺激を意識しながら先日久しぶりに鍵盤に向かってみました。

たとえば私が10代だったころに弾いていた曲をまだその通りに弾けるとしたら、その情報を記憶している脳の神経回路はまったく退化していないといえるはずでした。

それで昔それなりに速く弾けたものを譜面を見ずにやってみました。

結果は案の定さっぱりで、さびついた機械のように途中で止まったりつっかかたり間違ったりの連続。まるで廃墟の建物の中へ分け入ったような感じがしました。

けれども粘ってゆっくりと何度も繰り返していると、やがてせき止められていた水が流れるように少しづつスムースになってゆくのがわかりました。

よく体で覚える、とか指で覚えるなどと言いますが、実際には脳が覚えていることに違いありません。

指を動かしながら脳の神経細胞がつながりだして、昔の回路が復活するような様子が目に見えるような感じがしたおもしろい体験でした。

神経細胞、特に脳の細胞は目でみることはできませんが、こんなふうにたとえば指を動かしてみたりすることでその働きを体感することはできるように思いました。

逆に言えば、ねばり強く呼び覚ませばまだ起き上がってくれる細胞があるわけですので、こういうところにどんどん刺激をフィードしていかなくては退化は進むばかりではないかとも思い、しだいに頭や身体を働かせることに怠惰になってゆく自分に対し改めて危機感を覚える体験となりました。

今回は私の私的な体験を書きましたが、べつにそれが楽器である必要はないわけで、運動でも語学でも「昔とった杵柄(きねづか)」を試みて自分だけの神経復活に挑戦してごらんになってはいかがでしょうか。


次回の更新は9/27(木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2012/09/06 (11:00 am)
消化に良いたべものは消化の悪いものよりもよい、というのは常識の一種です。

私たちの身の回りにあるもので消化の良いたべものって何でしょう。












おかゆ、半熟たまご、雑炊などなどが思い浮かびます。
少し範囲を広げれば病気の人や療養高齢者の方のための流動食というものもあります。

こういう食物は身体が弱っているときや食欲がないとき、嚥下(のみこみ)が難しい人などにとってはとても重要な食物といえます。

血管を介して点滴的に栄養剤を供給する場合などはもっと重症の場合ですが、やむをえずとはいえ、これを続けていると小腸をはじめとする消化管の壁が退化してしまってやがて消化吸収という仕事をこなすことが難しくなってしまうということです。

それで、病や高齢で口から食物を摂れなくなった人にも消化吸収の機能を維持するためにしばしばお腹に直接チューブを通して胃ろうという仕掛けが作られたりします。

一方筋肉や脳あるいは骨なども使わなければ衰えてくることはよく知られています。

以上のようなことから推測すれば、私たちが日常お世話になっている消化管という臓器もまた「使わなければ衰えてくる臓器」だということに気付きます。

消化管にもトレーニングが必要だ、というわけです。

消化管にとってのトレーニングなんて聞いたこともありませんが、考えてみればそれはたとえばわざと消化の悪いものを食べるとか、わざと咀嚼の回数を減らして食べるとか、暴飲暴食を敢えてやってみるとか、そういうことになるだろうと思います。

「健康ブログ」なのにこんなことをいうと顰蹙(ひんしゅく)を買いそうです。

けれども消化管の一種としての歯による咀嚼、唾液の分泌から始まって胃腸のぜん動運動、消化酵素の分泌、レセプターからの栄養素の吸収、不要物と必要物の分別能力・・・こういったものはやはり「むずかしい処理対象」にある程度さらされる中で遺伝子が活性化され消化管の筋肉が鍛えられ、結局生命力が活性化されるという性質があるのではないかと思われます。

夏ばての後の食欲の秋までもうすぐというところですが、時にはダイエットのことも忘れてその食欲に促されるまま楽しく存分に食べたり飲んだりする機会をもってみるというのも悪くないのではないでしょうか。

案外大事にし過ぎるばかりが健康法でもないかも知れませんよ。


次回の更新は9/13 (木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2012/08/23 (11:00 am)
L−カルニチンは英語でL-carnitineと書きますが、このcarni-というのはラテン語で「肉」を意味することばです。

L−カルニチンは今から100年以上前に肉の中に発見されたのでこの名があります。








外国を旅行していてレストランに入ると、「肉料理」のところに「carne」と書いてあるのに出会うかもしれません。

このcarni-という語源をもつ言葉には、carnivore (肉食動物)、carnival(謝肉祭)などがあります(ちなみに草食動物はherbivore。ハーブを食べる(voracious)ので )。

意外なところでカーネーション(carnation)という花がありますがこのなまえも「肉の色をした」という意味に関係があるという説があります。

羊や牛は草を食べる動物ですが、こういう動物の肝臓がL−カルニチンをどんどん作り出していますのでラム肉や牛肉にはL−カルニチンが豊富に含まれています。

草食動物は一日中草を食べ、なくなれば大移動などしてまた新たな草原を求めてゆきます。

この大移動のためのスタミナは主に脂肪のエネルギーからもたらされます。

L−カルニチンは脂肪をエネルギーに変えてゆくために必須の成分なのです。



次回の更新は8/30 (木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2012/08/02 (3:00 pm)
学生時代の恩師(M先生)が米寿を迎えられたので、先日お祝いの会に行ってきました。

M先生はいまやサプリメントや化粧品で非常にポピュラーになっているアスタキサンチンの生理機能を1980年代に最初に発見された方です。

米寿といえば88歳ですから、かなりな高齢なのですが、頭脳明晰にして今も農作業を続けながら元気に過ごしておられます。








健康法の話にもなりました。中でも印象に残ったことを書き留めておきます。

先生はインドのアーユルヴェーダに伝承されている方法として「10分以上煮沸した水(水道水)を1日に700 ml飲む」ということを継続しているということです。

その結果、35℃台だった体温が1度ほど上がり、その結果免疫力が強まったのか風邪なども全くひかなくなったということです。

ものはためしと、私もさっそくやってみました。

少なくとも、10分以上煮沸したお湯をさますと非常にまろやかな感じがすることに驚きました。

ちょうど上質のウイスキーを口に含むときに唇などへの刺激が少なくて優しい感じがしますがそれにとても似ています。

昨今この猛暑のことでもありますから、単純な意味の水分補給もかねて是非みなさんにも試してご覧になることをお勧めしたいと思います。


次回の更新は8/9 (木)です。
カテゴリ : L-カルニチンについて : 
2012/06/14 (4:40 pm)
脂肪燃焼を促進するためにはエネルギーの需要が生じることが必要ですが、この需要を生み出す方法にはいくつかあります。

ひとつは身体が成長することです。

食べ盛りの成長期にある中学生高校生はいくらでも食べられる、それでいて太らないというある意味では幸せな時期です。

これは身長や体重が増えるという劇的な生命現象に対する対応です。

このエネルギー需要は莫大なものですが、成人して成長が止まってしまうともうおしまいです。 

ということで成人してからの脂肪燃焼促進策は、運動と空腹ということになります。

運動については方々で語られているとおりで、コンスタントな有酸素運動(ただオフィスで仕事をしているだけでもかなりの有酸素運動になります)が脂肪燃焼には好適です。

もうひとつの空腹ですが、たしかに消化管が空っぽの状態になれば血糖値も下がって食欲中枢が刺激されます。

それでも食糧が入ってこない場合には自前の身体を取り崩しながらエネルギーの供給がはかられます。

こういう状態が続くと空腹というよりはむしろ飢餓に近くなってきます。

そうなれば身体は最大限ことをやって脂肪燃焼を促進しようとします。

その結果出てくるのが中性脂肪からリパーゼによって切り離されてくる遊離脂肪酸ですが、この遊離脂肪酸は(最近何度かこのブログでもお話ししてきているように)、それ自体膜を傷つける非常に危険な分子(ぬき身の刀)のようなものです。

L−カルニチンはそれに対する鞘(さや)のような役割をしますので、その意味でこの成分を常々十分量補給していることは重要といえます。

ですが本当を言えば飢餓になるまでの空腹状態をつくることそのものが危険なことと知らねばなりません。

というわけで、「脂肪燃焼には空腹が必要」というキャッチフレーズはあまりお勧めできません。

むしろ「満腹をさけて脂肪を燃焼させましょう」というあたりが結局実践的なダイエット法だということになります。


次回の更新は6/21 (木)です。

(1) 2 3 »

毎週木曜日更新!健康に関するクイズ!
企業・研究者様向け“L-カルニチン”総合案内
本サイト運営企業。L-カルニチンの世界最大手メーカー
L-カルニチンサイト(英文)
id: 
pass:   
 
Copyright © 2005-2013 LONZA Japan.All Rights Reserved.